夫の本音に目からウロコ…家事・育児がラクになるワークショップに夫婦で参加してみた!

夫婦のお悩み解決コラム

家事・育児に積極的な男性が増えてきました。でも、妻の立場から見ると、「ありがたいけど私がやってほしいことを分かってない」「言ったこと以外はやってくれない」なんて思うことありませんか? もしかすると、夫側も「こんなに頑張ってるのに妻は全然よろこんでくれない…」と不満をつのらせているかも。一度『本音』で話し合ってみるだけで、簡単に解決できるとしたら?

 

というわけで、理想の家事や育児のシェア、将来設計について夫婦で話し合うワークショップに夫婦で参加してきました! その名も「夫婦が本音で話せる魔法のシート◯◯家作戦会議」。

 

夫の本音に目からウロコ…家事・育児がラクになるワークショップに夫婦で参加してみた!

家事・育児についての満足度は夫婦での話し合いの頻度で決まる

夫の本音に目からウロコ…家事・育児がラクになるワークショップに夫婦で参加してみた!

生活経済ジャーナリスト・和泉昭子さん、NPO法人tadaima(タダイマ)!代表・三木智有さん

 

「◯◯家作戦会議」は、内閣府男女参画協議局が主催したワークショップ。16組の夫婦が参加していました。講師は生活経済ジャーナリスト・キャリアコンサルタントの和泉昭子さんと、NPO法人tadaima(タダイマ)!代表で家事シェア研究家の三木智有さん。

 

夫・妻、親、社会人――いろいろな顔をもっている私たち。その中で家族としての役割シェアをきちんと話し合うことで、充実した生活を送れるのだそう。でも、お互いに満足できる役割シェアってどういうことなのでしょうか?

 

NPO法人tadaimaのヒアリング調査によると、「5:5で家事分担ができていること」よりも、「家事に対する負担感を夫婦で共有できているか」で満足度が変わるそうです。つまり、家事についてよく話し合っている夫婦ほど満足度が高く、話し合いをしていない夫婦ほど不満度が高くなる傾向があるのです。

【第1部】ワークショップ「夫婦が本音で話せる魔法のシート◯◯家作戦会議」

いきなり家事分担を押し付け合っても不満がつのるだけ。まずは、ワークシートでお互いの本音を知り、モヤモヤを解消して、その夫婦の価値観に合った役割シェアを話し合いで導き出します。

Part.1  素直な気持ちを伝えてみよう

最初のテーマは、「自分の素直な気持ちを相手に伝えてみよう」

夫の本音に目からウロコ…家事・育児がラクになるワークショップに夫婦で参加してみた!

 

「本当はもっと◯◯に時間を使いたい」の◯◯の部分には、2人とも「もっと自分の時間がほしい」ということを記入。お互いの本心はなんとなく分かっていたけれど、こうやって言葉にして伝えると意外とスッキリ!

夫の本音に目からウロコ…家事・育児がラクになるワークショップに夫婦で参加してみた!

改めて書いてみることでお互いの理解が深まります。

Part.2  2人の今を再確認!

Part2は、時間グラフに「現在」と「理想」の時間の使いかたを記入。自分が理想とする時間の使いかたを実現するために、相手に「これをしてほしい!」とお願いします。

夫の本音に目からウロコ…家事・育児がラクになるワークショップに夫婦で参加してみた!

 

共働きで、家事も育児もそれなりに分担してやっているわが家のようなケースでは、自分の要望を一方的に伝えるのはちょっと気が引ける……。

 

ところが、このワークシートで、平日の帰宅が遅い夫が「もっと育児に関わる時間を増やしたい」と思っていることが分かりました。しかも「家事の時間が増えてもいい」とのこと! これは意外……あえて時間をとって話し合うことで夫の本音に気づくことができました。

Part.3 「家のこと」のシェアの仕方を考えよう

一番面白かったのがこのPart3。自分が負担に感じている家事を自由に書き込み、それぞれ自分と相手の負担度を記入して、負担を減らすためにはどうすればよいか一緒に考えます。例えば、毎日掃除をしているという家庭であれば、掃除の回数を減らすというのも1つの解決法です。

夫の本音に目からウロコ…家事・育児がラクになるワークショップに夫婦で参加してみた!

 

奥様が主に食事の用意をしているというご夫婦、奥様にとっては毎日食事を作るのはとても負担。でも実は、旦那様が料理に興味があるということを知って奥様はビックリ! これからは休日などに食事を作ってくれることに。

 

わが家の場合は夫がもっと子どもと過ごす時間を増やしたいと思っていることがわかったので、これからはさらに心置きなく育児を任せられそうです。

第2部 料理教室

旦那さんに食事づくりを任せるとすごく時間がかかるし、シンクが洗い物であふれかえるのが嫌――。そう、料理はいかに短時間で効率よくできるかも重要なポイントなんです。

 

第2部は、「男性でも帰ってからすぐ実践できる料理アイデア・レシピ体験」がテーマの料理教室。実際に旦那様におすすめレシピを作ってもらいます。奥さんはそばで見守ります。

夫の本音に目からウロコ…家事・育児がラクになるワークショップに夫婦で参加してみた!

江上料理学院の松井ゆみ先生

 

教えてもらったレシピは、これからの寒い季節にぴったりの「ポトフ」。ポイントは、冷蔵庫にある食材で、調味料も調理器具もほとんど使わず、短時間でできること。分量もおおよそでいいので、まさに男性向けのレシピ!

夫の本音に目からウロコ…家事・育児がラクになるワークショップに夫婦で参加してみた!

実際のポトフのレシピ

 

松井先生から一通り調理方法の説明を受け、いざ実践!!

夫の本音に目からウロコ…家事・育児がラクになるワークショップに夫婦で参加してみた!

パパの料理をそばで見守る娘

 

固い野菜から切ってどんどんお鍋に入れていきます。にんじんもジャガイモもよく洗えば皮付きのままでもOK。こうすれば、ボウルやピーラーを洗う手間や野菜くずを処理する手間も省けます。キャベツもざっくり2等分。レシピの材料以外にも、パプリカやきのこ類など冷蔵庫の中の余り物を適当に入れてもOK。

夫の本音に目からウロコ…家事・育児がラクになるワークショップに夫婦で参加してみた!

レシピが簡単だから料理中の会話も弾みます。

 

ポトフを煮ている間に、まな板や包丁を洗えばできあがったときにはキッチンがスッキリ。これなら、洗い物でキッチンがぐちゃぐちゃになるから旦那さんに料理してほしくない、という奥様にも喜んでもらえそうですね。

 

ポトフ完成〜!!

夫の本音に目からウロコ…家事・育児がラクになるワークショップに夫婦で参加してみた!

 

調理時間は約30分。野菜やお肉からいいダシがでているので、コンソメだけでもとってもおいしかったです。少食な娘もパクパク完食!

 

 

ワークショップに参加する前は「本音で話し合うだけで何が変わるの?」と半信半疑でしたが、自分の負担感を相手と共有して話し合うだけで気持ちが軽くなるんだとその効果を実感しました。今後は家事・育児について夫とざっくばらんに話し合って、家族全員がハッピーになれる理想の時間を使い方を考えていきたいと思います!

 

 

「夫婦が本音で話せる魔法のシート◯◯家作戦会議」

 

藤本美貴・オリラジ中田・鈴木おさむなど豪華講師陣によるトークショーを開催
「働く」と「子育て」のこれからを考えるWARCO!2016

この記事をSNSでシェア