寝かしつけは鬼頼み!?「おにから電話」で早寝にトライ!

子どもの体力は無尽蔵。昼間はお友だちと走り回って遊んでいるはずなのに、家でも常に見えない何かと闘っているはずなのに夜が更けても目がパッチリ!? うちの子、寝ません。寝てくれません。寝る間際まで闘いごっこをしても、疲れ果てるのは親だけです。

 

そんな体力無尽蔵キッズたちに困り果てているママ・パパへ、子育てサポートアプリ「おにから電話」をご紹介します。

寝かしつけは鬼頼み!?「おにから電話」で早寝にトライ!

「もしもしあかおにです。」

「おにから電話」は名前のとおり、“おに”から電話がかかってきたように演出できるアプリです。

 

電話をかけてくれるキャラクターは“おに”以外にもバリエーション豊かですが、うちの子が怖がるのはダントツで“おに”。スタンダードにあかおにが1番効きます。

寝かしつけは鬼頼み!?「おにから電話」で早寝にトライ!

着信画面はこんな感じ。おにはテレビ電話でかけてきます。電話番号が「オニオニ」とは、芸が細かいです。

“おに”からの電話に出ると…

応答すると“おに”がしゃべり出します。最初は保護者あてに話しかけてきますので、まずはママ・パパが電話に出ましょう。

 

「もしもし、あかおにです。」と、とっても丁寧にご挨拶してくれます。ここでいきなり「ゴラァッ、こちとらあかおにだぜ! おい、ちょっと顔かせよ!」なんて話し始められたら教育に悪いですからね。さすが「子育てアプリ」と銘打つだけあって安心して使えます。

 

(間) えっ、また言うことを聞かないんですか!?」

 

このあかおにさん、とっても親身なんです。ちゃんと保護者が話す(間)をおいて会話を進行してくれます。「今日はどうしたんですか?」とご用件まで伺ってくれますので、タイミングを合わせて「うちのくんが寝ないんです。」と告げ口しましょう。

恐怖!! ヒートアップすると振り向くあかおに!!

話し始めは穏やかに会話をしてくれているあかおにさんですが、こちらが事情を伝えると空気が変わります。「チッ 困りましたねえ」という舌打ちまじりの反応をきっかけに

 

「どうしましょうか?」「今から行きましょうか?」「えっと、おうち、どこでしたっけ?」と、たたみかけるようにじわじわ詰め寄ってきます。

 

「来てください」とお願いする間もなく、もう来る気満々です。

寝かしつけは鬼頼み!?「おにから電話」で早寝にトライ!

ここで少し振り返るあかおにさん。「うちの子を叱ってください」とお願いしてもいないのに、イロイロ把握してくれてます。

あかおにさんの本領発揮!!

そしてついに子どもが震え上がるひとことが

 

電話、変わってもらってもいいですか?」

 

うちの子はここまでくるとしゃくり上げて泣きます。「やめてえええええ!!!!電話切ってえええええ!!!!うげいgづえpだおsd;あp@pd@fdj」とご乱心になります。

 

それでも平気な顔してお布団に入らないお子さまには、電話を変わりましょう。

 

「コラーーーーっ!食べちゃうぞーーーー!!!」

ここでおにさん大爆発。食べちゃうぞ、きました!

寝かしつけは鬼頼み!?「おにから電話」で早寝にトライ!

あかおにさん、めっちゃ怒ってます! 歯並びが美しい!

1度やると着信音だけで布団に入るように

「最初はだまされてくれるだろうけど、何度もしていたら自動音声だってバレちゃうんじゃないの?」と心配になったアナタ。だまされたと思って1度試してみてください。

 

うちの子は2歳頃に「おにから電話」デビューをしたのですが、あかおにからの電話を最後まで再生したのは最初の1度、たった1回きり。それ以降は着信画面を見せるだけで青ざめて怖がります。

 

もう4歳になるのでそろそろ気づいてもいい頃ですが、未だに本物の鬼だと信じているのは、恐怖心が強過ぎて冷静な判断ができなくなっているからでしょう。

シチュエーションやキャラクターもさまざま

「おにから電話」はあかおにさん以外にも、シチュエーションに合わせたキャラクターが常時複数人います。「悪いことをしたとき」「言うことを聞かないとき」のほかに、「お片づけをしないとき」「嘘をついたとき」など細かな設定も! これからのシーズンには「サンタさんから」という、子ども心をつきまくった設定もありますよ。

寝かしつけは鬼頼み!?「おにから電話」で早寝にトライ!

サンタクロースの電話番号はクリスマスの日付ですよ!

サンタさんは頭ごなしに叱ったりせずに、「プレゼント」を餌に優しく諭してくれます。

 

他にも「歯磨きをしないとどんな恐ろしいことになるか語ってくるゆうくん」や、「何者か分からないけれどスズメ蜂を呼び寄せる佐々木さん」など、おとなも楽しめるキャラクターが目白押し!

 

うちの子は着信音だけで大混乱してしまうので、キャラクターとの会話にまでたどり着けませんが、親側が「今夜はどのキャラでおびえさせよう」なんてワクワクしちゃうのもこのアプリの魅力かもしれません♪

 

> おにから電話 公式サイト