夫婦の暮らしライフハック

幼稚園と保育園どっちを選ぶ? メリットデメリット完全まとめ

夫婦のお悩み解決コラム

子どもを幼稚園に入れるべきか、それとも保育園に入れるべきか……。夫婦にとっては大きな悩みどころですよね。それぞれの施設の目的やメリット・デメリットを比較し、夫婦にとっても子どもにとってもベストな環境を選びましょう。

 

幼稚園と保育園の違いとは

幼稚園と保育園の違いは、まず行政の管轄で分けられています。

幼稚園

文部科学省が管轄する教育施設。就学前に必要な文字の読み書きなどを教えます。

保育園

厚生労働省が管轄する福祉施設。保護者の事情で日中子どもを見ることができない家庭のために設けられています。

このように、幼稚園は「教育」、保育園は「保育」をそれぞれの目的としているため、その性質は大きく異なります。なかでも大きな違いとしてあげられるのが「対象年齢」。幼稚園は3歳になった春から小学校入学まで(3年保育の場合)、保育園は0歳から小学校入学前というのが一般的です。

保育園は「親が仕事や病気などの都合で子どもを長時間預けなければならない」といった際に利用することになり、両親が仕事に就いていないと入園の許可が下りない場合がほとんど。それに対し幼稚園は、決められた年齢になれば誰でも入園することできます。

家庭の生活環境によって、幼稚園と保育園どちらを選択するかが第一のステップとなるでしょう。

 

幼稚園のメリット・デメリット

どちらに通わせるか検討するにあたり、幼稚園と保育園のメリットとデメリットについて考えてみましょう。まずは幼稚園から。

メリット

  • 就学前に読み書きや規律を身につけることができる
    教育機関である幼稚園では、文字の読み書きを習得することができます。最近では英語やダンスなどユニークな幼児教育を行なっているところも増えています。
  • 親子の時間を長く過ごすことができる
    幼稚園のお迎えは多くの場合14〜15時頃。お迎えの時間が早い分、帰りに公園に寄って遊んだり、親子でお買い物を楽しんだりすることも可能。小学校受験を考えているなら、その足で習い事に通わせることもできますね。

幼稚園と保育園どっちを選ぶ? メリットデメリット完全まとめ

デメリット

  • 長時間預けることができない
    フルタイムで働く夫婦にとって、ネックになるのがお迎えの時間です。幼稚園を選択した場合、お迎えには誰が行くかをよく検討しなければなりません。また夏休みや冬休みといった長期休暇があるため、その間の預け先についても考える必要があります。
  • 費用が割高
    幼稚園は公立と私立があります。公立は各家庭の収入によって金額が決められていますが、私立は一律となるため保育園に比べて割高になる傾向に。平均すると入園金として10万円前後、月々3〜6万円というのが一般的なようです。有名私立幼稚園になると、さらに金額は上がります。

 

保育園のメリット・デメリット

次に保育園のメリットとデメリットについて挙げていきます。

メリット

  • 長時間預けることができる
    保育園の保育時間は、1日の平均が8時間となります。フルタイムで働く夫婦にとってこれはかなりのメリットになりますね。また0歳から預けることができるので、産休後すぐに復職できるという点も大きな特長です。
  • 基本的な生活習慣を身につけることができる
    両親に変わって保育をする保育園では、トイレトレーニングや歯磨き、食事のマナーなどを身につけさせてくれます。小さいうちから友だちや先生と長時間過ごすため社交性が身につくという面もあります。

デメリット

  • 学習的な側面はあまり期待できない
    保育園の目的は「保育」であり、幼稚園のような教育機関ではありません。基本的には読み書きなどを教えることはしないため、家庭でサポートする必要があります。
  • 病気をもらってきやすい
    免疫が弱いうちから集団生活に入るため、病気をもらってきやすいというデメリットも。特に入園した最初の1年は体調を崩しやすく、呼び出しが多くなることを覚悟しておきましょう。

 

最近では、幼稚園でも共働き夫婦のために延長保育の時間を設けたり、保育園でも文字の読み書きを教えたりするところが増えてきているようです。夫婦の仕事の状況や家庭の教育方針などによって、どちらに通うことが一番良いのか、よく話し合ってみてくださいね。