価値観の違いをうまく乗り越えて、夫婦仲を円満に保つには?

夫婦のお悩み解決コラム

価値観の違いから、夫婦喧嘩に発展してしまったことはありませんか? 夫婦といえども別の人間なので、価値観も100%同じではありませんよね。

同じ家庭環境を持つ兄弟姉妹でも、持って生まれた性格や性別、親との関係、学校・職場などの人間関係から異なる価値観が形成されていきます。まったく違う家庭・環境で育った夫婦の価値観が違うのは、当然のこと。価値観の違いをうまく乗り越えて夫婦仲を円満に保つには、どうしたら良いのでしょうか。

 

夫婦の価値観の違いに対する悩み

ただの恋人同士だった2人が夫婦として一緒に暮らし始めると、今までわからなかった相手の考えかたや生活習慣・嗜好が見えてきます。それで喧嘩になることもありますが、小さい喧嘩ならほとんどの夫婦が経験済みのはず。でも、相手を受け入れにくくなるほど価値観の違いが大きいと「価値観が合わない」という状態になってしまいます。

仕事、家事、育児・教育、金銭感覚、休日の過ごしかた、互いの実家・親戚との関係、友人や他の異性との付き合いなど……夫婦の間には、さまざまな価値観の違いがあります。しかし恋人と違って簡単に別れるのは難しいことから、多くの夫婦が価値観の違いに悩んでしまうんです。

また、一緒にいる時間が長いほど「自分がいちいち言わなくても、相手はわかってくれる」と考えてしまうようになりませんか? 普段から以心伝心できていると思い込んで話し合いの機会が減ると、ふとしたきっかけで価値観の違いに気付いて驚くことも。

 

価値観が違うことで喧嘩してしまったら?

まず冷静になって、お互いの意見を交換する

「自分は正しい、あなたが間違っている」と感情をぶつけ合うだけでは何も解決しませんし、お互いにヒートアップするばかりです。

まずは冷静になって、お互いの意見を交換しましょう。このとき「世間では○○が当たり前」などと決め付けたり、相手の話を遮って言い負かそうとしたりするのはNG。冷静になるのが難しければ、しばらく時間を置いてクールダウンするのがおすすめです。どうしても感情的になってしまう場合は手紙などで伝えるのも手です。

どちらが正しいかは少し忘れて、一旦相手の意見を丸ごと受け入れてから次のステップに進みます。

お互いの意見をすり合わせる

相手の意見をきちんと理解すれば、「自分が譲れること・譲れないこと」「現在できること・できないこと」を整理しやすくなります。話し合いによって自分が知らなかった事実に気づくこともありますよね。

それらをもとにして、お互いに意見のすり合わせを行いましょう。夫婦のどちらか一方ばかりが譲歩するのではなく、できる限り平等に歩み寄るようにするのが夫婦円満のコツ。

どうしても歩み寄れない場合

喧嘩の内容によっては、どうしても歩み寄りが難しい場合もあります。夫婦だけで解決しきれない場合は、第三者に間に入ってもらうことも考えてはいかがでしょうか。その際、両親・義両親や夫(妻)の友人などはあまりおすすめできません。夫婦のどちらか一方と関係が深い人だと、意見が偏って問題がこじれてしまうことも。中立の立場で意見できる共通の知人や、夫婦問題に詳しいカウンセラーなどにお願いしましょう。

 

価値観が違う夫婦が仲良く過ごすには

価値観の違いをうまく乗り越えて、夫婦仲を円満に保つには?

相手の短所ばかりにとらわれず、長所にも目を向ける

夫婦といえども価値観は違って当然ということをしっかり心に刻み、相手の短所ばかりでなく好きなところ・尊敬できるところにも注目しましょう。長所・短所をひっくるめて相手をまるごと受け入れれば、夫婦生活がより穏やかになるはず。価値観の違いを受け入れることで自分自身の器も大きくなりますよ。

夫と妻、片方ばかりが我慢しない

どちらか一方ばかりが我慢している夫婦は、見た目には平和かもしれません。しかし、いくら温厚な人でも不満が溜まりすぎるといつか爆発してしまいます。そうなると、最悪の場合家庭崩壊してしまうかもしれません。

たとえば妻が我慢することが多いなら、夫は自分の意見ばかり押しつけずに妻の意見も積極的に聞くよう心がけること。妻もただ我慢するばかりでなく、積極的に自分の意見を夫に伝えましょう。不満を溜め込んでから大爆発するより、こまめに話し合うほうがストレスを溜めにくいですよ。

価値観が違うからこそ、面白いこともある

相手の影響で新しい価値観や趣味を見つけられるのも、夫婦の醍醐味のひとつです。実際に、価値観が正反対だからこそうまくいっている夫婦もたくさんいます。

いくら仲のいい夫婦でも生い立ちや育った環境が違うので、ある程度の価値観の違いはあって当然です。価値観の違いを乗り越えて夫婦仲を円満に保つには、意見の押し付けや我慢ばかりせずしっかり話し合うこと、そして相手の短所だけでなく長所にも注目することが大切。価値観の違いをプラスに捉えて相手との関係性を作っていくことが、夫婦円満のコツですよ。

この記事をSNSでシェア