共働き子育て探求

【保存版】子育てに悩んだときに相談したい場所まとめ

夫婦のお悩み解決コラム

子育てに悩みは尽きないもの。「これって大丈夫かな」「うちの子だけなの?」など、ささいなことから大きな心配ごとまで、気になることは無数にあります。そんなときはひとりで抱え込まずに相談を。公的なものから企業が運営する相談室まで、窓口はたくさんあるんですよ!

 

自治体など公的機関の相談窓口

まず考えたいのが、市町村など公的な場所によって運営されている相談窓口。これらは子育てを広くサポートしてくれる存在です。無料で利用でき、母体がしっかりしている安心感がある窓口といえるでしょう。

1. 自治体の子育て支援課など

市役所や区役所に設置されている子育て支援課。直接的に悩みを解決するというよりは、公的サービスとして利用できるのは何かを幅広く教えてくれる存在です。「子育てで困っているけれど、どこに聞けばいいかわからない」場合、まず相談してみてはいかがでしょう。

2. 子育て支援センター、児童館など

子育て支援センター、児童館、公民館の一部では、定期的に小さな子どもの集う会が開催されています。日常的な育児の悩みや、気になっていることをざっくばらんに話しやすい場です。小さな息抜きから大きな困りごとまで、まずは気軽に話してみては。

3. 発達相談窓口、発達支援センター

自治体によっては、子どもの発達や成長についての悩みを相談できる窓口が設けられています。日常生活での困り感や発達に関する不安がある場合に相談できますので、まずは「地域名+発達相談」「地域名+発達支援」などのキーワードで検索してみましょう。

 

通っている幼稚園や保育園、医療機関

普段お世話になっている幼稚園や保育園、医療機関も、悩みの内容によっては相談先としておすすめ。多くの子どもを見ている場所ですから、専門に合わせたアプローチで助言がもらえるでしょう。

1. 保育園、幼稚園(一時保育や園庭開放)

保育園や幼稚園に通っているなら、実際に悩みを話しながら園でのお子さんの様子を聞いてみてはいかがでしょう。多くの子どもを預かる場所であるため、悩みに対するアプローチも多彩です。まだ通園していない場合でも、一時保育や園庭開放などの機会もありますので、上手に活用を。

2. かかりつけ医、定期検診

子どもの成長や健康で気になることがある場合、かかりつけ医に聞いてみるのも大切です。小さな悩みごとなら、風邪で受診したときや予防接種の際に「合わせて聞きたいのですが」とひとこと添えて相談してみるのがおすすめです。

3. 小児救急電話相談(#8000)

休日や夜間に健康に関することで急ぎ相談したいなら、小児救急電話相談へ。全国統一の番号#8000をプッシュすると、自動的にお住まいの都道府県の相談窓口へ転送されます。
※夜間・休日でない場合は、まずはかかりつけ医へ連絡しましょう。

 

社会福祉法人、NPO法人、企業の運営する相談窓口

公的な場所以外にも、実は子育てに対する相談窓口はたくさんあります。ここでご紹介するのは一部ですが、NPO法人や地域のサークル、百貨店やショッピングモールの主催する育児相談室など、相談窓口はさまざまな場所にあります。

1. 子育てホットライン「ママさん110番」

TEL:03-3222-2120
社会福祉法人日本保育教会が運営している相談ダイヤル。子育てに関わることなら何でも電話相談できます。

2. エンゼル110番

TEL:0800-5555-110
URL:http://www.angel110.jp/
森永乳業が運営する育児に関する無料電話相談窓口で、小学校入学前までの育児に関する相談が対象。発達・発育のことから、しつけなど子どもの関わりかたまで、さまざまな育児に対する悩みを相談できます。

3. 育児ママ相談室

URL:https://pigeon.info/soudan/
ピジョンの運営する育児相談のインターネット掲示板(会員登録が必要)。育児に関する悩みを投稿すると、同じ会員が回答を書き込む形となっています。

4. 赤ちゃん相談室

TEL:0570-025-192
URL:https://www.meiji.co.jp/baby/club/category/deals/deals119.html
明治乳業の運営する電話相談室。0か月から3歳までの赤ちゃんがいる人向けに、栄養士の資格をもった相談員が相談に乗ってくれます。発育や赤ちゃんの食事に関してお悩みがある人には便利です。

5. 栄養相談会

URL:http://www.akachan.jp/event/eiyou.html
アカチャンホンポの運営する相談会で、離乳食の進めかたや栄養に関する相談ができます。アカチャンホンポではこのほかバースデーや撮影会イベントなどもやっていますので、お近くの店舗のページをチェックしてみては。

 

最後に、忘れてはいけないのが身近なママ友達や両親、そして夫の存在。子どもを間近で見ているぶん、より親身になってくれたり、実質的な手助けをしてもらえたりする場合もあります。さまざまな電話窓口で相談するのも良いのですが、身近な人に普段から悩みを聞いてもらえることは心の支えにもなるでしょう。

子育ては、誰もが初めての体験。ときには、同じ悩みをいろんなところに相談しても大丈夫。気になるなら、同じことを何度聞いても良いんです。相談する場所によって専門は異なりますので、それぞれで違った角度のアドバイスがもらえるかもしれません。ひとりで抱え込まずにあちこちに相談してみてくださいね。