布団圧縮袋を上手に使えば収納力アップ! 結局どれを買えば良い?

夫婦アイテムレビュー

布団を圧縮して長期間保管することができ、押し入れやクローゼットなどの収納スペースを空けてくれる布団圧縮袋。使う際には説明書きをよく読んで、正しい使い方をしっかりとマスターしてから使う必要があります。また、布団以外にもいろいろな布製のアイテムを圧縮する収納法が注目されています。
今回は布団圧縮袋のメリットとデメリット、おすすめの使い方、そして人気の商品などもご紹介します。

布団圧縮袋を使うメリットとデメリット

布団圧縮袋はとっても便利なアイテムですが、使い方を間違うとデメリットも発生します。正しい使い方と注意点を合わせてしっかりと見ていきましょう。

メリットだけでなくデメリットもある

布団圧縮袋を使うことで、今まで布団や衣類でほとんどが埋まっていた押し入れやクローゼットに空いたスペースができるのが魅力です。しかし、メリットだけでなくデメリットも考えられます。
中に入れる布団や衣類などをのケアをしっかりせずに入れてしまうと、圧縮袋の内部でカビが発生してしまうことがあるので、注意が必要です。また、洗濯せずに汚れが残ったままで入れてしまうとニオイが発生することも。洗濯や布団乾燥機などでしっかりケアしてから圧縮しましょう。

布団圧縮袋の正しい使い方

布団圧縮袋は次のような手順で使います。
また、使用前にも準備することがいくつかあるので、注意しましょう。布団や衣類を入れる前に一手間かけることで、半年後に袋を開封しても、においやカビが発生する可能性がグッと抑えられます。

①乾燥

衣類や布団を洗濯してきちんと乾燥させてから、袋に入れましょう。
羽毛布団の場合は基本的に陰干しか布団乾燥機を使います。布団乾燥機を使った後は、必ず布団の熱をしっかりと冷ましてから圧縮袋へ入れるようにします。ちなみに羽根布団は中のダウンがデリケートなため布団圧縮袋では使えないと注記のある製品が多いです。羽根布団に布団圧縮袋を使いたい場合は専用の製品を使いましょう。
衣類やカーテンなどの布製品も、汚れをきちんとケアして、乾燥させた状態で入れるようにましょう。

②圧縮

一般的な布団圧縮袋は、掃除機を使ってビニール内の空気を吸い出していくことで、どんどん圧縮していきます。
空気を吸い出すタイプの圧縮袋を使う場合には、掃除機の中にたまったゴミをきちんと捨ててから使用しましょう。

③密封

スライダー付きのものは、横にゆっくりとスライドさせて口を閉じます。

圧縮するときの注意点

布団圧縮袋は密封した後、傷や穴ができてしまうとそこから空気が漏れて、圧縮ができなくなってしまいます。圧縮袋に先の尖った部分があるもの、硬いものなどを入れないようにしましょう。指輪などのアクセサリーをつけた状態や、散らかった部屋、またはペットのゲージなどの近くで使用する場合は、圧縮袋に傷をつけたり、穴をあけたりしないように十分注意してください。

 

ふとんだけじゃない! 便利な使用方法

布団圧縮袋を使ってコンパクトに圧縮できるのは、布団だけではありません。布製で比較的柔らかいものなら圧縮することができます。

衣類の圧縮で簡単衣替えにも

布団圧縮袋は多くのメーカーが作っており、さまざまなサイズや仕様のものがあります。「旅行の時に小さめの圧縮袋に着替えやタオルを入れて出かける」「季節の衣替えなどに衣類やタオル類用のマチ付きの圧縮袋を使う」などの活用方法が便利です。

圧縮におすすめできない掃除機は? 

掃除機不要のタイプもありますが、ほとんどの布団圧縮袋は掃除機を使って空気を抜いていきます。その際に、ハンディタイプやスティックタイプ、自動で掃除してくれるロボット掃除機などは、布団圧縮袋には使用できないことが多いようです。

布団圧縮袋は種類も豊富

最近では販売される種類も増えてきて、マチ付きのものや豊富なサイズ展開のものが登場しています。バルブ式のものの中には、ダイソンなど海外製の掃除機でも使えるタイプもあります。また、掃除機不要のタイプもあるので、こちらなら掃除機の種類に悩まなくても大丈夫ですね。

 

おすすめの布団圧縮袋は? 

