【素材別】毛玉取りのコツ! 毛玉の原因と予防するための日頃のケアとは

夫婦アイテムレビュー

お気に入りのセーターを今年も着ようと思っていたら、毛玉が…! なんてこと、ありませんか?

そんなセーターやカーディガンを着たいときに、毛玉の対処法がよくわからず困ってしまうかたも多いはず。

毛玉のできる原因や毛玉の取りかた、毛玉の発生を防ぐコツをチェックして、お気に入りの衣類と長く付き合いましょう。

毛玉はどうしてできるの?

毛玉は、ほとんどが摩擦でできていると言われています。生地の表面が摩擦などの作用を受け、線維の先端が毛羽となったものが絡み合って毛玉が発生します。

摩擦が生じるのは着用時が一番多いでしょう。脇や袖の内側など、繊維同士や繊維が他の物体と擦りやすい場所に発生する毛玉ですね。

見落としがちですが、バックパックやショルダーバッグなど、カバンと接触する背中や肩、腰部分も毛玉のできやすい部分です。重ね着などの場合は内側も要注意ポイントです。

着用時と同じくらい原因として挙げられるのは、洗濯によっての摩擦。洗濯機で衣類が絡み合うことによって、摩擦が生じ、毛玉の原因となります。

 

毛玉取りの方法

むやみに毛玉を引っ張ると、衣類を傷める原因に。毛玉は、衣類をなるべく傷めないように優しく取ることがポイントです。

毛玉を取る方法としては、家にあるものを使う方法のほか、毛玉取り専用のブラシや、最近は毛玉取り器などもあります。いくつかご紹介しますね。

家にあるもので毛玉を取る

まずは、ブラシや機器を使わずに身近にあるもので毛玉を取る方法から。

例えば片面が硬いスポンジが使えます。硬くなっているほうの面を、衣類の毛玉の部分を優しく撫でるようにして毛玉を取ります。こうしたスポンジは100円ショップなどでも購入でき、経済的にも優しいですね。

紙やすりもスポンジと同じ原理で毛玉取りができます。紙やすりを帯状に切って筒状に丸め、筒部分に手を入れて、毛玉の部分を優しく撫でることで毛玉を取ります。

使い捨てカミソリを使って、撫でるように衣類をすべらすことでも、毛玉が取れます。ただし、力の加減を間違えると衣類を傷つけたり、穴があいてしまうので注意しましょう。毛足の長いものの場合は、はさみを使うという手段もあります。

どの方法にせよ、一度服の端などで試してからの実践をおすすめします。

毛玉取り器を買う

毛玉取り機は、ほとんどが3,000円以内で購入できます。最近ではダイソーなどの100円均一等にも並んでいるんだとか。

乾電池式や充電式、コード式などがありますが、充電式やコード式はパワーがあって人気も高いそうです。使う衣類によって段階調節ができる機能を搭載しているものも多く、テスコムや泉精器製作所などの商品が人気の様子。

製品によって違いはありますが、だいたいは毛玉のある部分を手のひらに乗せ、機器を当て、機器を優しくクルクルと回すだけで毛玉が取れるので、簡単ですよ。

毛玉取り専用のブラシを買う

毛玉取り専用のブラシは、安価なものから高価なものまで幅広く販売されています。最近ではホームセンターなどでも並んでいるのを目にしますね。

中でも「クリーニング屋さんの毛玉取りブラシ」という商品が、お手頃な価格で使い勝手も良いと評判のようです。気になっているかたは、一度試してみてはいかがでしょうか。

毛玉専用のブラシを使う場合は、アイロン台など平らな所に衣類を置き、毛玉をブラシの先に引っ掛けて撫でるように毛玉を取ります。

クリーニング屋に頼む

クリーニング屋さんによっては、オプションで毛玉を取ってくれるサービスがあるところも。

また、毛玉取りだけでなく穴あきやほつれ、気丈詰めなどをメニューとして用意しているクリーニング屋さんもあるようです。

お金はかかりますが、毛玉や直したい衣類があるときは、近くのクリーニング屋さんに問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 

