マタニティパジャマの選び方コツとは? 可愛くておすすめなパジャマ

夫婦アイテムレビュー

マタニティパジャマをわざわざ用意しなくてもワンピースがあれば十分では? と考えているママもいるでしょう。しかし、マタニティパジャマは、妊娠中から産後まで長期間活躍するアイテムです。今では手頃な価格で購入できるかわいいマタニティパジャマが、たくさん販売されています。そこで今回は、マタニティパジャマを選ぶときのコツと、入院時にパジャマが何枚必要なのかについて紹介します。

マタニティパジャマのメリットとは?

妊娠中のママの体型は、常に変化しています。普通のパジャマではウエスト部分が調節できなかったり、ポケットがなかったりと、妊娠中の身体にとって不便なことも多いです。しかし、マタニティパジャマであれば、機能性を重視したパジャマとしてデザインされているので、不便に感じることなく安心できます。

妊娠中の体型に配慮したデザイン

マタニティパジャマは肌触りや機能性など、日に日に体型の変わるママさんに合わせてデザインされています。お腹が苦しいときウエストを簡単に調節できたり、お腹が出てきてズボンを履くのが辛いとき上着1枚で移動できたりと、デザインが工夫されています。

マタニティパジャマは妊娠中から産後まで大活躍!

妊娠中の体でも締め付けがなく、産前でも活躍するマタニティパジャマ。産後の入院中も、ほとんどをマタニティパジャマで過ごすことができます。さらに、産後自宅に帰ってきて、2〜3時間おきに子供に授乳を行う生活になったときも、マタニティパジャマであれば授乳口付きのものが一般的なので便利。妊娠中から産後まで長期間活躍しますよ。

入院中もマタニティパジャマなら過ごしやすい!

体が思うように動かない妊娠中や産後すぐの時期は、一つ一つの動作も大変になるので、ゆとりのあるデザインのマタニティパジャマが動きやすくて快適です。デザインも豊富にあるので、面会にきた人と会うときには、いかにもパジャマというデザインではなく、外に着ていけそうなものが活躍しますよ。

マタニティパジャマはいつから着るの?

お腹がぽっこりと目立ち始める時期から、マタニティパジャマを着用するママさんもいます。しかし、妊娠初期でも普通のパジャマでは締め付けがキツイ、つわりが辛いということであれば、早めの着用でも問題ありません。お腹を締め付けるということがよくないので、普通のパジャマじゃ辛いなと感じたときが、マタニティパジャマに切り替えるタイミングです。

 

マタニティパジャマは8つのコツを抑えて選ぶ!

マタニティパジャマと一口にいっても、デザインや素材、機能など、さまざまな種類があります。自分に合ったお気に入りのマタニティパジャマを見つけるためには、8つのコツを押さえることが大切です。ここからは8つのコツを見ていきましょう。

1.授乳口がある

産後、パジャマに授乳口がついているデザインであれば子供にサッと母乳を与えることできます。
普通のワンピースで授乳しようとすれば、洋服を脱いだり、前を開けて授乳したりと手間がかります。授乳口があるマタニティパジャマなら、洋服を脱ぐということがなくなるので、寒い冬や夏のクーラーのかかった部屋でもママの体を冷やす心配がありません。

2.お腹のサイズに合わせてウエスト調整できる

妊娠初期の段階でマタニティパジャマを検討しているのであれば、ウエスト調整のできるパジャマを選びましょう。アジャスター付きのものなら、お腹の大きさに合わせて調節が可能です。
注意したいのは、妊娠初期でマタニティパジャマを購入する際に「これぐらいで大丈夫だろう」と思ったものが、意外と小さくなってしまうこともあること。少し大きめのマタニティパジャマを購入しておくのがおすすめです。

3.肌に触れても気持ちよく着られる素材

妊娠すると肌が敏感になるので、マタニティパジャマは触り心地や着心地のいい素材を選びましょう。
冬場の出産であれば、裏起毛の素材がおすすめです。授乳は何度も肌を出すため、体が冷えがちです。しかし、裏起毛であれば暖かい状態で授乳できますよ。

4.前開きか全開タイプ

前開きタイプであれば、診察や検査が行いやすいだけでなく着替えもラクに行えます。特に、帝王切開での分娩後は、横になった状態で着替えることもあるので、前開きのパジャマがあるとスムーズに着替えられます。病院によっては、最初から前開きのパジャマを指定している場合もあるので、1枚は持っておくといいでしょう。

5.着丈が長め

入院すると、検査のためにズボンを脱いでいることも増えてきます。お腹がでているとズボンも履くことが辛くなってくるため、あらかじめ着丈の長いマタニティパジャマを用意しておくことが大切です。

