はじめての夏用ベビー服 選びかたのコツとおすすめのお店

夫婦のお悩み解決コラム

はじめての夏を迎える赤ちゃんには、どんなベビー服を着せればのか悩みませんか? 今回は夏用ベビー服の素材や選びかた、準備したい枚数などについてご紹介します。新米パパ・ママはもちろん、赤ちゃんへの夏ギフトにお悩みのかたも必見です!

夏用ベビー服ってどんなもの?

夏用ベビー服は、綿100%のものがおすすめ

赤ちゃんは大人よりたくさん汗をかくうえに、肌がデリケートなのであせもができやすいです。そのため、夏用ベビー服は肌触りの良さと吸水性・通気性を重視して選びましょう。

綿100%のベビー服は吸水性・通気性がよく洗濯に強いので、1年を通じて多くのママに好まれています。綿生地の織り方にもいろいろな種類があり、Tシャツによく使われる天竺・伸縮性が高いフライス・目が粗く柔らかいガーゼ・タオルのようなパイルなどがあります。

暑い日のくつろぎ着は、コンビ肌着1枚でもOK

暑い日におうちで過ごすときは、コンビ肌着1枚でもかまいません。ベビー肌着の多くは綿100%なので肌に優しく、汗をかいても簡単に着替えさせることができます。肌着は季節を問わず使えるので、たくさんあっても困りませんね。

お出かけの時は帽子を!

赤ちゃんは温度変化に弱く、暑い時期に長時間直射日光を浴びると日射病・熱中症になることがあります。また、強い紫外線を浴び続けると肌にダメージを受けてしまいます。直射日光から赤ちゃんを守るため、外出時は大きめのつばやフラップ(首の後ろを保護する布)つきの帽子をかぶせましょう。

服と同じく、帽子も薄くて柔らかい綿素材がおすすめです。なお帽子の中には汗がこもりやすいので、長時間かぶせたままにするのはNGです。

夏用ベビー服の上手な選びかた

洗濯しやすい薄手のもの

いくら綿100%でも厚手だと熱がこもりやすくなるので、できるだけ薄手のものを選びましょう。薄手なら洗濯してもすぐに乾きますし、かさばらないので外出・旅行先にも着替えを持って行きやすいですね。

できるだけ開口部が広いもの

袖口や首元が詰まった服を着せると、熱がこもりやすくなります。また、ゴムが入った服だとゴム部分と肌がこすれてあせもができやすくなります。夏用ベビー服はできるだけ開口部がゆったりしていて、ゴムが入っていないものを選びましょう。

薄手の羽織ものや靴下で冷え対策

冷房がきいた室内で過ごしたり朝晩などに気温が下がったりすると、赤ちゃんの体温が下がりすぎてしまいます。汗を冷やさないようすぐ着替えさせたいところですが、外出先などでは難しいこともありますね。その場合は肌触りの良い薄手の羽織ものを準備しておいて、冷えが気になったら着せましょう。

赤ちゃんの場合普段は裸足が基本ですが、冷房が強い場所では足が冷えやすいので靴下で保温してもよいでしょう。

背中に汗取りパッドを入れるのもおすすめ

頻繁に着替えさせるのが大変なら、背中に汗取りパッドを入れておくのもおすすめです。汗をかいたら首元からサッと取り出せるので、汗対策が簡単にできます。

夏用ベビー服、どのくらい準備すべき?

赤ちゃんの月齢や洗濯できる頻度などによって差がありますが、夏用ベビー服の枚数は以下を目安にしましょう。

  • カバーオール、もしくはツーウェイオール…半袖・長袖それぞれ3枚前後(セパレートの服を着せる場合は、半袖・長袖・ズボンもしくはレギンスなどをそれぞれ3枚ほど準備するとよいでしょう)
  • コンビ肌着…67
  • 羽織もの(カーディガンなど)…12
  • 靴下…12
  • 帽子…1

先輩ママの体験談

  • 1歳になった夏の終わりに来年用にと90cmの夏服を買ったが、来年着せるのは難しそう。半袖を早めに買うなら、大きめのほうがいいかも。
  • 肌が弱く手足の湿疹とかき壊しが多いので、日焼け予防も兼ねて長袖を着せている。

実際にベビー服を購入するなら、どこがいい?

実店舗

西松屋

ベビー・子ども用品チェーンの中で、現在最も店舗数が多いのが西松屋です。価格が手ごろでサイズ展開も豊富なので、兄弟姉妹がいる家でも利用しやすいです。地域によりますが車でもアクセスしやすいロードサイド店舗が多いので、まとめ買いで荷物が多くなっても安心。

アカチャンホンポ

ブランド服を多く扱っていて、オシャレに敏感なパパ・ママにもおすすめのアカチャンホンポ。普段用からちょっとしたお出かけ用まで、品質のよいベビー服が揃っています。ショッピングモール内の店舗が多いので、他のお買い物ついでに寄りやすいのもいいですね。

ベビーザらス

大型店舗が多くて品揃えが良く、ベビー服も可愛らしいものが多いです。衣料品のほかにも輸入もののベビーカー・おもちゃなどが豊富なので、見ているだけでも結構楽しいですよ。

オンライン店舗

赤すぐnet

ベビー雑誌「赤すぐ」で紹介されているベビー用品の通販サイトです。高品質でサイズ・デザイン展開も豊富、5,400円以上のまとめ買いで送料無料になります。

https://akasugu.fcart.jp/

Amazon.co.jp

もはや説明がいらないくらい有名なAmazon.co.jpですが、ベビー服の品揃えももちろん充実しています。レビューを確認しながらお買い物ができ、また到着後30日以内であれば返品も可能(一部返品不可の場合あり)なので、失敗したくない人も安心ですね!

https://www.amazon.co.jp/

ベルメゾン

カタログから選ぶタイプの通販サイトです。ベビー服は品質が良くてかわいいものが多く、サイトの商品紹介ページには購入者のレビューが記載されています。5,000円以上のまとめ買いで送料無料、到着後14日なら無料でサイズ・カラーの交換が可能です。

http://www.bellemaison.jp/

赤ちゃんは汗をかきやすく、肌もとってもデリケート。そのため、夏用ベビー服は肌触りの良さと吸水性・通気性に優れた薄手の綿100%素材がおすすめです。汗をかいたらこまめに着替えさせなければなりませんが、綿素材なら洗濯しやすくすぐに乾くでしょう。

冷え対策用の羽織ものや日よけの帽子などもしっかり準備して、はじめての夏を快適に過ごさせてあげたいですね。

参考・出典:
春夏服、秋冬服、季節に合うベビー服選びのポイント
春~夏赤ちゃんベビー服と肌着の着せ方&選び方(新生児~1歳半まで)
赤ちゃんの服装:なんとか日記:So-netブログ
夏の赤ちゃんの服装は?生後6ヶ月

この記事をSNSでシェア