「家を買うことは本当に得なのか?」それは建てる時期・条件・土地で決まる

「家を買うことは得か損か?」それは建てる時期・条件・土地で決まる「家を買うことは得か損か?」という話がよくあがります。どちらも得する部分、損する部分があるので一概にどちらの方が良いというのはなかなかはっきりした答えは出せませんが、今回は家を購入するということを前提に、その買いたいという気持ちの背中を少しでも押せればと思います。

単純に家を購入するといっても、内部の間取りやインテリアなどわくわくするようなことだけを考えていればいいわけではありません。家を購入するには、時期やお金の問題、場所など自分の人生を左右するような大きな決断をしなければなりません。「家を買うことは得か損か」の答えは、それらの自分の決断がひとつひとつ納得がいくかどうかで変わってきます。まずはどのようなことを決めなくてはならないのか一つずつみていきましょう。

アパートVS新築

アパートで特に困っていないから今のままでいいやという方が結構いらっしゃいます。実際アパートに払っている家賃が現在月々6万円で、家を買うためにローンを組もうと思ったら月々7万円になったので損してしまうと考えられている方は結構多いです。

本当にそうでしょうか?

アパートに払う金額と新築に支払う金額というものは同じものではありません。それはどういうことかといいますとアパートの家賃は将来そのお金がたまっていくことはありません。また、アパートの金額をいくら払ったからといって自分の物になることもありません…