子どもの名前を考える

100年前と今、どちらがキュート? 女の子の人気の名前を比較してみた

夫婦のお悩み解決コラム

子どもが生まれるとき必ず考えなくてはならない「名前」。特に女の子の名前は重要ではないでしょうか。

 

というのも、女の子のほうが男の子よりも名前と本人のイメージを比べられることが多いように感じます。あんまり華美な名前をつけて名前負けしないか、地味な名前をつけすぎて本人の性格が暗くならないか…など親として心配は尽きません。

 

前回の男の子編に引き続き、今回は現在と50年前、100年前の各年代別で、女の子の人気の名前を比較してみます。

 

男の子編はこちら:

100年前と今、どちらがイケてる? 男の子の人気の名前を比較してみた

 

女の子の人気の名前TOP5:2014年〜2016年

2014年 

1位 陽菜 / 凛

3位 結菜 

4位 葵 

5位 結愛 

 

パッと見て「読みかたが難しい…!」と感じたのは私だけでしょうか。「陽菜」ちゃんは「はるな」ではなく「ひな」と読むそう。また「結」の一文字目をとって「ゆ」と読む使いかたが人気のようですね。

 

2015年 

1位 葵 

2位 陽菜 

3位 結衣 

4位 さくら 

5位 凛 

 

2014年には4位だった「葵」ちゃんの名前が上位になっています。植物の「葵」は可憐な花を咲かせ、花言葉も諸説ありますが「大望」や「気高い」といった意味。名前の響きが柔らかいことも人気の秘密かもしれません。ちなみに徳川家の紋所なので、出世しそうな名前でもあります。

 

2016年 

1位 葵 

2位 さくら 

3位 陽菜 

4位 凛 

5位 結菜 / 咲良 / 莉子 

 

「葵」ちゃんが変わらず人気のほか、上位を植物の名前が占めています。全体的に可愛らしい響きの名前が多いですね。

 

それでは次に、50年前に人気があった名前を見てみましょう。

 

女の子の人気の名前TOP5:1964年〜1966年(50年前)

1964年(昭和39年) 

1位 由美子 

2位 真由美 

3位 明美 

4位 久美子 

5位 恵子 

 

この時期は「美」「由」という漢字が人気です。また現在では一文字の名前が人気ですが、そういったものは見受けられません。

 

1965年(昭和40年) 

1位 明美 

2位 真由美 

3位 由美子 

4位 恵子 

5位 久美子 

 

「◯美」ちゃんか「◯子」ちゃんが王道パターンの様子。1964年と比べ順位の変動はあったものの、ランクインする名前は変わっていません。

 

1966年(昭和41年) 

1位 由美子 

2位 真由美 

3位 明美 

4位 智子 

5位 洋子 

 

「由美子」ちゃん強し!この時期の名前は「◯美」「◯子」が定型で◯の部分一文字を考えるのが一般的だったのかもしれないですね。いまより名前の考えかたがシンプルな気がします。

 

それでは次に100年前の名前です。

 

女の子の人気の名前TOP5:1914〜1916(100年前)

1914年 (大正3年) 

1位 静子 

2位 キヨ 

3位 千代子 

4位 ハル 

5位 きよ 

 

やはり古風な名前が並びます。ひらがなやカタカナの名前が混同しているのも時代の流れですね。

 

1915年(大正4年) 

1位 千代 

2位 千代子 

3位 文子 

4位 静子 

5位 キヨ 

 

「千代」はその漢字のとおり長い年月の意。長生きしてほしいという意味が込められているのかもしれません。

 

1916年(大正5年) 

1位 文子 

2位 千代子 

3位 千代 

4位 清子 

5位 キミ 

 

続いて大正5年。「キミちゃん」というの名前は現代から考えると一周回って新しい印象を受けますね。

 

このころの傾向としては、2文字の名前と「◯子」というパターンが多いようです。「◯子」に関しては明治時代後期、女性にもしっかりと名前をつけるようになった際、もともと貴族の名前であった「◯子」が大流行したと言われています。

 

おまけ:その前の年は..?

1912年(明治45年・大正元年) 

1位 千代 

2位 ハル 

3位 ハナ 

4位 正子 

5位 文子 

 

1913年(大正2年) 

1位 正子 

2位 千代 

3位 静子 

4位 キヨ 

5位 文子 

 

やはりでました!「正子」ちゃん。男の子の同様、名前を年号(大正)にあやかるのはこの時代の特徴ですね。

 

結論:昔の名前は現代から見ると逆に新しい

女の子の名前は男の子に比べ、書きかたであったり末尾の文字に時代や当時の流行が色濃く出ている印象を受けます。古風な名前の中にも「新しい」と感じる響きがあり、一周回って昔の名前が大流行…なんてこともありそうです。

 

ただキュートさでいえば、花の名前が使われていることから「現在」に軍配が上がるかもしれません。

 

「人の印象は第一印象で70%決まる」などと言いますが、第一印象の前に名前を見るとしたら名前は「第ゼロ印象」と言えるのではないでしょうか。

 

名前を見てこの人は「どんなひとだらうか」などと古典のように想像する男子が世の中にいることを考えると、可愛い自分の娘が幸せになれるような名前をつけてあげたいもの。娘の名前決めで悩まれているご夫婦の参考になれば幸いです。

 

男の子編はこちら

100年前と今、どちらがイケてる? 男の子の人気の名前を比較してみた

 

出典:

明治安田生命生まれ年別の名前調査