自宅で! 主婦でも家事・子育て中に取得できるおすすめの資格

夫婦アイテムレビュー

出産や育児を機に離職して、だいぶ環境も落ち着いた頃、また仕事を探そうと思ったときに感じるのが、中途採用の条件の厳しさではないでしょうか。離職前の条件どころか、正規雇用すらままならないことも。

そんなときに役立つのが、資格です。専門分野で活かせる資格は雇用や安定した収入をサポートしてくれるはず。今回は子育て中に取得できるおすすめの資格を調べてみました。

子育て中だからこそ資格を取得しよう

在宅で働くための資格もある

資格にも色々なジャンルのものがあり、一般的なオフィスワークや店舗など外に働きに行く業種もあれば、在宅でできる仕事のための資格もあります。

子育てや家事負担など自分のライフスタイルにあった働きかたをイメージし、それにあった資格の取得を目指しましょう。

資格取得によって選べる職業の幅が広がれば、家事・育児のために家にいながら働きたい……といった希望も叶えられるはずです。

収入アップが期待できる

就職支援サイト「就活パレット」によると、資格を持っている場合と持っていない場合では収入に差が生じることもあるようです。

職種によって異なるものの、月収にして10,000円〜50,000円、年収にして100,000円〜600,000円程の差が出るとの調査結果がでています。

こういった点からも、資格は安定した収入のサポートになることがわかりますね。

 

本当に仕事に活かせるの?

未経験だけど大丈夫?

「在宅で取れる資格はスキルアップするためのものであって、未経験者が持っていても意味はない」といった意見もあるようです。

確かに新規で全く経験のない資格やスキルの取得は難しい面もあり、活用や仕事の受注に繋げにくい面もあるでしょう。

しかし、Webデザインなどのように、資格と技術がしっかりしていれば経験・未経験関係なく仕事に繋がる資格もあります。しっかりと資格取得後のイメージや計画を持つことが大事なのではないでしょうか。

資格取得後、スムーズに働くために

資格を活かした仕事に就くには、どのような資格を取るか、資格を取ったあとはどうするのか、きちんと考えておくことが大切。

例えば在宅での仕事を選ぶなら、それにあった資格の取得を目指す必要がありますよね。在宅での仕事は、基本的にPCを使ったものになると思います。その中から自分のできそうな、やりがいを感じられるものを選びましょう。

資格の取得を進めるのと同時に、求人情報や採用情報なども調べておくと、資格取得後にスムーズに仕事を始められるのではないでしょうか。

 

資格の勉強はどうすればいい?

自宅で勉強できる資格がおすすめ

資格の取得にあたり現在多くの専門サービスやWebサービスなどがあります。スクールに通うものもありますが、育児中の場合は在宅で行える資格取得サービスがおすすめです。

家事や育児の合間の時間を使いながら資格の取得を目指せます。

自宅での資格の勉強方法

  • 通信講座を受ける
    新聞の折り込みやWebで検索することで情報を得ることができます。主に月額で費用を払い、テキストが送られてきますので、そのカリキュラムに沿って勉強を続けることで資格の取得に繋がる方法です。
  • 本屋で参考書を買って独学する
    自分で書店などで参考書などを購入し、独学で勉強することももちろん可能です。資格取得の経験や受験に慣れているかたなどは、通信制に比べると安価に資格の取得を目指せるでしょう。

忙しい家事や育児の合間に本当にできる?

資格を取得するためには時間が必要。時間の工面となると難しく感じてしまいますが、資格取得者の事例では、子どもの昼寝の時間を有効に活用したという人もいる様子。

勉強の時間を確保する意識を持って、寝る前の1時間など、積極的に時間を作っていきましょう。

資格試験は在宅? 会場?

資格取得に欠かせないことのひとつに受験・テストがあります。これに合格しないことには資格を得ることができません。資格試験にはいくつかのパターンがあります。

  • インターネット受験
  • 郵送で送られてきたテストを答えて返送
  • 会場で試験

それぞれの資格によって異なりますので、どのパターンでの受験になるのかは事前に調べておくことが良いでしょう。年に数回しか行われないこともあるため、こちらも同じように把握しておくと安心です。

 

在宅でも勤務ができる資格

自宅で資格の勉強ができ、勤務先によって異なりますが、在宅でも勤務が可能な場合が多い職種をご紹介します。

行政書士

法律の知識を習得し、企業の総務や法務部、行政書士事務所への就職やそれに関わる仕事を在宅で行うことのできる資格を習得できます。

仕事の内容は法律に関わる業務。主に国などに提出する書類の作成代行や企業内の法律関係のサポートなどを行います。業務独占資格と呼ばれるもので、その資格が無いと仕事に関われないため、需要が高いのも特徴です。

報酬は、参考値ですが1件あたりの対応で30,000円から100,000円と高額です。

社会保険労務士

企業などの人事や総務に所属し労働基準や社会保障など労働者がしっかりと権利を守られているか、保障を受けれれているかなどを管理する仕事です。人事や労務を管理し社会保障制度の活用のサポートを行います。

報酬は、参考値で時給1,000円から2,000円となっています。

TOEIC(翻訳)

TOEICの点数を900点以上取れると、翻訳を仕事として行える場合があります。企業や個人から依頼を受けて書類やメールを翻訳したり通訳的な業務を行います。

報酬は参考値で時給1,000円から2,000円程度です。

 

資格を活かせる仕事

在宅で資格取得を目指し、外に働きに出る形の仕事を紹介いたします。

医療系の資格

  • 医療事務
  • 調剤薬局事務
  • 歯科助手

主にレセプトや受付、業務のサポートなど、直接治療に関わることは無いですが病院や施設の雑務などをこなす仕事です。

介護系の資格

  • 認知症介助士
  • 介護予防健康アドバイザー
  • 准サービス介助士

専門知識を活かし、病院や施設で医師や看護師とともに介助者をサポートする業務です。治療行為ではなく、サポートすることがメインになります。

食事系の資格

  • 薬膳コーディネーター
  • 食育実践プランナー
  • 野菜スペシャリスト

食に関する専門知識を活かし、飲食店や企業でのメニュー、商品提案や施設、保育、医療の分野で活躍できる仕事です。

 

挑戦してみたい資格はありましたか?

いかがでしたか? 高額な報酬を得られるものは勉強もハードになりますが、在宅でも時給にすると一般水準か、それ以上稼ぐことができる仕事も多くあります。

自分のやりがいや適性を考え、かつライフスタイルに合わせた資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。

 

参考 :
就活パレット
マナトピ
ユーキャン 行政書士講座
ユーキャン 社会労務士
リクナビ派遣 社会保険労務士 時給
リクナビ派遣 翻訳時給
ユーキャン お家で受験できる資格

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア