出産準備と新生児のあれこれ

新生児のしゃっくりが心配…しゃっくりはどうして起こる?

新生児の育児中はどんなことでも心配になってしまうもの。些細な我が子の表情の変化にもに一喜一憂してしまいませんか? しゃっくりもそのひとつ。まだまだ小さな新生児が体を大きくびくつかせて、しゃっくりを繰り返す様子はママにとって心が痛いものです。そもそもしゃっくりはなぜ起きるのでしょうか。

 

そもそもなぜ人はしゃっくりをするの?

しゃっくりの止めかたとして、こんな経験はありませんか? たとえば「他人に驚かせてもらう」「コップの水を一息で飲み干す」「息を止める」などなど。でも、どれも新生児ができるものではなく、確実に効果があるとはいえない方法ばかり。しゃっくりは突然起こり、気が付いたら止まっている……、誰にとってもそういうものではないでしょうか。

人間には胸腔と腹腔を分ける部分に、薄いドーム状の筋肉“横隔膜”があります。その横隔膜が痙攣すると、声帯の筋肉がつられて収縮するのです。その狭くなった声帯を息が通るときに「ひっく!」「しゃっく!」といった引きつった声が出てしまう、これが「しゃっくり」のメカニズム。一定間隔で連続して起きたり、それが長く続くこともまれにあります。新生児にしゃっくりが多いのは、細かな体温の変化、おっぱいやミルクをたびたび飲むことで胃や食道の収縮が頻繁に起こることからといわれています。

 

新生児のしゃっくりも自然におさまるもの

新生児のしゃっくりが心配…しゃっくりはどうして起こる?

しゃっくりのほとんどは特に理由もなく発生し、自然におさまっていくもの。それは大人も新生児も同じです。小さな赤ちゃんが苦しそうにしゃっくりをしているとママは不安になりますが、大丈夫! 新生児が成長する過程で横隔膜も強くなり声帯も発達していきますので、全身を震わせて繰り返すしゃっくりも少なくなっていきます。

新生児のしゃっくりは成長の過程で起きることなので、そのほとんどは気にすることはありません。新生児本人も苦しそうにしゃっくりをしますが、しばらくするとケロッとしていることが多いです。

ただあまりにもしゃっくりが長時間続く、気管支のトラブルが気になる場合は医療機関を受診するようにしましょう。