夫婦の暮らしライフハック

正直大変な共働きの子育ては「がんばりすぎない」のがポイント

夫婦のお悩み解決コラム

いまや当たり前になりつつある「夫婦共働き」。妻が働くことで家計は大助かりですが、それと引き換えに課せられるのが「家事分担」です。当然、子育ても妻に任せっぱなしというわけにはいきません。そこで考えたいのがそれぞれの配分具合。共働き夫婦の家事と子育ての分担割合について考えてみましょう。

 

想像以上にハード? 夫婦共働きの子育て

いざ「家事分担をする」となっても最初は具体的に課せられるタスクがどれだけあるのかも不明瞭。まずは、家族のスケジュールと家事、子育ての内容を書き出してみましょう。

家事タスク

  • 食事作りと後片付け
  • 弁当づくり
  • 洗濯・掃除
  • 買い物

育児タスク

  • 幼稚園or保育園の送り迎え
  • 食事や着替えの世話
  • 遊び
  • 風呂
  • 寝かしつけ

ざっとあげただけでも、毎日かなりのタスク量があることがわかります。この間に仕事や自分の身支度、食事や家事をするとなると、仕事終わりの「ちょっと一杯」もこれまで通りというわけにはいきません。「想像するだけでしんどい」と頭を抱える前に、妻との家事・育児配分について考えてみましょう。

 

タスクは基本を決めつつ臨機応変にこなすべし!

自分が担当するゴミ出しや、皿洗いなどの家事や子どもの世話をしているときに、妻がリビングでゴロゴロしながらテレビを観ていたとします。いくら妻の担当ではないとはいえ、疲れて帰ってきたあとに家事や育児をしている自分から見ると少しイラッとしませんか? それは妻とて同じこと。共働きでの家事は、基本の配分を決めつつも夫婦が揃っているときはたとえ担当ではなくてもサポートすることが大切です。

また、分担を決めるときは「半分」にこだわりすぎないこともポイント。妻が時短労働中であれば出社、または帰宅の時間に余裕があるはず。子どもの送迎や食事の準備は妻、夫は夕食の後片付けといったように、それぞれのスケジュールに合わせて家事と育児を分担しましょう。配分が均等にならなくても、前述の「一緒にいるときはサポートする」というルールを守れば、お互いに損得勘定は生まれず「自分ばっかり!」と喧嘩にならないものです。

夫が子どもを風呂にいれている間、妻は洗濯、妻が子どもを寝かしている間は夫が翌朝用のお米を研いでタイマーをセットする……。些細なことに思えるかもしれませんが、大切なのは「ふたりで家事と子育てをする」という心がけです。担当タスクにこだわりすぎず、どちらかが忙しいときや、疲れているときは臨機応変に対応する柔軟さこそ、家庭円満の秘訣ではないでしょうか。

 

ときには手抜きもOK! がんばりすぎないことが家庭円満の秘訣

家事分担のなかでも、最も大変といえるのが育児です。忙しいときに限って子どもがぐずったり、食事を床に落としたりなんてことは日常茶飯事。小さいうちは保育園で風邪をもらい、しょっちゅう呼び出されるという洗礼も覚悟しばければなりません。

すべてに完璧を求めては、やがて大人のほうが参ってしまうというもの。ときには実家のサポートを受け、食事を作る時間がないときは、外食やレトルトのお惣菜に頼ったっていいんです! 家事負担を軽減するため、食洗機や掃除ロボット、全自動洗濯乾燥機などのハイスペック家電を利用するのも良いでしょう。

また、仕事終わりに声がかかる飲み会の誘い。すべてのお誘いを受けるわけにはいきませんが、普段から家事や子育てに協力的であれば、妻はきっと笑顔でOKしてくれるはず。その代わり、妻にもたまには羽根を伸ばす機会をあげることが大切です。

共働きの家事と育児は確かに大変です。自分のことは二の次になったり、諦めなくてはいけないこともあるかもしれません。でも、子どもはあっという間に大きくなります。子育てにイライラするより、夫婦で子どもの成長を一緒に楽しもうではありませんか! 「がんばりすぎない」を夫婦の合い言葉に、育児期間を乗り切ってくださいね。