夫が起こす家庭内IT革命のススメ

単身赴任で離婚危機!遠距離夫婦の3つのコミュニケーションツールとは

夫婦のお悩み解決コラム

家庭の事情で夫が単身赴任を余儀なくされるのは致し方ないこと。離れて暮らすと気になるのが「気持ちのすれ違いがおきてしまうのでは?」という不安です。そんな不安を解消するためには、離れていても夫婦でこまめにコミュニケーションをとることが大切。会えない時間が愛を育てる、便利なコミュニケーションツールをご紹介しましょう!

 

単身赴任が離婚のきっかけに!?

共働き夫婦や子どもの学校などの事情で、夫が単身赴任になることがあります。家族と離れて暮らすことは寂しいけれど、仕事を続ける以上は仕方がない。わかっているつもりでもいざ離れてみると、距離だけではなく心までも離れてしまうことがあります。その原因は「夫婦のすれ違い」。これまで毎日顔を合わせていたふたりが、離れることでコミュニケーション不足になってしまうことが大きな理由です。

コミュニケーションが不足すると些細なことが不安になり、やがて疑惑となってお互いを信じられなくなります。たとえば、いつもなら電話に出る時間なのに夫が何らかの事情で出られないとします。一緒に暮らしていたときは顔を合わせていたため、コミュニケーションが図れていましたが、会えないという事実は妻に「浮気」という疑念をもたらします。

ありもしないことに疑惑を抱いてしまうのが妻といういきもの。それだけ夫と離れていることが不安なのです。着信があったときはできるだけ早く連絡を取り、安心させてあげましょう。妻の不安を放置していると「もう耐えられない!」と不満が一気に爆発して、離婚なんて話にもなりかねません。

 

コミュニケーションツールで離れている相手を身近に感じよう

離れているからこそ、一緒に暮らしていた時以上にコミュニケーションを図ることが大切です。頻繁に会えなくても、相手を身近に感じられるコミュニケーションツールを使ってこれまで以上に密な関係を築いていきましょう。

1 Visit This Link. SNSやスマートフォンのアプリケーションを活用する

FacebookやTwitter、LINEなど、いまや誰もが手軽に楽しんでいるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。パーソナルな会話を楽しめるだけでなく、SNS上で夫婦がつながることで、友人たちと情報を共有することができます。ここでポイントになるのが、夫婦円満であることをアピールすること。妻に忍び寄る悪い虫も、夫婦の会話をみれば付け入る隙がないのがわかるというものです。

また一緒に暮らしているときは無意識にしていた会話も、あえてLINEやメールでするのもポイントです。「おはよう」「いってきます」「ただいま」「おかえり」など、なにげない一言を毎日のルーチンとして送ってみましょう。会えなくても相手をいつも気遣っている気持ちが伝わるはずです。文字を打つのが面倒な人は、スタンプだけでも気持ちは十分伝わりますよ。

2. オンラインカレンダーで予定を共有する

単身赴任で気になるのが、お互いの予定。そんなときに便利なのが、Googleなどが提供するオンライン上のカレンダーです。夫と妻、それぞれの予定を把握していれば、離れていてもどこでなにをしているかわかって安心できるというもの。「突然帰って妻を驚かせよう」と、内緒で赴任先から戻ってきたら妻が不在だった……といったトラブルも防げます。

子どもの習い事の発表会やスポーツの大会も、把握することで家族の距離はぐっと近づきます。予定がわかっていれば「がんばって」という励ましの言葉を送信することもできますし、休みの日を調整して応援に駆けつけることもできますね。

3. ビデオ通話で夫婦の時間を楽しむ

LINEやメールもいいけれど、顔を見て話したいというときもありますよね。そこでおすすめなのがskypeやFacebookメッセンジャーのビデオ通話です。パソコンやスマートフォン端末から繋げば、遠く離れた所で暮らす相手とも簡単に顔をみて会話することができます。

映像ならお互いの些細な変化も一目瞭然。髪型を変えたり、不摂生をして太ってしまっても奥さんにはわかってしまいます。「連絡なら電話やメールで十分」と思わないで、一週間に1回はビデオ通話で相手の顔をみておしゃべりを楽しみましょう。

 

夫婦の絆は単身赴任でより強くなる!

単身赴任先が離婚の引き金になる理由は、信頼関係が崩れることにあります。夫は慣れない赴任先で仕事と家事をこなし、妻はひとりで家事と子育てをしなければならないという状況が不満や疑念を生み、距離が生まれるのではないでしょうか。

家族のために、最良の選択として選んだ単身赴任。それが離婚のきっかけになるなんて、こんな悲しいことはありません。これまで築き上げてきた信頼関係を、お互いの存在に感謝することでさらに深めようではありませんか!

単身赴任が必ずしも離婚の原因になるとは限りません。しかし離れているからこそ、今まで以上に相手を思いやる気持ちが大切です。コミュニケーションツールを活用し、こまめに連絡を取ることで、離婚はきっと避けることができるはず。単身赴任を夫婦の絆を深めるきっかけにするくらいの強い気持ちをもちましょう!