後悔したくない! 産休中の過ごしかたについて

妊娠中も働いていたママにとって、産休というのはやっと心身ともに休める貴重な期間ですよね。赤ちゃんが産まれると「育児中心」の生活が待っています。産休中はひとりでゆっくり・夫婦でゆっくりできる「最後のチャンス」ととらえてもいいかもしれません。産休中を後悔しないために、有意義な過ごしかたをご紹介します。

 

1. 産休中はやっぱり暇? 産休前のイメージと実際の違い

産休中の過ごしかたについて、産休前に持っているイメージはどんなものですか? 家で出産準備の確認をしたり、新生児服の水通しをしたり、赤ちゃんと暮らすために片づけを頑張ったり……。やることが多いけど、充実した日々を想像するかたも多いはず。

でも実際は「暇だった…」「何をして過ごせばいいかわからない」という声が多いんです。

仕事をしているときは忙しく過ごしていたから、いざ休みとなるとそのギャップに戸惑ってしまうんですね。お腹が大きいからできることも限られるし、平日だと友達と会う予定もなかなかたてられません。ではどのくらい時間が空くのでしょうか。産休中のスケジュールの一例、第一子妊娠中の場合をご紹介します。

後悔したくない! 産休中の過ごしかたについて

夫の就業時間などによってスケジュールも変わってくると思いますが、大まかなスケジュールは図のとおり。働いていたときに比べてかなり自由時間が増えますよね。お腹の中の子どもが第一子の産休というのは、ひとりで過ごせる時間が多くなります。今しかない貴重な時間。この自由時間の過ごしかたをどう利用したらいいのでしょうか。

 

2. あとで後悔しないために産休中にやっておくべきこと

1. 子ども連れで行けないところへ行く

赤ちゃんが産まれてから数年は行けないようなところに行くことをおすすめします。たとえば映画館や美術館、フレンチ、カフェ、鉄板焼きなどのお店、焼き肉店、カラオケなど。ひとりの時間を満喫してもいいですし、夫婦でゆっくりデートでも。

子どもが産まれたら、そこからがスタートです。これからずっと一緒に暮らしていくわけなので、まだお腹の中にいる今しかできないことを存分に楽しみましょう。

2. いろいろなメンテナンス

歯医者や美容院など、気になるところがあれば行っておきましょう。出産中に歯をかみしめる際、虫歯があると非常に痛みます。後期なので本格的な治療はできませんが、診てもらえると安心できます。

産後は自分の見た目に費やす時間がなくなるので、美容院でセットがいらない楽な髪型にしてもらうといいですね。ただ、お腹が大きいので長時間仰向けになることは大変。予約の前に妊娠後期であることを伝えておくと、クッションなどを準備してくれる場合もあります。

視力が悪い場合は眼鏡を作っておきましょう。普段コンタクトのかたも、産後1ヶ月は横になっていることのほうが多いので眼鏡のほうが便利。出産により一時的に視力が変わることもあるので、期間内なら度数を無料で変えられる保証つきの眼鏡がおすすめです。

3. 資格取得、スキルアップ

空いた時間を利用して、スキルアップのために勉強をするのも有意義です。ビジネスマナーやセルフマネジメントの本を読んだり、資格取得に挑戦するのもいいですね。仕事が忙しくてなかなかできなかった人にとっては、産休中はまたとないチャンスです。

将来的に収入アップにつながったり、転職をする際に大きな武器となります。

4. 保険の見直し

今のうちに保険を見直しておきましょう。複数の無料保険相談で申し込み、信頼できるファイナンシャルプランナーさんを見つけましょう。一般的に保険は、被保険者の年齢が上がると保険内容は同じでも保険料が高くなり、返戻率は下がる傾向に(学資保険の場合は契約者(保護者)・被保険者(子ども)の年齢)。

保険の加入は早ければ早いほどいいので、産前のまだ時間のあるうちにじっくり考えましょう。学資保険は出産前でも加入できるので、夫婦でよく話し合ってくださいね。

5. データ・写真の整理

スマホ・デジカメなどのデータ容量は大丈夫ですか? 今のうちに現像して夫婦でのアルバムを作っておいたり、SDカードなどを買い足しておきましょう。産後での赤ちゃんのシャッターチャンスを逃さないために、容量は余裕を持っておくと安心です。

その他にも、内祝いのお返しの下調べや、スーパーでの育児用品のラインナップの確認、授乳室やおむつ替えコーナーの有無など、産休中にできることはたくさんあります。余裕のあるうちに済ませておくと産後はかなり楽! 「時間のあるときにすればよかった……」という後悔を減らすことができますよ。

 

3. 産休中の過ごしかたの注意点

後悔したくない! 産休中の過ごしかたについて

産休は人によって違いますが、一般的には約6週間。出産予定日より早く産まれる場合もあるので、自分の体とよく相談しながら過ごしてください。1日に予定を詰め込むよりは、ゆっくり少しずつ無理をしない程度で用事をこなしてくださいね。

体調がすぐれないときは、横になってDVDや録画を見てもいいでしょう。じゅうぶんなお昼寝も今しかできないので、存分に寝てください。「有意義に過ごさなければ!」と思いがちになってしまいますが、休むのも今しかできないことです。逆に「もっと寝ておけばよかった」とならないように、休む日と行動する日をわけて過ごすと良いかもしれません。

 

いろいろな過ごしかたについてご紹介しましたが、産休中は体を休めることが一番大切です。今まで大きなお腹を抱えて働いてきた自分や赤ちゃんを労り、リラックスして過ごしてくださいね。

育児が始まると産休の期間が恋しくなります。「産休中にもっとああしておけばよかった」という後悔をできるだけ減らすためには、やることリストなどを作ってできることを済ませておくのがおすすめです。今しかない貴重で大切な時間を、素敵に過ごせますように。

 

出典:ソニー生命保険株式会社「出産前でも相談できますか」