素材別、毛玉取りのコツ

「毛玉」と一言で言っても、素材や洋服の型によって、毛玉ができる場所や毛玉を取るポイントは少しずつ違うんです。素材別に毛玉取りのコツをご紹介します。

ニットの毛玉取り

ニットの場合、ウールとポリエステルなどの混紡糸が使われている衣類だと、毛玉はよりできやすくなります。

毛足が長い場合ははさみを使ってもいいかもしれません。生地を傷めないように、手で抑えて優しく、毛玉取りブラシか機器で取るのが良いでしょう。

セーターの毛玉取り

セーターは、重ね着など着方にバリエーションがある分、毛玉もできやすいです。例えばカシミヤ100%といった素材であれば、毛玉ができても自然と落ちるという特性がありますが、混紡糸の製品も多くあります。

毛玉ができてしまったらニットと同様、優しくブラシや機器を使って毛玉を取るのが良いでしょう。毛足が長い場合は、こまめにはさみなどを使って取っても良いかもしれません。

コートの毛玉取り

コートは上着として利用するため、袖口・背中・肩などに毛玉ができやすいです。普段からできるケアとして、家に帰ってきてコートを脱いだら、繊維の流れに沿ってブラッシングすると良いですよ。

素材にもよりますが、毛玉ができた場合は毛玉専用ブラシや機器で優しく毛玉を取りましょう。とくに背中などは、毛玉ができても気づきにくいです。こまめにチェックしてくださいね。

パーカーの毛玉取り

パーカーなど、綿100%の素材のものは毛玉ができにくいとされています。混紡糸などで作られたパーカーで毛玉ができてしまったら、先ほどご紹介した方法で毛玉を取りましょう。

厚手であれば家にあるものを使っても大丈夫だと思いますが、薄手のものは機器やブラシを使って取ると安心です。袖口などは毛玉が特にできやすいため、まめにチェックしてくださいね。

タイツの毛玉取り

タイツは混紡糸で作られているものが多く、長い時間の使用や洗濯などで毛玉ができやすいです。

はさみやカミソリなどは破けてしまう可能性もあるので、なるべくブラシや機器で取るが良いでしょう。靴によく接触するつま先やかかと、くるぶし部分などは要チェックです。

 

毛玉を作らないための日頃のケア

毛玉を作らないためには、日頃のケアが大切です。例えば連続して着用しない、脱いだあとは毎回、繊維にそって洋服ブラシをかけるといった小さなことを意識するだけでも、毛玉ができる頻度は減るかと思います。

ほか、毛玉予防のためにできることは以下のとおり。

洗濯ネットを必ず使う

洗濯機の中では、他の衣類とからまり摩擦が起こってしまいます。摩擦は毛玉の原因となるため、毛玉を防ぎたい衣類を裏返してネットに入れ、他の衣類との摩擦を防ぎましょう。また、柔軟剤を使用することで、静電気などの予防もできますよ。

サイズを合わせる

サイズの合っていない衣類を着用すると、着用時に余計な摩擦が発生して毛玉ができやすくなりがち。なるべく自分の体型に合ったサイズを着用することで、毛玉を予防することができるでしょう。

クリーニングを利用する

毛玉ができないように気をつけていても、家でのお洗濯で毎回頑張るのは大変です。2回に1回などはプロの手を借りてクリーニングを使うことも、衣類を長く使うためには必要な手段ではないでしょうか。

 

まとめ

お気に入りの衣類を守るためには、着たその日から毛玉の予防に気をつけることが大切。もし、毛玉ができてしまっても雑に扱ったりせず、丁寧に毛玉を取ってくださいね。

より長く、お気に入りの服を着ていられるように、毛玉の予防やお手入れをしていきましょう。

 

参考:
家事の宅配 毛玉はなぜ出来るのか?
東京都クリーニング生活衛生同業組合 毛玉について
リスターキッド 毛玉のお掃除

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア