授乳ストラップがあると何が便利なの? ママを助けるおすすめ商品

夫婦アイテムレビュー

授乳中は赤ちゃんの邪魔にならないように、服を押さえている必要があります。ただ押さえ続けるのはママにとってストレスになることも。そんな授乳をラクにするグッズのひとつが「授乳ストラップ」です。必要性が議論されるアイテムでもありますが、持っていると便利で助かるというママさんも多いです。

そこでこの記事では、授乳ストラップの必要性とメリット、使い方とおすすめの商品をご紹介します。

授乳ストラップは必要? 使用するメリットとは

一般の婦人服を着ているときに授乳をするのは、かなりの大仕事です。「もっとラクに授乳できたらいいのに……」と考えることもあるのではないでしょうか? 授乳口つきの服は便利ではありますが、覆っている生地が邪魔だと感じている人も多いです。

そこで活躍するのが、「授乳ストラップ」です。ネックレスのような見た目ですが、機能性は抜群! 授乳タイムがとてもラクになります。しかし、気になるのは、本当に必要なのかどうかではないでしょうか? ここでは授乳ストラップの必要性とメリットについて見ていきましょう。

授乳ストラップの必要性

授乳ストラップはひとつあると便利なアイテムです。ただ必需品かといわれると、必ず購入しなければならないものでもありません。現役ママさんでも、1度も使用したことがないという人も多くいます。

ないと困るわけではないので、購入するかどうかは自分のライフスタイルと照らし合わせて判断していきましょう。メリットを重視して購入を決めるのもひとつの手です。

授乳のときに服が邪魔にならない

授乳ストラップの一番大きな役割は、授乳しやすい環境を作れることではないでしょうか。授乳をするときは、どうしても服が邪魔になります。自宅なら服を脱いで授乳することができますが、冬場は寒いので最善策とはいえません。

手で服を押さえることが一般的ですが、ずっと押さえていると腕にはかなりの負担がかかります。最悪の場合、授乳すること自体が嫌になってしまうケースも。

授乳ストラップは胸元の開きを簡単にキープできるので、ストレスフリーです。両手が自由に使えるので、疲れを軽減することができます。赤ちゃんに集中できるのも大きなポイントですね。

姿勢がラク

授乳のときに大変なのが、姿勢です。背筋を伸ばしながら両腕で赤ちゃんを支えて抱っこする。これだけでもかなりの重労働です。

とくに初めての赤ちゃんの場合は、勝手がわからず身体全体に疲労がたまることもあります。さらに服を押さえながらの授乳は、ストレスが蓄積する原因に。

そこで「授乳ストラップ」が役に立ちます。服を押さえる負担が減るので、赤ちゃんを抱きかかえることが容易になります。無理な姿勢になることも防げるので、「身体中が痛い」という悩みも減らすことができるでしょう。

胸元がオシャレになる

子育て中のママは毎日が大忙し! 自分のためにオシャレをする時間もなかなか取ることができません。ラクちんなワンピースや、シンプルなTシャツ姿で外出することも多いのではないでしょうか?

そこで活躍するのが「授乳ストラップ」です。首からぶら下げるだけで胸元が華やかになります。最近はデザインにこだわったものが多く販売されているので、身につけているだけで気分が上がること間違いなし! 授乳ストラップを服の中に入れて首元だけチラリと見せるのも素敵ですよ。育児中でもお出かけが楽しくなりそうですね。

 

どんな服でも使用可能! 授乳ストラップの使い方

授乳ストラップはどんな服でも使えます。授乳口のないワンピースの場合は避けたほうが無難ですが、一般的なトップスならほとんど使用することが可能です。使い方も簡単! 授乳口がある場合とない場合と、手順はほぼ一緒なので、どんな服でもスムーズに使うことができます。
授乳口のありとなし、それぞれの使い方について見ていきましょう。

授乳口がない場合

一般的な婦人服には授乳口がありません。カットソーやブラウス、Tシャツやタンクトップなど、授乳するときは少し不便に感じるのではないでしょうか? マタニティウェアもすべての服に授乳口があるわけではありません。授乳ストラップを使えば、どのような服でも胸元を大きく開けることができます。

【使い方】

  1. ストラップを首にかける
  2. 洋服の内側にくるようにストラップを垂らす
  3. 洋服の裾からストラップを引き出して首にかける
  4. 洋服が持ち上げられた状態で固定されたら完成!