布団圧縮袋には便利に使えるものがたくさんあります。ここでは人気の布団圧縮袋を見ていきましょう。

お得にお試ししたいならAmazonのセット


圧縮ポンプ、衣類用、布団用が入ったお得なセット。ダニやカビ対策にも有効です。再利用も可能で経済的です。

商品名:ふとん圧縮袋 8枚入り 衣類圧縮袋 ポンプ付き 真空圧縮袋 衣類真空パック バルブ式圧縮袋 省スペース 密封防塵 防水 防湿 ダニ カビ対策 掃除機対応 再利用可能 家庭用 旅行用 引越し 収納抜群 [3サイズ]
メーカー:DR.STORAGE
Amazon販売価格:税込2,380円(2018年12月17日時点)

細かく使い分けたいならニトリの圧縮袋

ニトリの布団圧縮袋にはいくつかの種類があります。それぞれの特徴を踏まえて使い分けるといいかもしれません。掃除機でなく手やポンプを使って空気を抜き圧縮することができる便利なタイプも発売されています。

商品名:布団圧縮袋L(2枚入)
メーカー:ニトリ
価格:税込599円(2018年12月17日時点)
>公式サイト

商品名:掃除機がいらない消臭布団圧縮袋(M)
メーカー:ニトリ
価格:税込599円(2018年12月17日時点)
>公式サイト

沢山使いたいなら楽天ランキングで人気の10枚セット


楽天で人気の圧縮袋はSサイズが2枚、Mサイズ4枚、Lサイズ2枚、LLサイズ2枚の合計10枚がセット。布団セットやシーズンオフの衣類などにも使えて便利です。海外製掃除機にも対応できるものがあります。

商品名:布団圧縮袋10枚組【海外製掃除機でも使える】【2年間無料交換保証】★クーポン有【送料無料】[オートバルブ式](ふとん圧縮袋 シングル ダブル 布団 圧縮 バルブ式圧縮袋 羽毛布団 毛布 布団一式 まとめ買い セット
メーカー:くらしの雑貨屋さん
楽天市場販売価格:税込2,160円(2018年12月17日時点)

 

100均のダイソーやセリアの布団圧縮袋はお手頃

最近では、ダイソーやセリアなど100円均一店でも布団圧縮袋を手に入れることができます。気になるそれぞれの使い勝手はいったいどうなっているのでしょうか? 

ダイソーの圧縮袋は布団用と毛布用が人気

ダイソーの布団圧縮袋Lは200円商品で約100x130cmの大きめサイズです。外袋にはダブル掛布団1枚、シングル敷布団1枚と表示されています。
毛布圧縮袋は約60×90cmとちょうどいいサイズ感が魅力です。付属の圧縮バルブに掃除機の吸い込み口を当てて中の空気を吸いながら、徐々に圧縮していきましょう。

商品名:布団圧縮袋L
メーカー:ダイソー
価格:税込216円(2018年12月17日時点)

商品名:毛布圧縮袋
メーカー:ダイソー
価格:税込108円(2018年12月17日時点)

セリアのおすすめはPB布団圧縮袋

ダブルサイズの毛布を入れて圧縮することが可能なセリアのPB布団圧縮袋。中に入れた布団や毛布などをホコリや湿気からしっかりと守ってくれます。クローゼットや押し入れで広範囲のスペースを取っている布団や毛布などを約1/3に圧縮することが可能。サイズは約100×110cmなのでゆったりとしています。

商品名:PB布団圧縮袋
メーカー:セリア
価格:税込108円(2018年12月17日時点)
>公式サイト

 

布団圧縮袋を使うだけで収納スペースがスッキリ

布団圧縮袋は、ホームセンターやインターネットショッピングなどで1枚あたり数百円程度と、手ごろな価格で購入できます。
押し入れやクローゼットなどの収納スペースが、簡単にスッキリできる点が人気の理由です。空きスペースがたくさんできれば、お部屋の余分なものをさらに収納することが可能になります。
ふとん以外にも、衣替えの衣類やぬいぐるみ、カーテンやバスタオルを入れるなど、多くの使い道があります。いろいろなサイズの布団圧縮袋を使い分けることで、自分だけのスペースや、ゆとりある癒し空間を手に入れましょう。

 

参考:
カインズ公式TV。ふとん圧縮袋の使い方 – YouTube
Seria | Seriaのおすすめ商品

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア