夜の夫婦生活について考える

セックスレスのとき、夫は何を考えているのか……夫の本音とは

「夫から誘われない」「それとなく誘ってもかわされてしまう」妻を悩ませるセックスレスの原因とは何でしょうか。現代の日本においてセックスレス夫婦は決して珍しくはありません。でも、いざ当事者となってみるとそう簡単に割り切れるものではないですよね。果たしてセックスレス状態のとき夫はなにを考えているのでしょうか。データと夫のリアルな声、両面から検証してみました。

 

データから見るセックスレスの理由

決して仲が悪いわけではない、でもセックスレス。そんな夫婦が意外なほど多いのが、現代の日本です。まずはデータからセックスレスの理由を見てみましょう。

男性からみたセックスレスの理由

1位:仕事で疲れている 16.7%
2位:出産後何となく 12.5%
3位:面倒くさい 8.3%
3位:相手がいない 8.3%
5位:勃起障害(ED)に対する不安がある 4.2%
5位:妊娠することへの不安が強い 4.2%
5位:セックスより趣味など楽しいことがある 4.2%

このランキングは、2013年に発表された日本人の性行動の実態を調べた調査「『ジェクス』ジャパン・セックス・サーベイ」による、20~34歳男性の回答結果。疲れている、出産後何となく……といった、セックスレスの理由として「思い当たりやすい」ものが上位に入っています。

 

リアルな声から見るセックスレスの理由

セックスは本来、非常にパーソナルなもの。データで「こんな理由が多い」と知ることができても、自分の夫の「理由」には当てはまらないかもしれません。続いてご紹介するのは、筆者が実際に聞いたことのある「セックスレスの理由」。「これ、うちのことかもしれない」そんな風に思い当たることはありませんか?

「プライドが傷ついたから、もうしない」

妻のほうが恋愛上級者、というある夫婦。結婚初期に、妻がセックスについて注文をつけるような言動を取ってしまい、それが夫のプライドを傷つけてしまったのだそう。年数が経つごとに夫婦のセックスは減っていき、妻がその理由を聞いたところ「どうせ下手だから」と言われてしまったといいます。一度傷つくと簡単にもとには戻らない……それが男性のプライドなのかもしれません。

「うまくいかなかったら、という恐怖」

恋愛のときの「勢いで盛り上がる」夜とは異なり、「最後までできるのか?」という懸念も次第に出てくるのが夫婦生活。ある男性の友人が率直に語っていたのが「自分がイケるのか、妻が濡れるのかっていう心配がある」。気持ちだけではどうしようもない、そんな体への不安からなんとなくセックスレスになってしまうというケースも。

「かかる時間や体力と、価値を比べて」

「セックスは時間も体力も使う。妻のことは好きだけど、時間や体力をかけてまでする気になるかと言うと……」と語った男性がいます。人間としての価値は十分に感じていて、実際に仲良し。でも、異性として「そういうことをする価値」というとまた別。そんな男性の本音が見える意見ではないでしょうか。

「妻には欲情しない、他に相手がいる」

悲しい意見ですが、結婚生活を送るうちに相手への異性としての興味が薄れてしまう場合も。そればかりか「パートナー以外と経験がある」という男性も少なくないのです。相手が「その気になれない」ときに無理に誘うのは逆効果。まずは自分の異性としての魅力や、夫との距離感(家族として近づきすぎていないか?)について考えてみるのもひとつかもしれません。

セックスレスのとき、夫は何を考えているのか……夫の本音とは

セックスレスはデリケートな問題。「夫が何を考えているか」は気になるところですが、それをストレートに聞くことは必ずしも得策ではなく、場合によっては相手を追いつめてしまうことも。

夫の様子や会話の内容、これまでのセックスから、理由を推測してひとつずつ試してみる……まずは、そんなところから始めてみてはいかがでしょう。