授乳口がある場合

次に授乳口がある服の使い方について説明します。授乳口は「サイドオープンタイプ」と「カバーオープンタイプ」のふたつの種類があります。どちらもやり方は基本的に同じです。

【使い方】

  1. ストラップを首にかける
  2. 洋服の内側にくるようにストラップを垂らす
  3. 授乳口からストラップを引き出して首にかける
  4. 洋服が持ち上げられた状態で固定されたら完成!

どちらのやり方ともストラップを洋服の裾から出すか、授乳口から出すかの違いしかありません。授乳口がない場合はお腹が見えてしまうので、授乳口があったほうが露出を最低限に抑えられます。

 

安全を第一に考えた「犬印本舗」の授乳ストラップ

マタニティインナーやマタニティウェアなどを取り扱っているトップブランドメーカー「犬印本舗」。安全・安心で快適に過ごせるアイテムはママたちにも人気です。「犬印本舗」が販売している授乳ストラップをチェックしていきましょう。

【犬印本舗】らくらく授乳ストラップ(ラウンドールプタイプ・リボン付)

授乳の際、赤ちゃんを抱っこして、洋服を手で押さえると両手が塞がったままの状態が非常に不便、というモニターさんの声から開発された授乳ストラップです。

素材は綿100%。さりげない小さいリボンがオシャレで、首にかけたままでも洋服になじみやすいです。カラーは小花柄やドット柄など6種類。ゴム入りなのでよく伸びて、首への負担を和らげます。

公式サイト販売価格:税込1,080円(2018年11月8日時点)

>公式サイト

【犬印本舗】らくらく授乳ストラップ(ホルターネックタイプ)

ママも赤ちゃんもラクちんなホルターネックタイプの授乳ストラップです。素材はポリエステル100%。ホルターネック風のリボンがエレガントで、さりげないオシャレが楽しめます。 お出かけ時にもおすすめ。ブラック無地やドット、ベージュドット、キナリボーダー、パープル無地とデザインも豊富です。

Amazon販売価格:税込1,263円(2018年11月8日時点)

 

オシャレだけじゃない! 機能性抜群の授乳ストラップ

「購入するなら授乳以外にも活用したい!」と考える方も多いのではないでしょうか? それなら機能性に優れた授乳ストラップがおすすめです。

【Anano Cafe】 AC.授乳ストラップ ブラウン

ほのぼのしたイラストがかわいいブランド「Anano Cafe」。授乳ストラップは、赤ちゃんが喜びそうなマスコットつきです。ピンクのうさぎと、ブラウンのクマの2色展開。マスコットは取り外しが可能です。洗濯もできるので、いつも清潔を保てます。

Amazon販売価格:税込1,890円(2018年11月8日時点)

【Fun Market】 授乳 ケープ ポンチョ 授乳ストラップ付き ホワイト

​360度ぐるっと覆えるポンチョ型の授乳ケープ。授乳ストラップ付きなので、授乳服を別に購入する必要ありません。すぽっと上からかぶるだけなので、外出先でも重宝します。

Amazon販売価格:税込1,980円(2018年11月8日時点)

【BOBO】 授乳シュシュ

「授乳ストラップは長いから、胸元がもたつきそう……」と心配な方は授乳シュシュがおすすめです。刺しゅう入りのモチーフとミニタッセルがポイント。授乳時の洋服のもたつきを、簡単にまとめて固定できます。

色はブルーとピンクの2色。髪を束ねるシュシュとしてはもちろんのこと、アクセサリーとして腕につけるなど授乳以外にも幅広く使えます。

Amazon販売価格:税込1,728円(2018年11月8日時点)

 

授乳ストラップで赤ちゃんもママもストレスフリーに

授乳ストラップは、お腹が見えてしまったり、首に負担がかかったり、服がしわになったりするというデメリットもあります。それでも「買ってよかった!」というママも多いので、自分には本当に必要なのかを見極めてから購入するようにしましょう。

授乳ストラップは手作りすることもできます。購入するか迷ったら、自宅にあるもので試しに作ってみるとよいかもしれませんね。授乳ストラップを使って、赤ちゃんもママもストレスから脱却しましょう!

 

参考:
マタニティウェアのトップブランドメーカー【犬印本舗】公式

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア