私の一時保育失敗談と初めての一時保育前にしたいこと

一時保育は短時間〜1日という短い期間で保育園、保育所などにこどもを預けることができる制度です。保育園に入れなかったり、普段自宅で子どもを見ているかたにとって非常に便利なシステム。

一時保育の利用は、最初は誰でも不安でいっぱいです。「泣きっぱなしじゃないだろうか?」「私がムリをすれば使わなくてもいい話だから」なんて、利用に対して尻込みするママも多いでしょう。今回は私の一時保育失敗談と、先日園で聞いた一時保育利用前にすると良いことをお話しします。

私の一時保育失敗談と初めての一時保育前にしたいこと

一時保育を利用すべき2つの理由

私は、一時保育はもっと気軽に利用されるべきだと思っています。

 

以前Eテレの「すくすく子育て」で、「子どもを見ながらママがストレス発散するのは無理です。ストレスの原因が子どもですから、預ける勇気を持ってください」と専門家の方がハッキリ仰っていました。イライラして子どもに接するくらいなら、まずはママの心身の余裕を取り戻すべく、1時間からの利用をお勧めします。

 

また急に「預けなければいけない状況」になるときも。筆者は産後に親知らずが発見され、タチの悪いもので治療にも時間がかかり、場合によっては入院が必要ということもありました。

 

育児中はママ側も睡眠不足や疲れで体が弱りやすく、急な通院や入院は意外とあります。特に近くに頼れる人のいないママこそ、積極的に利用してみましょう。

初めての一時保育利用の失敗談

5歳と1歳の兄弟を持つ筆者は、長男が2歳になってすぐの頃初めて一時保育を利用しました。当時は転勤族で実家も遠く、在宅仕事をしていましたが子どもを見ながらでは手一杯の状態になり、一時保育の利用を考えました。

 

2歳というと、子どもも他の子に興味を持ち出す時期。長男も児童館へ行けば他の子と遊びたそうで、タイミング的にも大丈夫だと思ったのです。

 

近くの保育園を調べ、ちょうど会議のある日に預かってもらうことにしました。初めての利用で会議と仕事も兼ね、4時間預けることに。大人しい性格の長男でしたが、「たぶん大丈夫だろう」と思ったのです。

 

4時間後保育園に迎えに行くと、長男は大泣きでした。なんと4時間ずっと泣き続け、私が歩いた場所(職員室と保育室)を往復して探し続けていたそう。そのときの保育士さんいわく「初めての場合は1時間から、徐々に慣らしていくと良いですね」とのことでした。

一時保育の利用前にしたいこと

そろそろ次男が一時保育利用という時期になり、先日再度一時保育について認定こども園で話を聞いてきました。

 

筆者の行った園の場合ですが、その園は月に一度、親子で遊べるイベントを開催しています。また毎日5組まで、1時間半程度子ども園で遊べる支援も行っているよう。

 

園長先生曰く、「園でママと一緒に遊ぶ機会を増やすことで、『ここは楽しい場所だ』と子どもに覚えてもらいます。預ける際は誰でも最初は泣きますが、見慣れた場所でありママと遊んだ記憶もあると、最初に泣く期間も減るんですね」と仰っていました。

 

園によっては、このような独自の子育て支援を行っています。まずは近くの一時保育をしている保育園か認定こども園を調べ、子育て支援の方に親子で参加しましょう。「場所と人に慣れること」で子どもも泣く時間が減らせます。ママも預ける先生の人柄がわかると安心ですよね。

 

また預ける際は1時間を数回、それから2時間、3時間、半日、1日…と徐々に増やしていくのがベスト。そのためにも何もないときに預けておくと、預けた後のフォローもママが心の余裕を持ってできます。ママが通院で急に預けるとなると、病気のママ側にも余裕がないですからね。

 

これから利用を考えている人は、まずは子どもを場所と人に慣れさせることを意識してみてください。