重曹に変わる万能洗剤セスキとは? セスキ炭酸ソーダで汚れが落ちすぎる

夫婦アイテムレビュー

ナチュラルクリーニングに興味を抱き、とりあえず重曹を買ってみた。しかし、どうやらさらに効果のある「セスキ炭酸ソーダ」というものがあるらしい……?

ナチュラルクリーニングに用いるものには、それぞれ特徴があります。しかし、なかなか何がどういったものに効くのかはわかりづらいものですよね。

この記事では、万能洗剤として掃除に活躍させられるセスキ炭酸ソーダについてご紹介します。

セスキ炭酸ソーダとは

まずは、「セスキ炭酸ソーダ」についてご紹介します。

重曹より使いやすく、使い道も多い

ナチュラルクリーニングに使えるアイテムとしてメジャーな重曹。セスキ炭酸ソーダは、重曹よりも使いやすく、使い道が多いのが特徴です。

セスキ炭酸ソーダは、重曹と炭酸塩が合わさったようなもので、両方の性質を持ち合わせています。アルカリ性の度合いも重曹よりも高いため、より汚れが落としやすいのです。

おすすめ商品

セスキ炭酸ソーダは、ネットショップのほか、ドラッグストアでも販売されています。粉末状のものとスプレー状のものとの2種類があるため、使い勝手に合わせて選んでくださいね。

また、少量から試してみたい方は100円均一ショップのものがおすすめ。大手100円均一ショップを中心に、粉状のもの・スプレータイプのものが販売されています。

セスキ炭酸ソーダ:トーヤク

  • Amazon販売価格:税込482円(2018/11/7時点)
  • 容量:1kg
  • タイプ:粉

セスキ炭酸ソーダ:NICHIGA

  • Amazon販売価格:税込1,180円(2018/11/7時点)
  • 容量:2.5kg
  • タイプ:粉

セスキ炭酸ソーダスプレー:ロケット石鹸

  • Amazon販売価格:税込820円(2018/11/7時点)
  • 容量:530ml
  • タイプ:スプレー

 

セスキ炭酸ソーダの得意・不得意

賢く活用するためには、特徴を知っておく必要があります。アルカリ性洗浄剤のセスキ炭酸ソーダが得意とすること、苦手とすることを両方確認しておきましょう。

セスキ炭酸ソーダが得意なこと

アルカリ性洗浄剤が得意とすることは、「油脂を乳化させやすいこと」「タンパク質を分解させやすいこと」の2点。

そのため、以下のような掃除に効果を発揮します。

  • 皮脂や垢などの汚れ落とし
  • ひどい油汚れの下処理
  • 血液の汚れ

つまり、台所周りや水回り、取っ手やスイッチ・家電などの手垢汚れの掃除や、布ナプキンの付け置きなどですね。

セスキ炭酸ソーダが苦手なこと

  • ひどい泥汚れ
  • 機械油や口紅
  • 衣類のシミ
  • 鍋のひどいコゲ
  • 白くこびりついた水アカ
  • トイレの黄ばみ

あまりにもひどい汚れの場合は、界面活性剤を含む洗浄剤の方がキレイに落とせます。コゲのような固い汚れには研磨作用のある重曹、水アカやトイレのアルカリ汚れにはクエン酸がおすすめ。また、衣類のシミは漂白剤が1番です。適切な洗浄剤を利用して、効率的に汚れを落としたいですね。

セスキ炭酸ソーダが使えないもの

鍋の汚れを落とすのに便利なセスキ炭酸ソーダですが、アルミや銅素材のものは、セスキ炭酸ソーダを使うと黒ずんでしまうため使用を控えます。また、毛や絹・革製品は、たんぱく質が分解されてしまうため使わないようにしましょう。

 

セスキ炭酸ソーダの使い方

セスキ炭酸ソーダの使い方は、大きく分けて「スプレーにして使う」「溶かした水に浸けて使う」の2パターンです。

なお、鍋をきれいにしたい場合は、粉末のままふりかけて使ってもOK。スクレーパーやキッチンペーパーで拭き取ったあと洗えば、簡単にスッキリきれいになりますよ。ただし、さきほどご紹介したとおり、アルミ・銅鍋には使用できません。

