写真の撮りかた講座 第9回

カメラのホワイトバランスってなに? 私だけの色を見つけよう! 

夫婦のお悩み解決コラム

日陰で咲いているきれいな花やオシャレなカフェで撮ったケーキの写真。できあがりを見て「あれ?何だか色が違う…」と感じたことはありませんか?

 

その理由はとてもシンプル、光のもつ色にあったのです。今回はその光の調節、カメラの「ホワイトバランス」について学んでみましょう!

ホワイトバランス 曇天+Aアンバー

 

ホワイトバランスとは? 全ての光には色がある

私たちのまわりにはたくさんの光があふれていますが、実は全ての光に固有の色があります。太陽光、曇天、蛍光灯、白熱灯、など…シチュエーションによって光の色は変わるので、カメラの設定もそれに合わせることが大切。

 

例えば、室内の白熱電球下ではオレンジ色、蛍光灯下ではグリーンかぶりをします。光の色を気にしないで撮影すると、写真が赤すぎたり青すぎたり、「色が違う」と感じる原因に。

ホワイトバランス・白熱電球

ホワイトバランス:白熱球灯

ホワイトバランスバランス・太陽光

ホワイトバランス:太陽光

ホワイトバランス・蛍光灯

ホワイトバランス:蛍光灯

 

人間の目は優れているので、どんな光源下でも白いものを白と認識できますが、カメラは違います。肉眼で見たときと同じように、白を白に写すための機能が「ホワイトバランス」。ホワイトバランスを使いこなして、思い通りの色を表現してみましょう!

まずは自分が見た色をそのまま再現しよう

それでは実際にホワイトバランスの設定をしてみましょう。デジタルカメラのメニュー(MENU)から「ホワイトバランス(WB)」を見つけてください。

 

次に、撮影する場所の光源を確認して光の種類を選んでみましょう。選べる光は以下のとおり。

・太陽光:晴れた日の屋外

・日陰:晴れた日の屋外の日陰

・曇り:曇りの日の屋外、又は日中の室内

・蛍光灯:蛍光灯の室内

・白熱電球:白熱電球の室内

(蛍光灯には「昼光色」「電球色」など、異なる色のものがあるのでご注意ください)

 

白熱電球 蛍光灯 太陽光 曇り 日陰。光を実際の色でイメージして覚えることで、光の色にあった設定ができるようになります。

ホワイトバランス・白熱電球+B

ホワイトバランス:白熱球灯+B

ホワイトバランス・曇天

ホワイトバランス:曇り

ホワイトバランスの微調整で、私だけの色を見つけてみよう!

ホワイトバランスの基本設定ができるようになったら、次は「私だけの色」を見つけてみましょう。「私だけの色」とは、撮影した時に自分が感じた被写体の色です。料理でいえばスパイス。「私らしさ」のスパイスを少し加えて、写真をもっと魅力的にしてみませんか?

 

カメラ機能にある「WB補正・微調整」を見て、メニュー(MENU)の中から「WB補正/BKT設定」の項目を探してください。機種によってはホワイトバランスの設定画面から見つかります。

 

グリーンG、アンバーA、マゼンダM、ブルーB、の座標が出てきます。マゼンタを強くしたければ、矢印をMに近づける、グリーンを強くしたければGに矢印を近づけるといったように調節します。

ホワイトバランス 晴天

ホワイトバランス:晴天

ホワイトバランス 曇天+Aアンバー

ホワイトバランス:晴天+A

 

マゼンダMやアンバーAを強くすると赤みのある暖かい写真になります。紅葉など赤を強調したい対象にも最適。青みを強くすると、少し幻想的な雰囲気に。水のある風景は清涼感が、夜景はクールな印象…と設定によって写真の雰囲気もがらりと変わります。

 

ぜひ自分の感じた色を写真で再現してみてください!

 

この記事をSNSでシェア