6.かわいい、シンプルなデザイン

入院中は1日のほとんどをパジャマで過ごすため、少しでも自分が気に入ったデザインの方がいですよね。かわいいものからシンプルなものまで、マタニティパジャマは種類も豊富です。
産後はパジャマのまま赤ちゃんと写真を撮影する機会も多いので、リラックスできて自分好みのデザインを選びましょう。

7.ポケット付きが意外と重宝する

意外と見落としがちなのは、ポケットの有無です。ポケットがあれば授乳後に赤ちゃんがミルクをこぼしたときに、サッとハンカチを取り出せます。授乳だけでなく、入院中でもポケットにハンカチを入れておけば、手ぶらでトイレにいけますし、産褥用のナプキンなども入れておけるのでポケット付きは重宝します。

8.お財布にうれしい! 手頃な価格

通常のパジャマと違い、妊娠中から産後までの期間限定で使うマタニティパジャマ。あまり高価なものよりも手ごろな価格のものがおすすめです。。これから赤ちゃんにお金がかかることを考えると、短期間のものと割り切ってもよいでしょう。最近は5,000円以下の手頃でデザインも優れたものが豊富に揃っていますよ。

 

病院にマタニティパジャマを持ちこむとき知っておきたいこと

初めての出産は、ドキドキや不安で胸がいっぱいですよね。病院にマタニティパジャマを持っていこうと考えているものの、実際何枚必要なの? と不安になります。そこでこの章では、入院前に知っておきたいマタニティパジャマのあれこれについて紹介します。

マタニティパジャマは何枚持っていけばいいの?

入院時に必要なパジャマは2〜3枚が目安です。汚れてしまったり、着替えたりと、ローテーションさせるには2〜3枚必要でしょう。病院によっては最低◯枚と指定しているところがあったり、病院側でマタニティパジャマを用意したりしている場合もあるので、事前に確認しておくと安心です。

入院するときにおすすめのマタニティパジャマとは?

入院中は検査があるので、前開きであることや着丈が長いことはもちろんですが、加えて、授乳口のあるものがおすすめです。
前開きなら授乳口がなくてもいいのでは? と思われがちですが、授乳口があることで、わざわざ洋服をズラさず授乳できます。夜も2〜3時間おきに授乳するので、そのたびに洋服を脱いだりズラしたりすると、冬は特に体が冷えてしまいます。できれば、授乳口が付いているものがいいでしょう。

 

5,000円以下で買えるマタニティパジャマ3選

マタニティパジャマは、デザインと機能性に優れた商品が、手頃な価格で売られています。この章では、温かくて機能性も十分な、5,000円以下で購入できるマタニティパジャマを紹介します。

犬印本舗

ママの声を参考にして作られた犬印本舗のマタニティパジャマ。
前開きで脱ぎ着しやすいほか、大口のポケットがついているので、ハンカチやナプキンを入れておくのも便利です。両サイドに授乳口があるので、授乳もスムーズに行えます。

商品名:fairy NIGTY こだわりいっぱい!ママの声からうまれたマタニティパジャマ 無地長袖パジャマ(サイド授乳口)
公式サイト販売価格:税抜2,900 円(2018年12月14日時点)
>公式サイト

Royanney

オーガニックコットン100%の素材で、ふんわり暖かいパジャマです。デザインもブルーとピンクの2色展開です。通気性もよく、汗をかいてもベタつかず快適です。授乳口もついているので、可愛いデザインのマタニティパジャマが欲しいと考えている方にはピッタリです。両サイドにポケットもついています。

商品名: Royanney パジャマ レディース ルームウェア マタニティ 綿 オーガニック コットン100 長袖 冬 前開き 出産パジャマ 産後パジャマ 寝間着 上下セット あったか レース リボン
Amazon販売価格:税込み2,980円(2018年12月14日時点)

ABICO

モコモコとした見た目もかわいいABICO。見た目が可愛らしいだけでなく、機能性も充実しています。両サイドのポケットや授乳口もついており、ウエストはゴムでの調節が可能です。ママさんの体を優しく包んでくれる素材です。ゆったりとした着心地でリラックスできます。

商品名:[アビコ]ABICO マタニティ 冬 無地 ふわもこ あったか パジャマセット 授乳パジャマ リボン付き 授乳服 授乳口付き 前開き ゆったり ウエスト調節 厚手 産前 産後 ルームウェア
Amazon販売価格:税抜3,845円(2018年12月14日時点)

 

体を冷やさずママが過ごしやすいパジャマを選びましょう!

マタニティパジャマは、今や種類が豊富に展開されています。だからこそ、お気に入りの1着を見つけたいですよね。今回は手頃な価格で温かいマタニティパジャマを紹介しましたが、パジャマを選ぶコツはどんな季節でも使えるもの。妊娠中は体も敏感になるので、体を冷やさないよう、自分の体に合わせたマタニティパジャマを着て温かく過ごしましょう。

 

参考:
清水病院
国立成育医療研究センター
産婦人科 瀬尾医院

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
読み込み中...

この記事をSNSでシェア