では、「スプレーにして使う」「溶かした水に浸けて使う」の2パターンについて詳しくみていきます。

スプレーにして使う

用意するもの
水500ml
セスキ炭酸ソーダ小さじ1
スプレー容器

作り方
スプレー容器に分量の水を入れ、セスキ炭酸ソーダを溶かします。濃度は、汚れの程度にあわせて加減してください。

耐油性のスプレー容器なら、基本のスプレー液に好みの精油を2,3滴混ぜ、香りづけすることもできます。精油とセスキ炭酸ソーダ液は分離するので、使う直前に充分に振り混ぜましょう。
セスキ炭酸ソーダの使い方:基本のセスキスプレーとキッチンのお手入れ – 石鹸百科より引用

直射日光を避けて保存し、2~3ヶ月で使い切るのが目安です。換気扇やコンロ回り、壁紙やスイッチの手アカなどをきれいに掃除できますよ。ソファやベッドなど、丸洗いできないものにも使用可能。ただし、本革は質が変わる可能性があるため、目立たない場所で試してから使用しましょう。

溶かした水に浸けて使う

水に溶かして使う場合は、使用用途によって分量が異なります。

<水溶液で掃除する場合>

用意するもの
水5リットル
セスキ炭酸ソーダ大さじ1

作り方
水にセスキ炭酸ソーダをよく溶かし、その水に雑巾などを浸して汚れた箇所を拭き掃除します。この液をスプレー容器に入れても使いやすいでしょう。
セスキ炭酸ソーダの使い方:住まいの掃除 – 石鹸百科より引用

照明のスイッチやドアノブといった手垢がつきやすい場所、床の足アカの拭き掃除、浴槽や浴室の掃除に向いています。こまめに掃除をすることで、黒カビの発生を防げますよ。ナチュラルクリーニングなので、小さなお子さまがいる家庭でも安心して掃除できます。

水で洗い流せない場所を拭く際は、仕上げに新しい雑巾で水拭きして仕上げてくださいね。

<浸けおき洗いの場合>

水30Lに対してセスキ炭酸ソーダ小さじ2~大さじ1(約20g)

あまり入れすぎると洗い上がりがベタ付いたり、臭いが出たりすることがあります。アルカリ剤を溶かした水を触ってみて、ほんの少し指先が滑るようなヌルッとする感触があれば充分です。
セスキ炭酸ソーダでの洗濯 – 石鹸百科より引用

洗濯に用いる場合は、あらかじめ石鹸で大きな汚れを手洗いしておき、3時間~1日浸けたのちに洗濯機で洗います。すすぎは1回でOKです。クエン酸をすすぎ時に少量入れると、中和されますよ。

なお、「水で色落ちするもの」「ポリエステル、ナイロンなどの化繊、化繊混紡のもの」「絹やウールなど、アルカリに弱いもの」はセスキ炭酸ソーダによる浸けおき洗いには向いていません。

<煮沸する場合>

ステンレス製のカトラリーの曇り取りにもセスキ炭酸ソーダが使えます。

水3リットルに大さじ1杯のセスキ炭酸ソーダを溶かし、ステンレス製のカトラリー類を入れて煮沸しましょう。その後ブラシでこするとピカピカになります。
知らないと損!セスキ炭酸ソーダで油汚れを徹底的にキレイにする方法 – カジタクより引用

カトラリーの素材に注意が必要です。

 

セスキ炭酸ソーダ使用の注意点

セスキ炭酸ソーダを使用する際に注意したい点についてチェックしておきましょう。

手袋をする

セスキ炭酸ソーダはタンパク質を溶かす作用があるため、手荒れをしやすい方はゴム手袋・ビニル手袋を使用しましょう。

もし手についてぬるぬるしてしまった場合は、水できれいに洗い流します。その後、酢やクエン酸といった酸性のものを少量かけてなじませると、中和効果で落ち着かせられますよ。手につけた酢やクエン酸は、きれいに洗い流しておきましょう。

目や口に入ってしまったら

粉や水溶液が目や口に入ってしまったら、すぐに水で十分に洗い流しましょう。その後、違和感が残る場合は医療機関を受診してくださいね。

保管は密閉容器で

湿気により固まってしまうことがあるため、密閉できる袋・容器で保管しましょう。

 

セスキ炭酸ソーダを使いこなして掃除を楽しもう

適した使い方をすれば、すっきりきれいにできるのがナチュラルクリーニングの強み。セスキ炭酸ソーダを使いこなして、日々の掃除を楽しい時間にしてくださいね。

 

参考:
セスキ炭酸ソーダとは 石鹸百貨
セスキ炭酸ソーダ|レックのナチュラルクリーニング
知らないと損!セスキ炭酸ソーダで油汚れを徹底的にキレイにする方法|KAJITAKU

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア