夫婦の暮らしライフハック

妻に贈るホワイトデーお返し選びのネタ帳~面倒くさがりの全ての夫たちへ~

夫婦のお悩み解決コラム

結婚後も、バレンタインに妻からチョコレートや送りものをもらうのは嬉しいもの。しかしその一方で、世の中の夫の皆さんにはある気持ちが芽生えるのではないでしょうか。

それはずばり、「お返しが面倒くさい」。

なんとなくの毎年の恒例行事だからといってなんとなくバレンタインデーに妻からのチョコレートを渡された日には、「ありがとう!」と受け取ったものの「(嬉しいけど、お返ししないといけないのが面倒くさいYO!!)」と心の中で叫んでいる人も多いはず。

本記事ではそんな世の悩める面倒くさながりな夫達のために、脳みそを何も働かせなくてもホワイトデーを無事に乗り越えられるアイデアをまとめました。これを読めばどんなめんどくさがり夫でもホワイトデーの自動お返しマシーンと化すことができるでしょう。是非参考にしてみてください。


目次

1. 無駄なことは考えずにシンプルに

・とりあえずお菓子

・それなりにきちんとしたお菓子

・女性に喜ばれるメーカーの菓子

2. お菓子以外の贈り物

・お花

3. 体験の贈り物

2人で食事に行く

・妻に休暇を提供

4.心のこもったもの

・手紙で日頃の感謝をつたえる


 

1. 余分なことは考えずにシンプルに

とりあえず、事務的に終わらせたい人はこちらがおすすめ。

とりあえずお菓子

最近はホワイトデーになると、コンビニにもホワイトデー用のお菓子売り場が出現します。なかなか凝った包装のものも多いので、一番手軽にホワイトデーをやり過ごすにはこれで十分でしょう。大切なのはなによりお返しをしたという事実です。

ただ、妻が職場の人に義理チョコのお返しでもらっているものとかぶったりするケースがあるのが難点ですね。

向かうべき先:最寄りのコンビニの向かいに作られているホワイトデー売り場

それなりにきちんとしたお菓子

ホワイトデーのプレゼントの鉄板といえば、クッキーやキャンディー、マシュマロ、チョコレートなどのスイーツ。それなりにきちんとしたお菓子を送って無難にホワイトデーを乗り越えたいという人には最適な売り場さえ押さえておけば問題ありません。

とにかくなにも考えずに百貨店のデパ地下に向かい、適当に良さそうなお菓子を選定して購入しましょう。

向かうべき先:高島屋 伊勢丹 三越 松屋 松坂屋 大丸あたりの百貨店。デパ地下で売ってるものであればなんでもOK

女性に喜ばれるメーカーの菓子

女子が好きな有名なお菓子をおさえておけば「君のためにきちんと選んだ感」を演出することができます。本当は何も考えていなくても、とりあえずこの銘柄を押さえておけばそれっぽくなるというメーカーのお菓子を送ることで、妻の満足度を上げることができるでしょう。

銘柄としては、ゴディバ、ピエール・マルコリーニ、デルレイ(高級チョコであればダメ出し回避率100%)、リンツ(スイスの170年続く老舗ブランドである旨を連呼しましょう)、ガレー(「ベルギー王室御用達らしいよ」と10回以上唱えましょう)などのメーカーのお菓子であれば、間違いないでしょう。

向かうべき先:上記の各ショップやネットショップ。もしくはやはり百貨店の地下

 

2. お菓子以外の贈り物

バレンタインに少し手のこったプレゼントをもらってしまった場合、お返しもそれなりのものを送らなければいけません。そんなとき、手軽にサプライズを生み出す良い方法があります。

お花

お花は面倒くさがりな夫の記念日における強い味方です。ホワイトデーのお返しにお菓子や食事は鉄板なので、その不意をついてお花を贈りましょう。ウェブで注文するか花屋に寄って買ってくれば良いので、何も考えずに手軽に準備ができ、相手にサプライズで感動を提供することができます。

なお、お菓子以外の贈り物にはアクセサリーなども好まれるプレゼントですが、選ぶのに手間がかかったりコストがかかるわりにプレゼントしても気に入ってもらえないなどのリスクがあるので、面倒くさがりな人には向きません。

向かうべき先:日比谷花壇、花キューピット、青山フラワーマーケット、もしくは近所の花屋

 

3. 体験の贈り物

子どもがいる場合や、普段家事などをやってくれている妻に喜ばれる贈り物もおすすめです。

2人で食事に行く

たまにはふたりきりの食事などもプレゼントしてみましょう。子どもがいる場合には子どもたちを祖父母などに預けられるように根回しします。普段、なかなかふたりきりになれない夫婦には気の利いたプレゼントになることでしょう。

食事の際に大事なのは雰囲気の良さそうなお店を確保すること。お店の選定では楽をするために食べログかぐるなびで『記念日』と検索してお店候補を選びましょう。もしくはGoogle検索で「ホワイトデー  レストラン」と探しても良いと思います。

できるだけ近場の良いお店を選ぶと手間もかからず、妻の満足度を上げることができます。このお返しであれば妻だけでなく自分も楽しむことができる点もポイントです。

向かうべき先:食べログorぐるなびで『記念日』検索するか、google検索で「ホワイトデー  レストラン」で探した良さそうなお店

妻に休暇を提供

たまには妻が出かけたいところに行けるように、ホワイトデーのプレゼントとして家事や子どもの世話を1日買って出ましょう。お金もかからず、プレゼントを買い忘れた場合にも提供できるのでプレゼントを買いに行くことすら面倒な夫にはおすすめです。

これは子どもが親に送る「肩たたき券」と同じ原理。「1日休暇券」のようなかたちで紙に買いて渡してみましょう。プレゼントとしてもありきたりではないためいつものお菓子より喜ばれるかもしれません。

向かうべき先:なし(場合によってはその日の夕飯の買い物)

 

4. 心のこもったもの

金額をかけるが全てではありません。気持ちがこもっていれば、コストをかけなていないささいな物でも素敵なプレゼントになります。

手紙で日頃の感謝をつたえる

手紙などで日頃の感謝を伝えましょう。かかるコストとしては紙代のみです。

手紙だけだと少し味気ないので、チロルチョコなど気軽なお菓子を一緒にプレゼントするのはいかがでしょうか。手紙を添えるだけで何気ないお菓子が素敵なプレゼントになるはずです。

向かうべき先:近所のコンビニなどで、ちょっとしたお菓子を買ってきましょう

ホワイトデーのお返しは面倒くさいことはたしかなのですが、べつに妻をないがしろにしたいわけではないんです。妻の気持ちには応えたいものの、毎回毎回それに時間を費やしていては疲れてしまいますよね。

気軽な方法でもできるだけ思いのこもったお返しを考え、妻との関係を手間をかけすぎずに維持していくことは、夫婦生活をよりよいものにして行くための知恵のひとつではないでしょうか。

 

「夜の夫婦生活」事情をデータで見てみた。みんな言わないけど本当はどうなの?

2013年に結果報告が発表された「『ジェクス』ジャパン・セックス・サーベイ」。
そのレポートをもとに20代・30代の夫婦にフォーカスして本当の夜の夫婦生活事情を探ってみました。

夫にこそ知って欲しい! 妊娠中に妻がイライラしやすい4つの理由

妻が妊娠してから妊娠前より何かと突っかかってきて夫婦ゲンカが絶えない…。
女性は妊娠中にイライラしたり情緒不安定、攻撃的になってしまう理由があります。