赤ちゃんの習い事はなにがある? 0歳児からの成長に影響する習い事

赤ちゃんとの生活に慣れてきたころ、「今のうちから何かできるかな」と考えることはありませんか? 実は0歳からでも習い事はできるんです。

「まだ赤ちゃんなのに?」と思われるかもしれませんが、0歳は発達がとっても著しい時期。たくさんの刺激を受けて、体と頭はどんどん発達していきます。そんなときだからこそ、発達をうながす「習い事」を始めてみてはいかがでしょうか。

 

1.0歳児の習い事」とは? 習い事のメリットについて

0歳から1歳までの1年間は、最も成長が著しい時期です。お母さんのお腹から外の世界に出るという激しい環境の変化に適応でき、日々発達している視覚・聴覚などを使って、外部からの情報をしっかりと受けとっています。

さらに泣いたり笑ったりといった表情の変化や体の動き、なん語などで自分の欲求を表現。それに応答してくれるパパやママと「情緒的なきずな」を深めていきます。とくに「スキンシップ」は愛情・信頼感を育むために大きな役割を果たすといわれています。

そんな赤ちゃんの発達をうながしたり、成長に大切な「スキンシップ」をしっかりとるために、0歳児から習い事を始める人が増えています。家ではなかなかできないようなことも専門家が教えてくれるので安心。そんな「0歳児の習い事」は、赤ちゃんだけでなくママやパパの気分転換にもなるんですよ。

具体的には、

  • 体を動かす
  • 聴覚、視覚などの感覚を刺激する
  • スキンシップをとる

など、0歳児ならではの「鋭い感覚」を刺激する習い事が多いです。

 

2. 0歳でもできる習い事とは?

ベビースイミング

赤ちゃんと保護者が一緒にプールに入って、水中で運動を楽しむ習い事です。首が座る生後4ヶ月や生後6ヶ月ごろから習うことができます。「水に慣れる」「水で遊ぶ」ことを中心に行うので、泳ぎが不安なママ・パパでも大丈夫。水に浮くことで平衡感覚を養ったり、水の刺激により皮膚を鍛えることができます。

肌と肌が触れ合うことで親子のスキンシップも楽しめますし、ママにとっては産後のシェイプアップにも役立ちそう。赤ちゃんにとって水に浮くことは全身運動になるので、夜ぐっすり眠れたりと生活リズムを整えることにも期待できます。早いうちに水に慣れることで、お風呂で顔を洗うことを嫌がらないようになるなど、普段の生活でも助かりますね。

ただ、細菌やウイルスの感性には気をつけたいところです。プールから出たらしっかり洗い体をよく温め、体調がよくなさそうならお休みするなどの対策をしましょう。また、赤ちゃんが水を飲まないように注意が必要です。

ベビースイミングの目的は「水に慣れる」ことなので、赤ちゃんが嫌がったり怖がっていたら無理はさせないでくださいね。

ベビーリトミック

リトミックとは、音楽で楽しく遊ぶことで基本的な音楽的能力や表現力を養い、想像力・注意力・集中力・思考力などを引き出そうとする音楽教育法です。教室によって違いますが、生後23ヶ月ごろから習うことができます。

教室によっては英語を使ったリトミックもあり、英語を聴く力も育てることができます。赤ちゃんはとくに「音楽」が大好き。本格的に楽器を演奏するわけではないので、純粋に音楽を楽しむことができます。

ベビーマッサージ

赤ちゃんに大切な「スキンシップ」をしっかりとることができます。オイルをたっぷりつけて、歌を歌ったり話しかけながら赤ちゃんの全身をマッサージします。生後23ヶ月から習うことができます。

赤ちゃんの肌をなでることにより血行が促進されます。また適度な刺激が、お座りやはいはいなどに必要な筋肉の発達をうながします。体が温まりのども乾くので、ミルクをたっぷり飲んで、よく眠ることができますよ。

そして成長で最も大切な「親子のきずな」が強くなるんです。赤ちゃんをマッサージすることで親のストレスも軽減され、赤ちゃんもパパやママからの愛情をしっかりと感じることができます。

 

3. 赤ちゃんの習い事の選びかたと始めかた

赤ちゃんの場合、まだ何に興味があるのか何が得意なのかわからないので、習い事をどう選んだらいいか戸惑いますよね。地域によって教室や指導方針、先生の相性などもあります。

まずは身近な友達や親戚、育児の先輩に聞いてみてはいかがでしょうか。近所の子育て支援センターや児童館などに足を運べば、同じくらいの月齢の子どもがいるママに会って情報収集することもできます。

教室によっては見学や体験も可能。まずは気軽に教室に相談してみるのもいいでしょう。見学することで教室全体の雰囲気や、他の赤ちゃんやママたちの様子も見ることができます。

「ベビーリトミック」や「ベビーマッサージ」は、地域の公民館などで無料体験が開催されることもあるので、興味があれば参加してみてもいいかも。

赤ちゃんの習い事はなにがある? 0歳児からの成長に影響する習い事

ちゃんと続けられるか、嫌がらないだろうかなど、不安なことはたくさんあると思います。習い事を教えてくれる先生は、多くの赤ちゃんを教えてきたプロなので心配に思うことはありません。泣いたり、機嫌や体調が悪くなったり、眠くなったり……そんな赤ちゃんには慣れていますし、丁寧に対応してくれます。

そして習い事のつながりで、他の赤ちゃんのパパやママと知り合うことができます。育児の悩みや不安、習い事に関することなど相談できますよ。

とても短い赤ちゃんの期間。そのときにいろいろな刺激に触れることは、知的・運動機能に良い影響を与えます。育児に追われる日々で「習い事なんてしてる余裕がない……」というかたも、まずは無料体験などに参加してみてはいかがでしょうか。育児の気分転換にもなりますし、赤ちゃんも疲れてぐっすり寝てくれますよ。

出典:
文部科学省「子どもの発達段階ごとの特徴と重視すべき課題」
リトミック研究センター「リトミックとは」
リトミック教室カリーナ「メッセージ」
ロイヤルセラピストウェブ「ベビーマッサージとは」