大人の塗り絵に最適! 人気のおすすめランキング

夫婦アイテムレビュー

子どもが塗り絵をしている横で、大人も一緒に塗り絵をしてみませんか?

多くのメディアで紹介され、「リラックスできる」「ストレスが解消する」と話題の大人の塗り絵。今回はその中でも、人気おすすめランキングをご紹介します。

 

人気の大人の塗り絵ランキング

第1位:ひみつの花園 花いっぱいのぬりえブック

> ひみつの花園 花いっぱいのぬりえブック
2013/6/7 ジョハンナ・バスフォード著

大人の塗り絵ブームのきっかけになったと言っても過言でない塗り絵ブック。色が無くなった白黒の花園に、自分で色を塗っていくことで、美しい花園をよみがらえらせることがコンセプトの塗り絵ブックです。

要所要所で塗りかたのヒントがあり、自由に線を書き足したりできるのが、初心者にも上級者にも人気の秘密かもしれません。かなり細かい線画になってくるので、色使いや塗りかたは難しいかもしれませんが、その美しさと塗り終えた後の達成感は大人の塗り絵の醍醐味かもしれないですね。

作者のジョハンナは本著をはじめに、数多くの塗り絵ブックを作成しており、日本で一番人気の塗り絵作家と言って良いでしょう。その繊細な線画は、色を塗ると更に美しくなりますよ。

第2位:自律神経を整えるぬり絵

> 自律神経を整えるぬり絵
2015/10/24 小林弘幸 (著)、 藤田有紀 (イラスト)

大人の塗り絵を趣味として楽しむだけでなく、脳トレや認知症予防にも効果的な塗り絵。自律神経を研究している順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生が考案したもので、自律神経が整うように絵柄の中にたくさんの仕掛けがあるそうです。1日15分塗るだけで、心と体が元気になるのだとか。

和柄が美しいので、塗っていくうちに癒されそう。両親へのプレゼントにもぴったりかもしれません。

第3位:世界一周 ぬり絵の旅 around the world trip かわいい楽しいぬり絵ブック

> 世界一周 ぬり絵の旅 around the world trip かわいい楽しいぬり絵ブック
2015/9/18 柳川 風乃 著

イングランド→北欧→南欧→中東→アジア→太平洋→カナダ→USAというように、塗り絵で世界一周が楽しめます。珍しい黒ベースの図案や、国特有の可愛らしいモチーフが登場するなど、オリジナリティ満載の一冊。

また、塗ったあとのお楽しみも用意されています。塗った作品を飾ってみたり、カードにしてみたり。プレゼントにしても良いかもしれませんね。

第4位: flower mandalas 心を整える、花々のマンダラぬりえ

> flower mandalas 心を整える、花々のマンダラぬりえ
2016/2/6 シンシア・エマリー 著

大人の塗り絵として定番のマンダラ。花や草木などの植物と独特なデザインが組み合わさっているマンダラなので、新しい気持ちで塗ることができそうですね。優雅で繊細な作品が40点あるので、お好みの絵柄から塗っていくのもよいかも。

また塗り絵だけでなく、マンダラの基本的な知識や道具の紹介、塗り絵の見本や塗りかたのテクニックなども記載されています。塗り絵をしながら徐々に技術や知識を身に着けていけるのではないでしょうか。

発色のよい紙を使用しており、裏面には作品を掲載していないそう。裏写りの心配もないので、色鉛筆だけでなく水彩ペンなどさまざまな画材での塗り絵が楽しめますね。

第5位:大人の塗り絵―美しい花編

> 大人の塗り絵―美しい花編
2005/4/1 河出書房新社編集部 (編集)、ピエール・ジョゼフ ルドゥーテ (イラスト)

植物画家として有名な、ピエール・ジョゼフ ルドゥーテ(1759-1840)が書いた名画11点を、自分の好きなように塗ることができる一冊。見本付きなので芸術に触れることもできますし、細かく塗る部分が少ないので、初心者のかたにもおすすめなのではないでしょうか。

また、上級者も色の濃淡や陰影をつけることで本格的な塗り絵が楽しめます。

第6位:大人ディズニー 素敵な塗り絵レッスンブック

大人ディズニー 素敵な塗り絵レッスンブック
2016/7/25 INKO KOTORIYAMA  著

子どもの塗り絵としても定番のディズニーが、大人の塗り絵として登場。ミッキー&フレンズやくまのプーさんなどの人気キャラクターや、白雪姫・シンデレラといったディズニープリンセスなど、オリジナルの図案でディズニーの世界観を楽しめる一冊となっています。

さらに塗り絵だけでなく、キャラクターの塗りかたやテクニックの解説も付いています。夜空の輝きやグラデーションの使いかた、光の演出やぼかし、色の濃淡や影など、ディズニーの世界観の表現方法が丁寧に解説されているので、ディズニーファンにはたまらないでしょう。

第7位:“かわいい”の魔法にかかる 夢色ファンタジー塗り絵 (大人の塗り絵)

> “かわいい”の魔法にかかる 夢色ファンタジー塗り絵 (大人の塗り絵) 
2016/3/12 たけいみき 著

ペガサス・プリンセス・スワン・うさぎ・花・スイーツなど、ゆめかわいいモチーフが盛りだくさん。メルヘンで乙女チックなので、子どものころを思い出すかたも多いのでは。パステルカラーで塗ることで、世界観にマッチした作品になりそうです。

たけいみき先生の色鉛筆の使い方がカラー写真で掲載しているので、真似をしたいかたにもおすすめ。重ね塗りやグラデーションのテクニックも身につきそうです。

第8位:わたしの塗り絵BOOK 森のどうぶつたち

> わたしの塗り絵BOOK 森のどうぶつたち
2015/12/11 しもかわらゆみ 著

「森のどうぶつたち」がテーマの、全体的に優しい雰囲気の塗り絵ブック。花などの植物が繊細なタッチで描かれており、登場するリスやこぐまなどの動物もリアルすぎずキャラクターすぎず、ちょうどよいタッチで描かれているので、独特のほのぼのとした世界観をつくり出しています。

画材は、色鉛筆・クレヨン・サインペン・水彩などお好みで。おすすめ画材や塗りかたのポイントが記載されていたり、ポストカード2枚とメモカード7枚が付録としてついていたりと、塗り絵以外にも楽しめる要素があります。

第9位:物語のある美しい塗り絵 ロマンチック・ジャーニー (大人の塗り絵)

> 物語のある美しい塗り絵 ロマンチック・ジャーニー (大人の塗り絵) 
2015/9/18 INKO KOTORIYAMA 著

「牛のルルが鳥のニーナと一緒に恋を叶えるロマンチックな旅に出る」。そんな絵本仕立ての塗り絵となっています。メルヘンで不思議な世界観と、可愛らしい動物たちのデザインで、塗るのもページをめくるのも楽しくなりそうです。

間違い探しやクイズなどところどころ遊び心があるので、塗り絵の息抜きにもなりそうですね。

第10位:花のコロリアージュ フラワーデザインぬり絵ブック

> 花のコロリアージュ フラワーデザインぬり絵ブック
2015/2/16 ジャニーヌ モリソン 著

海外で大人気のロングセラー商品「Flower Designs Coloring Book」の翻訳版です。人気デザイナーが手がけたフラワーモチーフのコロリアージュなので、お花が好きな人にはぴったり。

非常に精密なデザインですが、塗る面積はそれほど狭くないそうなので、気の赴くままに好きな配色での着色が楽しめそうですね。片面印刷で裏写りの心配もありません。

\保険相談の体験で必ずもらえる特選ギフト!/

この記事をSNSでシェア