何を贈る? 出産祝いにかける平均額とおすすめプレゼント

夫婦のお悩み解決コラム

赤ちゃんの誕生を祝い、お産を頑張ったママをねぎらう出産祝い。身近な人が出産した場合、出産祝いの金額やプレゼント選びはどうすればいいでしょうか? また、出産祝いを贈る際の注意点についてもチェックしておきましょう。

 

大体いくらぐらい? 出産祝いの平均額とは

基本的に、贈る相手との関係が近いほど出産祝いの金額も高くなるようです。

家族・親族

息子・娘に赤ちゃん(孫)が生まれた場合は、約30,000~100,000円が相場となります。家庭の経済状況や地域によってかなり差がありますが、夫側・妻側の実家であまり金額が開きすぎないようにしたいですね。

また、これから何人孫が生まれるかは誰にもわかりません。孫同士で金額に差をつけすぎると相手にマイナスイメージを与える恐れがあるので、初孫だから・1人目だからといって奮発しすぎるのは避けたほうがよいでしょう。

里帰り出産の場合は、ベビーグッズを揃えたり身の回りの世話をしたりする代わりに出産祝いを贈らないケースも多いです。

そのほかの親族に贈る出産祝いの相場はおおむね以下のとおり。親族が多い場合は、同じ立場の親族と話し合って金額を揃えると安心です。

  • 兄弟姉妹(甥・姪)…10,000~30,000円
  • 孫(ひ孫)…30,000~50,000円
  • 甥・姪…10,000~20,000円
  • いとこ…3,000~5,000円

友人

友人への出産祝いは約5,000~10,000円が相場。ひとくちに友人といっても関係の濃さはさまざまなので、似たような立場の友人と話し合って金額を揃えると安心です。複数名でお金を出し合ってひとつのプレゼントを贈るのもいいですね。

職場の人

上司・部下・同僚への出産祝いの平均額は、約3,000~5,000円です。親族や友人に比べて、無難なプレゼントが選ばれる傾向にあります。また、上司・同僚へは複数名の共同名義でお祝いを贈ることも多いようです。

 

出産祝いにおすすめのプレゼント:予算~3000円前後

スタイ(よだれかけ)のセット

スタイ(よだれかけ)は頻繁に洗わなければならず、収納スペースもそれほど取らないので何枚あっても困らないでしょう。男女問わず使えるかわいいデザインが多く、スタイにこだわるママもたくさんいます。大げさすぎずささやかなプレゼントを選びたいなら、スタイを何枚か組み合わせるのがおすすめです。

> マールマール Bib collection

絵本セット

0歳から楽しめるディック・ブルーナの絵本のセットです。あざやかな色・かわいらしい形で視覚的刺激が得られるので、まだ文字やストーリーがわからない赤ちゃんでも喜んでくれるでしょう。もう少し大きくなったら自由にストーリーを考えたり色・形を覚えたりして幅広く楽しめるでしょう。

> dickbruna.jp ブルーナの絵本 0才から子どもがはじめてであう絵本(福音館書店)

ヒーリングミュージックCD

新生児は夜昼関係なく2~3時間おきに起きるので、それに合わせてママの睡眠も細切れになってしまいます。ときには心身ともに疲れているのになかなか寝付けないこともあるでしょう。手軽に気分転換するには、小さい音でヒーリングミュージックを流すのも効果的です。

> リラクゼーションガーデン 初めてのヒーリング音楽 ヒーリング(癒し)ベストセラー

デカフェコーヒー

赤ちゃんへの悪影響を防ぐため、母乳育児のママはカフェインの摂りすぎに注意しなければなりません。とはいえ気軽に出かけられないママにとっておうちでのコーヒータイムは大切な気分転換のひとつ。コーヒー好きのママに、授乳中でも安心して飲めるデカフェコーヒーセットはいかがですか?

