夫婦の旅行にぴったり! 夏におすすめの観光スポット

この夏の旅行計画は、もう立てましたか? 今回はカップル・夫婦におすすめの国内旅行先&宿泊スポット、そして旅行中快適に過ごすコツをご紹介します。新婚のお2人はもちろん、のんびり過ごしたいオトナ夫婦もぜひチェックしてみてください。

 

1. この夏、2人旅行におすすめの目的地

北海道(札幌近郊)

北海道といっても非常に広いので、今回は道内最大の都市・札幌近郊に絞ってご紹介します。

北海道にはクラーク像でおなじみの北海道大学、週末に各種イベントが開催される大通公園、動物たちのリアルな姿を間近で観察できる円山動物園など、札幌近郊だけでもさまざまな観光スポットがあります。

明治から続くさっぽろ二条市場には、北海道ならではの山海の幸がいっぱい! お酒好きな人にはビール工場見学とジンギスカン料理&ビールが楽しめるサッポロビール博物館、甘党さんには道産牛乳のアイス・スイーツが美味しい雪印パーラーがおすすめです。

夫婦の旅行にぴったり! 夏におすすめの観光スポット

おすすめ宿泊施設「札幌プリンスホテル」

地下鉄東西線西11丁目駅徒歩3分、新千歳空港からも直行バスが出ています。

札幌プリンスホテルタワーからは札幌の美しい夜景を一望でき、またホテル内には宿泊者専用の露天風呂つき大浴場(札幌大通温泉)があります。ロマンチックな雰囲気を味わいたいなら、夜景とともに美味しいお酒を楽しめる「スカイラウンジ トップ オブ プリンス」へ行きましょう。

公式サイト:http://www.princehotels.co.jp/sapporo/

沖縄(沖縄本島)

初めて沖縄観光する人には、琉球王国時代の面影を色濃く残す首里城、県下有数のショッピングスポット・国際通り、ジンベエザメが泳ぐ美ら海水族館などがおすすめです。

そして、夏の沖縄と言えば海水浴・マリンアクティビティを忘れてはいけません! 景観重視なら古宇利島ビーチ、アメリカンリゾート風の雰囲気やBBQを満喫したいならアラハビーチなど色々ありますよ。

夫婦の旅行にぴったり! 夏におすすめの観光スポット

おすすめ宿泊施設「ホテル日航アリビラ」

読谷村にあるホテル日航アリビラは、沖縄本島でも特に人気の高いリゾートホテルのひとつです。ホテルの前に広がるニライビーチは島内有数の透明度を誇り、遠浅なので安心して楽しめます。また館内にはさまざまな美術品が展示されており、美術館や宮殿にいるような気分が味わえます。

各種アクティビティ・リラクゼーションプランが豊富なので、あちこち移動せずホテル敷地内だけでのんびり過ごしてもいいですね。

公式サイト:http://www.alivila.co.jp/

京都(貴船・鞍馬)

京都は世界的人気を誇る大観光地ですが、夏は非常に暑いことでも有名。快適に過ごしたいなら、自然豊かで涼しい貴船・鞍馬方面が過ごしやすいです。夏のおすすめは何と言っても貴船の川床(渓流の上に張り出した座敷)で食べるお料理! シンプルなそうめんや、夏ならではの川魚・山菜などを使った会席料理が楽しめます。

歴史好き夫婦には、源義経が幼少期を過ごした鞍馬寺や和泉式部ゆかりの貴船神社なども趣があります。

夫婦の旅行にぴったり! 夏におすすめの観光スポット

おすすめ宿泊施設「くらま温泉」

四季折々の風景が美しい露天風呂では、神経痛・腰痛・美肌などに効く自家源泉を楽しめます。純和風のお部屋の窓からも鞍馬の四季を堪能でき、お料理には丹波地鶏・国産合鴨・季節の山菜や川魚などを贅沢に使用しています。宿泊はもちろん、温泉・お食事のみの日帰り利用も可能です。

叡山電鉄鞍馬駅からシャトルバスが出ているので、公共交通機関でのアクセスも便利ですよ! 京都市内の道は混雑しやすいので、自家用車は不便かも。

公式サイト:http://www.kurama-onsen.co.jp/index.html

別府温泉

別府・浜脇・観海寺・堀田・明礬・鉄輪・柴石・亀山の8つの温泉からなる別府温泉街は、源泉数・湧出量日本一を誇る大温泉地。いずれもJR別府駅から近くアクセスしやすいので、短時間でいろいろな温泉を楽しめます。

また、真っ赤な血の池地獄やコバルトブルーの海地獄などのさまざまな「地獄」をめぐる別府地獄めぐりも人気です。地獄の熱気を利用したプリンや地獄蒸し料理も美味しいですよ!

夫婦の旅行にぴったり! 夏におすすめの観光スポット

おすすめ宿泊施設「眺望の宿 しおり」

観海寺温泉のかけ流し温泉旅館です。別府湾・高崎山を一望できる露天風呂や他のお客さんを気にせず楽しめる2種類の家族風呂(桧風呂・石風呂)があり、あちこち歩き回るよりゆっくり滞在したい人にもぴったり。

客室は和室・洋室の両方があり、好みに合わせて選べます。また、夕食では豊後牛・関鯵や旬の食材を使った会席料理を贅沢に楽しめます。

公式サイト:http://www.yado-shiori.jp/index.html

那須高原

栃木県北部に広がる那須高原は、首都圏からもアクセスしやすい避暑地のひとつです。トレッキング・ハイキングや動物たちとのふれあいをはじめ、高原ならではの楽しみが満載! 各種創作体験やショッピングスポットも豊富なので、お天気に恵まれなくても安心です。

また那須塩原は温泉地としても有名で、江戸時代の温泉番付では「東の関脇」として草津温泉に次ぐ地位を与えられました。日本の温泉には火山がつきもの……ということで、絶えず発生し続ける火山ガスのために玉藻前伝説が生まれた「殺生石」も必見です。

夫婦の旅行にぴったり! 夏におすすめの観光スポット

おすすめ宿泊施設「星のあかり」

全客室に専用露天風呂(檜・信楽・赤御影・岩風呂のいずれか)がついており、緑あふれる庭園や関東平野・那須岳を眺めながらのんびり温泉を楽しめます。女性には、色浴衣の無料貸し出しサービスもありますよ!

食事は洋風テイストをプラスした創作和食料理コースとなっており、栃木和牛・産地直送ズワイガニなどの別注料理も豊富です。

公式サイト:http://www.hoshinoakari.jp/

 

2. 夫婦旅行で仲良く過ごすコツ

予定を詰め込みすぎず、時間に余裕を持って行動

時間が限られている旅行中はついあちこちに行きたくなりますが、予定の詰め込みすぎはNGです。

特にオンシーズンは渋滞に巻き込まれる可能性が高く、目的地に着いてもかなりの混雑が予想されます。予定通りに行動できなかったり人混みで疲れたりすると、せっかくの旅行の楽しさも半減してしまいますよ!

荷物を減らす工夫を

特に公共交通機関で移動する場合、荷物が多いとそれだけで負担に。お土産を買うことでさらに荷物が増えてしまいます。少しでも快適に行動できるよう、以下のような工夫をしましょう。

  • 衣類はできるだけ小さくたためるものを選ぶか、衣類圧縮袋を使う
  • 洗面用具・小物類はトラベル用を使う
  • 必要に応じて、現地のコンビ二・スーパーなどで物を調達する
  • コインロッカーや宿の荷物預かりサービスを利用して、現地行動中の荷物を減らす

全てをどちらかに任せっきりにせず、それぞれが得意なことを分担する

旅行を楽しむためには、事前の段取り・予約・当日の運転・各種手続きなどさまざまな仕事が必要です。仕事の内容によって得意不得意があると思いますが、どちらか一方に全部丸投げではなくそれぞれが得意なことを分担しましょう。

片方が何もせず文句ばかり言っていると、丸投げされた側は「なんで自分ばかり……」と不満を抱えることに。2人で力を合わせて旅行を楽しむことができれば、夫婦の絆はますます深まりますよ!

男性・女性に多い旅行中の行動パターン

男性はあらかじめ立てた計画通りに行動したがる人が多いと言われますが、女性は現地で面白そうなことが見つかったらあっさり予定を変えることも多いようです。

どちらが良い・悪いというものではなく、すべての人がこの行動パターンに当てはまるわけでもありませんが、旅行中は自分の意見ばかり主張したり不満を溜め込んだりせず、お互いの意見をすり合わせながら行動して無駄なトラブルを避けましょう。場合によっては、一時的に別々に行動するのもありです。

 

「忙しくて海外旅行は無理!」という夫婦には、パスポートなしで楽しめる国内旅行がおすすめ。利便性が高い有名観光地なら、比較的少ない荷物でも気軽に行けそうですね。

せっかく夫婦2人で楽しむ旅行ですから、必要な準備や手続きもぬかりなく行いたいですよね。行きたい場所が決まったら、2人で力を合わせて旅の段取りを進めていきましょう。