フォローアップミルクとは? いつから飲ませるのがベストなの?

夫婦アイテムレビュー

赤ちゃんの成長をサポートするフォローアップミルク。いつから飲ませる? そもそも飲ませるべきものなの? と、迷ってはいませんか?

この記事では、フォローアップミルクの役割や飲ませ始める時期のほか、おすすめ商品についてご紹介します。

フォローアップミルクの役割

フォローアップミルクとは、離乳期を迎えた赤ちゃんの栄養補給のために作られているミルクのこと。新生児期から飲んでいる粉ミルクとは、配合されている栄養素やバランスが異なるのが特徴です。

離乳期の赤ちゃんは離乳食から栄養を補いますが、必要な栄養素を食事ですべてまかなえるわけではありません。離乳食では補給しきれないたんぱく質、資質、鉄分などの栄養素を補うのが、フォローアップミルクなのです。

なお、「牛乳でいいんじゃない?」と思われる方もいるかもしれませんが、フォローアップミルクには、牛乳にはあまり含まれていない鉄やビタミンC、DHAといった栄養素が含まれています。「ミルク」とはいえ牛乳とは別物だと考えておきましょう。

 

フォローアップミルクはいつから飲ませる?

フォローアップミルクは、離乳食がメインになってくる1歳前後から飲ませましょう。目安は離乳食が1日3回になってから。

商品によって開始目安は異なり、早いものでは9ヶ月頃から対象となっているものもあります。

「1歳」をひとつの目安とし、早めに移行したい方は9ヶ月から可能な商品を選んでくださいね。

 

フォローアップミルクを飲ませるタイミングは?

はじめは、これまでミルクや授乳を行なっていたうちの1~2回を、フォローアップミルクに切り替えましょう。9~11ヶ月頃は、1日3回の食事+ミルク(授乳)のほか、ミルク(授乳)のみの栄養補給が1日2回あります。まずはその2回をフォローアップミルクにしてみてもよいですね。

1歳以降は、基本的に食事から栄養を摂るようになります。母乳の場合の離乳時期は親子のタイミングになりますが、栄養素としての授乳は不要になるのがこの時期です。

1日3回の食事に加え、10時、15時に栄養補給を目的としたおやつを与えます。フォローアップミルクを与えるタイミングは、この2回のおやつのタイミングと昼食後がよいでしょう。

また、シチューやスープ、クリーム煮など、調理に使えるフォローアップミルクを選ぶこともおすすめです。

 

絶対に必要? 飲まない赤ちゃんにはどうすればいい?

粉ミルクや母乳との味の違いで拒否反応を示すなど、赤ちゃんによってはフォローアップミルクを飲まないこともあります。食事に混ぜてみてもダメだという赤ちゃんもいるでしょう。

フォローアップミルクは必ず飲ませなければならないものではありません。大切なことは、赤ちゃんがきちんと発達していること。フォローアップミルクを受け付けない子には、食事から不足しがちな栄養素を摂取できるよう意識してあげましょう。

 

フォローアップミルクをご紹介

雪印メグミルク「たっち」

満9ヶ月から飲めるフォローアップミルクです。たんぱく質と脂質、炭水化物(ガラクトオリゴ糖)、ビタミンCやミネラルをバランス良く配合。不足しがちな鉄分も含まれています。

【雪印メグミルク「たっち」】
メーカー希望小売価格:税別1,900円(2018年12月15日時点)
内容量:850g
飲み始め:満9ヶ月

【雪印メグミルク「たっち」スティック】
メーカー希望小売価格:税別448円(2018年12月15日時点)
内容量:14g×10本
飲み始め:満9ヶ月

>公式サイト

和光堂「ぐんぐん」

和光堂が販売しているフォローアップミルクです。生後9ヶ月頃から飲み始められます。水でもサッと溶けるので使いやすく、普段の水分補給として用いることもできますよ。

料理に使ってもOK。公式サイトではレシピも公開されています。

【和光堂「ぐんぐん」】
メーカー希望小売価格:オープン価格
Amazon販売価格:税込1,527円(2018年12月15日時点)
内容量:830g
飲み始め:満9ヶ月