> ママデカフェ ギフトセット

おしりふきセット

実用重視のパパ・ママには、毎日大量に消耗するおしりふきのセットを。消耗品のプレゼントとしてはおむつも人気ですが、赤ちゃんの肌質やサイズによっては使いにくいかもしれません。おしりふきならそのような心配はまずいりませんし、普通のウエットティッシュとして手・口周りなどに使うこともできます。

> ベイビーエトワール 出産祝い・プレゼント・ギフト おしりふき

 

出産祝いにおすすめのプレゼント:予算5000円前後

ベビーウェアセット(80cm以上)

何を贈る? 出産祝いにかける平均額とおすすめプレゼント

出産祝いの定番であるベビーウェアセットですが、新生児用のウェアはすでに十分用意されていることが多く、着られる期間もかなり限られています。そのため、少し大きくなってから着られるサイズがおすすめ。個人差が大きいですが、80cmならたいてい1歳前後から着られます。薄手のものであれば気候に関係なく使えるので便利です。

> BABYDOLL ギフトセット

ボディケアグッズのセット

産後のママは育児で忙しいうえに買い物にも行きづらいので、つい自分のことは後回しになってしまいます。たまには赤ちゃんをパパやおじいちゃん・おばあちゃんに任せて、ひとりでのんびりバスタイムを楽しんでもらいましょう。ママの香りの好みがわからなければ、比較的使いやすい柑橘系などがおすすめです。

> ザ・ボティショップ ギフト

 

出産祝いにおすすめのプレゼント:予算10,000円前後〜

抱っこひも

首が座ったら、抱っこひもを使えるようになります。だっこ・おんぶしながら両手が空くので、家事やお出かけもぐっと便利になりそうですね。抱っこひもを選ぶときは赤ちゃんの性別に関係なくできるだけシンプルなデザインを。そうすればパパでも抵抗なく使えますし、今後性別の違う兄弟姉妹が生まれても使いやすいでしょう。

> エルゴベビー

食器セット

見た目・実用性の両方にこだわった、はじめての食器セットもおすすめです。離乳食は5~6ヶ月から始まりますが、自分でなかなか買わないようなブランド食器はパパ・ママにも喜ばれること間違いなし! 食洗器対応のものなら、忙しいママも気軽に使えそうですね。

> ノリタケ お子様用食器

 

出産祝いを贈る時の注意点

出産前に渡すのはNG!

いくら医療技術が発達した現代でも、お産が不幸な結果に終わる確率はゼロではありません。出産前にお祝いを贈ってしまうと、万が一のときに取り返しのつかないことになってしまいます。

贈る時期は、産後7日~1ヶ月ごろがベスト

生後7日目は命名書を飾って誕生を祝うお七夜、1ヶ月目はお宮参りの時期にあたります。退院してある程度ママの体調も落ち着いてくる頃ですし、1ヶ月目を過ぎると多くのパパ・ママは内祝いの準備を始めます。そのため、産後7日目~1ヶ月の間にお祝いを贈るのがベストです。ママへの負担を避けるため、よほど親しい間柄か近所に住む相手でない限り郵送で贈るのがおすすめ。

1ヶ月目以降に贈る場合は、「出産祝い」ではなく「お誕生祝い」として贈るとよいでしょう。

高額すぎるお祝いは避ける

相手と特に親しい場合、相場よりやや高めのお祝いを贈ることもあります。しかし、いくら仲良しの相手でも高額すぎるお祝いは避けましょう。相手が内祝い選びに困ってしまいますし、同じ立場の人とお祝いの金額に差をつけすぎるのも良くありません。

スイーツ類も要注意

甘い物好きのママにはスイーツを贈りたくなるかもしれませんが、出産祝いとしてスイーツ類を贈るのは少し注意が必要です。産後ママの中には、体型の崩れを気にして食べ物に気を配る人が少なくありません。また、脂肪分の多いものやお餅などを食べ過ぎると乳腺炎になってしまうママもいます。

2人目以降の場合は…

2人目以降、またはパパ・ママの親戚や友人に小さい子どもがいる場合は、お下がりがありそうなものは避けたほうがベター。上の子と性別が同じ場合は、衣類もおさがりを使う人が多いようです。あらかじめパパ・ママに希望のプレゼントを聞くか、いくらあっても困らない消耗品類を選ぶと失敗が少ないです。

 

出産祝いの金額やプレゼントは、贈る相手との関係性に合わせて上手に選びましょう。赤ちゃん向けのプレゼントはもちろん、お産をがんばったママにプレゼントを贈るのもいいですね。

ひとつのプレゼントを渡すだけでなく、数種類のプレゼントを組み合わせるのもおすすめ。相手の好みがわからない場合やプレゼントを選びきれない場合は、現金・商品券やカタログギフトなどが無難ですよ。

この記事をSNSでシェア