嫌なときにイヤって言えない…ストレートに感情を出せない子に親ができること

嬉しいときにはキャーキャー喜んで、嫌なことがあればキーキー怒って、泣きたいときにはギャンギャン泣く-それが子どもというものだと思っていました。そんな子ばかりではないと知ったのは、5歳の長男を育ててみてです。

嫌なときにイヤって言えない…ストレートに感情を出せない子に親ができること

感情をストレートに出せない長男

嬉しいときにははにかんで、嫌なことがあれば黙り込み、泣きたいときでも平気なふりをしガマンする。感情をストレートに出せない我が子に、最初は戸惑いを感じました。

 

戸惑ったのは、筆者自身長男とは真逆の性格というのもあります。筆者は感情をストレートに表現するほう。最初のうちは長男の感情表現に、疑問しかありませんでした。「なぜ素直に泣けないの?」「何でイヤって言えないの?」と苛立ちを感じたことさえあります。

 

感情を出せないからといって、本人が何も感じていないわけではないのです。むしろ感受性豊かで、とても繊細で、傷付きやすいタイプ。けれども表現しないので、園の先生や身内にさえ勘違いされることも多々ありました。

 

次男は真逆の性格で、どんな感情も思いきり出します。赤ちゃんの頃からの様子を見ていても、長男の性格は生まれつき。親が変えることはできないでしょう。ただこのままでは、本人も生きづらい。だからこそ親としてできることを、ピックアップしてみました。

 

感情を出せないことを受け止める

恥ずかしい話ですが、「何で泣けないの!?」と言ったときもあります。でもよく考えれば、それは「何で泣くの!?」というのと同じこと。子どもだって、泣けるのなら泣いているし、何で泣けないのかは本人にも分からないのですよね。感情を出せないことを責めたり、問い詰めたりするほど、子どもにとって酷なことはありません。

 

まずは「泣なかったんだね。耐えて頑張ったんだね」と、感情を出さずに耐えたことを受け止めるようにしました。ありのままの自分を受け止めてあげれば、子どももホッとするでしょう。我慢していた気持ちも和らぎ、本心も表にあらわれやすくなるのです。

 

気持ちを聞いて共感する

感情を出せない子は、どうやってストレスを発散するのでしょうか。長男と似た性格の筆者の妹に聞いたところ、「人に話すことで癒される」とのこと。人に話し、共感してもらうことで感情が癒えるというのです。

 

子どもの場合、まだうまく自分の感情を言葉にできません。最初は気持ちを代弁してあげることが必要。押し付けになってはいけないので、「悲しいのかな?」などと問いかけます。子どもの本心が出てきたら耳を傾けながら共感し、時には抱きしめるなどスキンシップも心がけています。

 

感情を出す喜びを知ってもらう

とはいえ、親はいつまでも子どもを守れるわけではありません。友達や先生との関わりのなかで傷付くこと、理解されにくいことも多いでしょう。子どもが感情を口にしたときは親もいつも以上に喜び、「感情を口にする成功体験」を味わってもらう必要もあると思います。

 

いつでも完璧に対応できるわけではないですが、「子どもの1番の理解者でい続けること」だけは忘れないようにしようと思います。「ママやパパだけは自分の気持ちをわかってくれる」と思えれば、また他人との関わりにも頑張って向き合えるでしょう。