【和光堂「ぐんぐん」300g缶】
メーカー希望小売価格:税別830円(2018年12月15日時点)
内容量:300g
飲み始め:満9ヶ月

【和光堂「ぐんぐん」スティック】
メーカー希望小売価格:税別520円(2018年12月15日時点)
内容量:14g×10本
飲み始め:満9ヶ月

>公式サイト

森永乳業「チルミル」

森永乳業が販売しているフォローアップミルクです。一般的な缶ケースのほか、専用詰め替え用ケース「エコらくパック」が選べるのが特徴。缶よりも省スペースで収納可能です。

離乳食に使ってもOK。公式サイトにはレシピも公開されています。

【森永「チルミル」エコらくパック はじめてセット】
ベビーザらス販売価格:税込1,834円(2018年12月15日時点)
内容量:400g×2袋
飲み始め:満1歳

【森永「チルミル」エコらくパック つめかえ用】
ベビーザらス販売価格:税込1,586円(2018年12月15日時点)
内容量:400g×2袋
飲み始め:満1歳

【森永「チルミル」大缶】
ベビーザらス販売価格:税込2,050円(2018年12月15日時点)
内容量:820g
飲み始め:満1歳

【森永「チルミル」スティック】
ベビーザらス販売価格:税込398円(2018年12月15日時点)
内容量:14g×10本
飲み始め:満1歳

>公式サイト
>ベビーザらス販売サイト

グリコ「アイクレオのフォローアップミルク」

1歳から飲めるフォローアップミルクです。鉄分・カルシウム・ビタミンDのほか、発育に大切なヌクレオチドも配合。離乳食や手作りおやつに使うことも可能です。

公式サイトでは料理のレシピも公開されています。

【グレコ「アイクレオ」】
ベビーザらス販売価格:税込2,158円(2018年12月15日時点)
内容量:820g
飲み始め:満1歳

【グレコ「アイクレオ」スティック】
ベビーザらス販売価格:税込538円(2018年12月15日時点)
内容量:13.6g×10本
飲み始め:満1歳

>公式サイト
>ベビーザらス販売サイト

明治「ステップ」

1歳から飲めるフォローアップミルクです。「らくらくキューブ」タイプは、調乳が簡単なキューブ式。粉タイプよりも手軽に作れるため、外出時に便利です。

公式サイトでは1歳のバースデーレシピや2歳からのお手伝いレシピが後悔されています。

【明治「ステップ」らくらくキューブ(大箱)】
メーカー希望小売価格:税別1,505円(2018年12月15日時点)
内容量:448g(28g×16袋)
飲み始め:満1歳

【明治「ステップ」らくらくキューブ(特大箱)】
メーカー希望小売価格:税別3,581円(2018年12月15日時点)
内容量:1344g(28g×24袋×2箱)
飲み始め:満1歳

【明治「ステップ」らくらくキューブ(小箱)】
メーカー希望小売価格:税別380円(2018年12月15日時点)
内容量:112g(22.4g×5袋)
飲み始め:満1歳

【明治「ステップ」】
メーカー希望小売価格:税別2,120円(2018年12月15日時点)
内容量:800g
飲み始め:満1歳

【明治「ステップ」2缶パック】
メーカー希望小売価格:税別4,240円(2018年12月15日時点)
内容量:1,600g(800g×2缶)
飲み始め:満1歳

>公式サイト

 

食事やおやつにも取り入れて、上手に栄養をプラスしよう

脳も身体もとてつもないスピードで成長していく赤ちゃん。発達段階に応じて必要な栄養素を補給することは、とても大切です。

飲ませることが難しければ、料理に活用してもOK。小さいサイズのものを販売しているメーカーもあるため、飲んでくれるのか心配な方は、まず小さいサイズのものから試してみてくださいね。

1 評価2 評価3 評価4 評価5 評価 (評価を選択してください)
Loading...

この記事をSNSでシェア