妻の怒りから身を守れ! 家庭内サバイバル術

夫婦喧嘩を丸くおさめる仲直り方法のポイントは「負けて勝つ」

恋人同士だったときはあんなに仲が良かったのに、結婚した途端に喧嘩が絶えないというのはよくある話ですよね。互いが譲らず、無視を決め込むという夫婦もちらほら。そもそも喧嘩になる原因はどこにあるのでしょう。仲直りの方法やコツは? 夫婦喧嘩について、ちょっと冷静になって考えてみましょう。

冷静になると見えてくる、些細だった夫婦喧嘩の原因

程度は異なるとしても、日常的に起こる夫婦喧嘩の原因は、他人からしてみれば「な~んだ、そんなこと?」の一言で片付けられる些細なことがほとんどです。自分でも冷静になって考えてみると、「なんであんなに熱くなってしまったんだろう」と恥ずかしくなるもの。

夫婦とはいえ、もともとは他人。育ってきた環境も考えかたも違って当然です。生活を共にするようになるとそれはより明確になり、その違いに気がついたとき相手の行動や言動を批判するかたちで喧嘩に発展するのではないでしょうか。

そうとわかれば、喧嘩の原因をもとから断つことで夫婦喧嘩は避けることができるはず。妻の性格をよく理解して、受け入れてみましょう。妻の言動を頭から批判するのではなく、まずは咀嚼してそのうえで冷静に「話し合う」ことが大切です。ちょっとした小言がやがて喧嘩に発展するのは「売り言葉に買い言葉」が原因の可能性が大! 妻がヒートアップしているときこそ冷静沈着に対応するのが、懐の深さの見せどころです。

 

仲直りの方法は「負けて勝つ」相手に逃げ道をつくってあげよう

夫婦喧嘩はそもそも「勝負」ではありません。でも、「謝ったら負け」と思ってはいませんか? 口を開くとまた口論になるから無視をするなんて余計にこじれるだけ。いやはや、なんとも面倒ですね。

仮に夫婦喧嘩を勝負ごととするなら、謝ったほうが勝者。対面的には「負け」になるかもしれませんが、謝ることで夫婦喧嘩は終焉を迎えるのですから、結果オーライというわけです。その喧嘩は離婚を考えるほど深刻なものか、謝らないことでこのままギスギスした生活を続けることを想像してみてください。仲の良い夫婦に戻れるのなら、謝ることぐらいどうってことはありません。

このとき、気をつけたいのが言いかたです。「はいはい、俺が悪かったよ」なんて物言いは火に油を注ぐようなもの。「悪いと思っていないのに謝らないでよ!」と、怒りを倍増させてしまいます。喧嘩というのは、批判されたうえに考えを押し付けられることで相手の怒りを買ってしまうもの。「さっきは言いすぎたし、俺も悪かった、ごめん!」のたった一言でささくれだった妻の心は冷静さを取り戻すはずです。妻から「わたしも悪かった……ごめんね」の言葉を引き出せてしまえばあなたの勝ちです。

妻だって仲直りの方法を探っているのは同じ。先に折れることで、妻に逃げ道をつくってあげるのが男の優しさだと割り切りましょう。

 

喧嘩は愛情の裏返し!?

夫婦喧嘩はできることなら避けたいものですが、お互いの感情をぶつけ合うのは悪いことだけではありません。大切に思っているからこそ、喧嘩は起こるのではないでしょうか。どうでもいい相手なら、面倒な喧嘩をしてまで理解してほしいとは思いませんよね。

大切なのは、同じ理由で喧嘩を繰り返さないこと。自分に非がある場合はそれを直し、改善していく努力が必要です。

そして当たり前のことですが、自分が悪いときは素直に謝ること。妻の言いかたにカチンとくることもあるでしょう。過去の喧嘩の原因を持ち出してくることもあるかもしれません。そこで逆ギレしては本末転倒。まずは怒っている理由を聞いて謝り、妻が謝罪を受け入れたところで冷静に自分が感じたことを話してみてください。仲直りの方法は冷静さを取り戻すことできっと見えてきますよ。

女性は、「愛されている、大切にされている」という思いに満たされていれば、穏やかな心でいることができます。満たされていない不安が喧嘩につながるのです。生産性のない夫婦喧嘩はつまらないだけ。早めに仲直りの方法を見つけて、平和な日々を取り戻しましょう!