夫婦の暮らしライフハック

【保存版】夫婦喧嘩の仲直りをするための5つの方法

本当は仲良くしたいのに、なぜかいつも些細な言い争いが発展して喧嘩になってしまう……そんな悩みを持つ夫婦も多いのではないのでしょうか。一度喧嘩してしまうと仲直りまで時間がかかりますし、その間家庭内の雰囲気も悪くなってしまいますよね。

仲直りにもうまくいく方法やコツがあります。知っているのと知らないのでは大違い! 夫婦喧嘩が起きてしまったときの仲直りの方法と、日頃からできる予防策をご紹介します。


目次

今すぐ仲直りしたい!
・仲直りするための5の方法
・仲直りするための3ステップ

そもそも喧嘩を減らすにはどうしたらいいの?
・正しさは問題じゃないことを理解する
・相手を褒めることで日頃からよい信頼関係を保つ


 

今すぐ仲直りしたい!

基本の仲直り方法5つ

1. お互い考えかたが違うなら、夫婦で話し合い結論を出す

夫婦といえどもともとは他人同士ですから、お互いの価値観が全く同じにならないのは当たり前。長い夫婦生活の中では考えかたの違いから喧嘩になってしまうこともあります。

そんな時は夫婦で納得いくまで話し合い、結論を出しましょう。うやむやにすると結局また同じことが原因で喧嘩になってしまうことも。

2. 自分が悪いときは、誠実に心から謝罪する

明らかに自分が悪いときには心から謝るのが大切です。そうすればきっとパートナーも許してくれるはず。先延ばしにしているとどんどん謝りにくくなってしまいませんか? そうなる前に謝ってしまいましょう。

3. ささいなことは、笑って流して日常へ戻る

喧嘩のあと落ち着いて考えてみると、本当にささいなことがけんかの原因だった……なんてこともあると思います。しかしあとから考えても文字通り後の祭り。お互いに些細なことは笑って許せるような意識を持っておくと良いですよ。

4. 夫婦で食事をする、デザートを食べるなど共通の時間を持って距離を縮める

夫婦に限らずお互いのことをよく知らない相手は、何を考えているのかわからなくて些細なことでイライラしてしまうこともあるかと思います。逆に相手のことをよく知っていれば、つまらないことが原因で喧嘩してしまうことも少なくなるでしょう。「夫婦になったのに今更……」と思わず共通の時間を持ち続けることが大切です。

5. 手紙やメールなどで落ち着いて気持ちを伝える

お互いヒートアップしてしまうと本当は思ってないことでも口にしてしまうこともありますよね。そんなときは一度冷静になって相手に伝えたいことを文面にしてみましょう。伝わりやすくなりますし、自分の中での整理もつくのでより冷静になって考えられる可能性大です。

基本の仲直り方法として挙げられるのは、上記のようなものでしょうか。どんな喧嘩でも必ず理由が存在します。喧嘩の原因から「今取るべき行動」を考え、かたくなにならずに実行すれば、おのずと仲直りはできるはずです。

仲直りするための3ステップ

ステップ1. まずは頭を冷やす

夫婦喧嘩をすると、お互いの主張がぶつかりあっていくうちにカッとなって冷静な判断ができなくなっているケースがほとんど。そうして相手に心ない言葉を投げかけてしまったり、相手への否定や自分の主張を強く押し出しすぎたりしてしまい、ヒートアップしてしまいます。

夫婦喧嘩解決のためには、まずは冷静な判断ができなくなっている状況を落ち着けること。正常な思考ができる感情の状態に戻してあげることが第一歩となります。

ステップ2. 現在の夫婦喧嘩を分析する

冷静になったところで、現在の夫婦喧嘩を分析してみます。分析といっても大げさなものではなく、“今回の喧嘩がなぜ起こったか”ということを考えてみましょう。大切なのは、相手の目線で考えてみること。

喧嘩の際には大体がお互いに「自分が正しい」「相手がまちがっている」と考えてしまいがちです。相手の視点に立って喧嘩の内容について考えてみると、「自分はこう主張していたけど、たしかに自分が相手だったらこう考えたかもしれない」とった共感がしやすくなります。そこから、相手への和解点もイメージできるようになるでしょう。

ステップ3. 謝罪と和解~仲直りするための謝りかた~

冷静になり、喧嘩の要因や自分のほうから謝罪するポイントが明確になったところで、相手にその気持ちを伝えてみましょう。

夫婦喧嘩を解消し仲直りへと導く謝りかたをいくつか挙げてみます。
・プレゼントで和解のきっかけを作る
・LINEやメールで謝る
・手紙で謝る
・素直に謝る

喧嘩の際にはお互い冷静さを欠いていたこともあり、すぐに謝罪や歩み寄りができないのも実際のところよくあること。喧嘩の内容で和解の難易度も変わりますので、うまく使い分けてみてくださいね。

 

そもそも喧嘩を減らすにはどうしたらいいの?

正しさは問題じゃないことを理解する

喧嘩の様子を振り返ってみると、お互いに自分の正論を言い合うという夫婦が多いのではないでしょうか。夫婦喧嘩がこじれる主な原因は、この”正論”にあります。「何が正しいか」「どちらが正しいか」は実はさほど問題ではないのです。

人の数だけ正論はある

夫婦が互いの中での正論を言い合ったとしても、価値観が真逆であればただの”言い合い”になってしまうことも少なくありません。「人の数だけ正論の数もある」ということをきちんと理解し、ただの”言い合い”にならないようにすることが大切です。

相手の背景を理解するための対話が大切

大切なのはどちらが正しいかではなく、お互いのことを知ること。お互いに正論をぶつけあう前にその相手がなぜそれを正論として主張しているか、どういう価値観の上でそれを主張しているかを理解しなくてはいけません。

相手にとっての価値観やペース、タイミングなどをお互いに話し合い理解することで、相手の言っていることがたしかに正論だと感じられることもあるでしょう。逆にこちらの正論だと思っていることが相手に受け入れられない理由が理解できるかもしれません。

相手を褒めることで日頃からよい信頼関係を保つ

心理学では「褒めて期待をすると、相手は期待されたことを意識し、その期待に応えようとして成果に近づく傾向がある」という効果が確認されています。「褒める」ことで相手とのコミュニケーションを円滑にすることができるかもしれません。パートナーとのよい信頼関係を日頃から築いておくことは、夫婦喧嘩を減らすことにもつながりますから、おすすめですよ。

 

犬も食わぬ夫婦喧嘩 仲直りの方法は「負けて勝つ」!?
夫婦喧嘩はそもそも「勝負」ではありません。しかしながら、夫婦での喧嘩の際、「謝ったら負け」と思ってはいませんか? 夫婦喧嘩の仲直りの方法として「負けて勝つ」方法について考えてみます。

こんなケンカならしてもいいよ。夫婦げんかを見る子どもの気持ち
ケンカ中は頭に血がのぼり、子どもの気持ちまでは考えられませんよね。あとで「もう子どもの前でケンカしない」と反省しても、またケンカしてしまうものです。

実は夫婦喧嘩は絶対してはいけない、というものでもありません。では、どうしたらよいのでしょうか。

夫婦喧嘩を悪化させない3つの方法
喧嘩をしてしまうことは仕方ない面もありますが、できれば穏便に終わらせたい夫婦喧嘩。

そこで夫婦喧嘩の主な原因である、「態度」「お金」「姑」の3つについて考えてみます。