マタニティショーツって必要? 使用時期の目安とおすすめの選び方

夫婦アイテムレビュー

妊娠中はお腹が大きくなったり敏感肌になったりと、身体が急激に変わります。そんなママたちの身体の変化に対応するために、最近は様々な種類のマタニティショーツが登場しています。お腹をすっぽり包むもの、ウエストゴムがなく締めつけないもの、産後まで長く履けるものなど、使い勝手がよいアイテムが多いので、安心して使用できますよ。

この記事ではマタニティショーツの必要性や種類、選び方、人気商品などをご紹介します。

普通の下着と違うの? マタニティショーツの必要性

妊娠期を快適にしてくれるマタニティショーツ。「必要性を感じない」「普通のショーツで代用したい」と考える方もいるかもしれません。

もちろん普通のインナーを使用することもできます。しかし、妊娠中は赤ちゃんが成長するにつれて、お腹だけではなく胸や腰回りも大きくなります。ショーツの締めつけが苦しくなったり、皮膚が敏感になりアレルギーや皮膚炎を引き起こしたりする可能性も。

マタニティショーツは、妊婦の身体の変化に対応しています。お腹を締めつけないためにも、できるだけ専用のインナーを準備するようにしましょう。

 

マタニティショーツの種類と使用時期の目安

マタニティショーツの必要性がわかったところで、どのような種類を、いつから使用したらよいのでしょうか? 時期によって最適なショーツの種類が変わってきますので、確認していきましょう。

妊娠期

妊娠期間は約1年間にも渡ります。赤ちゃんの成長のためにも毎日を快適に過ごせるマタニティショーツを選ぶことが大切です。下腹部の膨らみを自覚し始めるのは、早くても3ヶ月頃から。普段使用している下着に違和感を覚えたら、買い時だと考えたほうがいいでしょう。

「産前ショーツ」は、お腹をすっぽりと包み込む妊婦さん専用のショーツです。冷え対策にもなるので、お腹の赤ちゃんを寒さから守ることができます。

妊娠期~産後

マタニティショーツは妊娠期しか使えないイメージがあるかもしれません。しかし今は、長く使えるものも多いです。お腹を包み込む「産前ショーツ」以外に、「産前産後兼用ショーツ」があります。お腹が大きくなる妊娠初期から、出産したあとも使えることがメリット。やさしい肌触りで締めつけが少ない、浅ばきのショーツが多いです。

産後すぐ

妊娠・出産のあとは、妊娠前の体形とはどうしても変わってしまいます。だからといって、そのまま放置してしまうと産後太りのように体質が変わってしまうことも。「ショーツガードル」は体形の変化を元に戻すためのガードル機能がついたショーツです。妊娠前の体型に戻したいなら、購入を考えてもよいかもしれませんね。

産後1ヶ月~

産後1ヶ月からは「産後ガードル」でさらに引き締めていきましょう。「ショーツガードル」よりも広範囲でサポートでき、お腹周りや太もも、おしりなどを整えていきます。必需品というわけではありませんが、体形を維持したい方は使用を考えてみるとよいでしょう。

 

何を基準にする? マタニティショーツの選び方

ただ「産前ショーツ」「産前産後兼用ショーツ」といってもメーカーや種類がたくさんあるため、悩む方も多いのではないでしょうか。デザインや価格などで判断してもよいのですが、「購入して失敗した」となってしまっては元も子もありません。マタニティショーツは機能や心地よさに重点を置くことをおすすめします。何を基準にしたらよいのか、マタニティショーツの選び方を見ていきましょう。

お腹を締めつけないマタニティショーツ

妊娠中の締めつけや圧迫はストレスになることが多いです。そのためお腹を締めつけないマタニティショーツを選ぶことが大切です。締めつけが少ないものが多いマタニティショーツですが、実際に履いてみるときつい場合もあるので、伸縮性に優れた素材なのかをチェックするようにしましょう。

縫い目が肌にあたらないマタニティショーツ

妊娠期は様々なことに敏感になりやすい時期なので、ショーツを履くことさえも不快に感じることも。縫い目がないシームレスのマタニティショーツなら、まるで履いていないような軽いつけ心地です。シームレスの下着はラインが響きにくいので、パンツスタイルでもストレスフリーです。

お腹をしっかり温めるマタニティショーツ

妊婦に冷えは大敵です。「うっかり冷え」を防ぐためにも、お腹を暖めることができるマタニティショーツを選びましょう。

夏場は暑いと感じるかもしれませんが、クーラーなどで気づかないうちにお腹を冷やしている可能性も。ショーツと腹巻が一緒になったマタニティショーツなら、いつでもお腹の冷えを防止することができます。 ロング丈のものなら臨月まで快適に過ごすことができますよ。

 

おすすめのマタニティショーツをご紹介

マタニティショーツがどのようなものかは、実際に商品を見るとわかりやすいです。ここでは、おすすめのマタニティショーツを3つご紹介します。自分のお気に入りのものを探してみてくださいね。

【犬印本舗】 ウエストらくらくマタニティショーツ

犬印本舗の妊娠初期から産後まで使用できる深ばきショーツです。ウエストにはゴムを使っていません。大きくなるお腹を締めつけず、快適な履き心地です。

外側に洗濯ネームがついているので、肌を刺激しないのも嬉しいポイント。綿100%の白色のマチで、妊娠期のからだの変化が分かりやすくなっています。

公式オンラインショップ販売価格:税込918円(2018年11月8日時点)

>公式サイト

【nicoly】 マタニティ ショーツ ローライズ 3枚組

3色1セットローライズのマタニティショーツ。カラフルなデザインが気分を楽しくさせてくれます。産前から産後まで長く履けて経済的。ローライズなのでゴムがお腹に当たらず、赤ちゃんにも負担をかけません。妊娠期の敏感な肌にやさしい通気性のよい綿素材です。双子を妊娠されている方、ゴムの締めつけで気分が悪くなる方にもおすすめ。検診用にも好まれています。

Amazon販売価格:税込1,480円(2018年11月8日時点)

【産前産後兼用】2Wayマミーショーツ

女性用下着メーカーとして認知度の高いワコール(Wacoal)。マタニティインナーの種類も豊富にそろっています。花柄やレースなどの女性らしいアイテムも多く、マタニティライフを華やかにしてくれます。中でもおすすめなのが、産前産後に使用できる「2Wayマミーショーツ」です。前ウエストの中心部分は、左右に重なった切替布が特徴的。よく伸びる生地を使用し、だんだんと大きくなるおなかに対応します。綿ベア天竺素材を使用しているので、優しい肌ざわりがストレスを感じさせません。デザインはボーダーと無地の2タイプあり、カジュアルとシンプルを自分の好みで選べます。

公式オンラインショップ販売価格:税込2,808円(2018年11月19日時点)

>公式サイト

 

妊娠期を少しでもラクにするマタニティショーツ

マタニティショーツは、お腹が大きくなり普段の下着をきつく感じるママに最適な下着です。ゴムの締めつけが少ないため、産後もマタニティ下着を愛用しているママもいるようです。購入するか迷っても、妊婦生活を快適に過ごせるのなら試してみる価値があります。自分の生活スタイルや好みなどを踏まえて、必要だと感じたら購入を検討してみてくださいね。

 

参考:
産後リフォームインナー | マタニティウェアは犬印本舗【公式】
マタニティショーツ(エンジェリーベオリジナル) |マタニティウェア・授乳服通販|ANGELIEBE(エンジェリーベ)

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
読み込み中...

この記事をSNSでシェア