スマートスピーカーで夫婦の家事分担を解決!

夫婦アイテムレビュー

最近、AmazonやGoogle、LINEなど各社から発売され、大きな注目を浴びているスマートスピーカー。このスマートスピーカーが、夫婦の家事分担とコミュニケーションに役立つことをご存知ですか?

 

1. スマートスピーカーって?

スマートスピーカーというのは人工知能が搭載されたスピーカーのことで、AIスピーカーともいわれています。

「クラシックを流して」と言うとその通り音楽を流してくれたり、インターネットにつながっているので、「天気」や「ニュース」などを聞くとすぐに答えてくれます。

家電などと連携させると、声だけでさまざまな操作が可能になるという、非常に便利な機能が搭載されているものもあります。また、AIと会話を楽しむこともできますよ。

それでは、スマートスピーカーを各社ごとに紹介します。

> Amazon Amazon Echo

スマートスピーカーの先駆けともいわれている商品。他にも「Echo Dot」、「Echo Plus」がありますが、今回ご紹介するのは「Echo」で、価格は11,980円。搭載されているAIシステムは「Alexa(アレクサ)」です。主な特徴は以下のとおり。

他社のアプリ(スキル)が265展開中

好みのスキルを有効にすることで、アレクサにさまざまな命令をすることができます。豊富なスキル数なので、普段使いなれているアプリや家電に対応している可能性が高く、生活がより便利になりそうですね。なおスキルは日々増えていく予定だそうです。

Amazonのサービスが利用できる

Amazonプライム会員の場合「Prime Music」が利用でき、100万以上の楽曲を楽しむことができます。さらに「Music Unlimited」では月額380円(Echoプラン)という安さで、4,000万以上の楽曲が楽しめます。他にもAmazonでのショッピング等ができます。

> Google Google Home

Googleのスマートスピーカー。他にも「Google Home Mini」、「Google Home Max」がありますが、今回ご紹介するのは「Google Home」で価格は15,120円。「Google アシスタント」を搭載しており、「OK、Google」で話しかけることができます。主な特徴は以下のとおり。

6人までのユーザーを登録できる

ユーザーごとに情報をカスタマイズできます。ユーザーを声で識別して、スケジュールなど個人に合った情報を提供してくれます。また、音声認識精度が非常に高いため、話す言葉をしっかりと聞き取ってくれるのもうれしいポイント。

Googleが提供しているサービスと連携している

検索機能や天気・ニュースなどの、Googleと連携しているサービスが使えるのも大きな強み。さらに、Google製品(androidなど)をお持ちなら、連携しているため便利です。

> LINE Clova WAVE

LINEのスマートスピーカー。AIアシスタント「Clova(クローバー)」を搭載したスマートスピーカーで、価格は14,000円。ほぼ同様の機能で、LINEキャラクターの形をした可愛い見た目の「Clova Friends」もあります。主な特徴は以下のとおり。

声でLINEを操作できる

手が離せないときや、小さなお子さんでもLINEの操作ができます。例えば食事の準備中にラインが届いたら「クローバー、LINEを読んで」と言うと、メッセージを読み上げてくれます。文字が打てない・読めないお子さんが「クローバー、パパにラインして」と言うことでメッセージを送信することも可能。

また、「Clova Friends」ではLINE通話ができます。ハンズフリーなので家事の味方なのはもちろん、小さなお子さんが「ママに電話して」と言うだけでつながるので、家族のコミュニケーションがより身近になりそうですね。

赤外線リモコン対応

赤外線リモコンで操作するテレビや照明と連携できるので、音声で家電を操作することが可能。日本のメーカーの多くが赤外線リモコンを採用しているため、より便利な生活が送れそうです。

 

スマートスピーカーの基本的な機能はどれもほぼ同じようです。ただ商品ごとに特徴があるので、スマートスピーカーをどのように使いたいか、お手持ちの家電・デバイスと連携できるのか、現在使用中のサービスが利用できるのかなどを考えて選ぶと良いかもしれませんね。

 

2. スマートスピーカーを使った家事ハック

スマートスピーカーを実際に使用しているツイートをいくつかご紹介します。

 

3. 我が家のスマートスピーカーの使いかた

我が家では、ショッピングリスト機能をつかって、家のストック品の管理をしています。洗剤やシャンプーなど、無くなったと気付いたほうがスマートスピーカーのショッピングリストに追加。時間があいたときに、AmazonやECなどでまとめて購入しています。いちいち家のストックを確認しなくてよいので、楽です。

また、IFTTTなどをつかって、なるべく家事のスマートな分担をこころがけるようにする予定です。

夫婦の間に「スマートスピーカー」があると、家事の分担などをより綿密に練ることができそうです。また電気を消したり、消耗品のストックを購入しておくなどの「名も無き家事」も、スマートスピーカーに頼むことである程度解消できそうです。

家事や育児で手が離せない状況で、声だけで操作できるのはうれしいですね。特に共働きのかたへの心強い味方となってくれるでしょう。お子さんのいる家庭は、子どもの質問にすぐに答えてくれる先生のような存在にもなり得るかも。

AIは日々進化を遂げているので、私たちも時代に合ったライフスタイルを送るようにすると、日々の負担も解消されていくのかもしれません。

参考:
スマートスピーカーとは
スマートスピーカー(AIスピーカー)選びのポイント
Alexaスキルガイド
AmazonUnlimited

この記事をSNSでシェア