夫婦で参加する結婚式、既婚者ならではの振る舞いとは?

夫婦のお悩み解決コラム

夫婦で結婚式に参列する場合、ひとつの「家族」というくくりになります。そこで悩むのがご祝儀ですよね。既婚者としてのマナーや、子どもをどうするかなども気になるところ。そんな夫婦で出席する結婚式の事情についてご紹介します。

 

1. 夫婦で出席するとき、ご祝儀はいくら入れればいい?

結婚式に夫婦で出席する場合のご祝儀の金額相場

  • 友達の結婚式の場合:5万円
  • 親戚の結婚式の場合:10万円

1人で出席する際は3万円が相場だといわれていますが、その内訳を単純にいうと「お祝い1万円」「飲食代1万円」「引出物1万円」。夫婦の場合、引き出物は家族でひとつとなるので、2人分の6万円から1万円を差し引いて「5万円」となるのです。

親戚の結婚式では親族で統一されたお金のルールというのもあるかもしれないので、10万円を目安に親に相談するなどしておいたほうがいいでしょう。夫婦の年代や親戚との間柄によって金額が増減することもあります。

金額の注意事項

ご祝儀では、偶数は割り切れる数のため縁起がよくないといわれています。ただ偶数でも、8万円は末広がりで縁起がよいそう。10万円も偶数ですが大丈夫。しかし、奇数でも9万円は「苦しみ」を連想させるのでNGです。

たとえば6万円をご祝儀として渡したい場合、5万円のご祝儀プラス1万円分のプレゼントを渡してもいいかもしれませんね。

 

2. 祝儀袋の選びかたと表書きはどうしたらいい?

夫婦で参加する結婚式、既婚者ならではの振る舞いとは?

祝儀袋の選びかた

結婚式の祝儀袋は右肩に「のし」がついたもの、水引は結んだらほどけないという意味で「結び切り」のものを選びます。また、包む金額や渡す相手によっても祝儀袋は変えましょう。夫婦の場合は包む金額が5万円を超えるので、格の高いものがよさそうです。

表書きのマナー

筆記用具は濃い墨の毛筆・筆ペンかサインペンを使い、楷書体で書くといいです。市販の祝儀袋は水引の上に文字が印刷されていることが多いですが、何も書いていないなら「寿」か「御結婚御祝」と書きましょう。「死」を連想させる4文字(結婚御祝・御結婚祝)はNGです。

名前の書きかた

夫婦で出席するときは、引き出物が家族につきひとつなので、家族の代表として夫のフルネームを水引の下中央に書きます。妻側の友人などであれば、わかりやすくするために連名でもかまいません。その場合は夫の氏名を中央に書き、その左に妻の名前を書きましょう。

中袋について

  • 表側:中央に縦書きで大きく「金○萬圓」と書きます。〇の中には入れる金額を漢数字で書いてください。(例:壱、弐、参、伍、七、八、拾)
  • 裏側:住所と氏名を書きます。

お金は新札を用意し、肖像のあるほうを前にして入れます。中袋はのりづけをしなくて大丈夫です。

祝儀袋の包みかた

「幸せを受けますように」ということで、祝儀袋の裏は上向きに折り返し、水引をかけます。下向きに折り返すと「悲しみを流す」という意味で、葬式などで使う不祝儀袋となってしまうので注意。渡す前に再度確認しましょう!

 

3. チェックしておきたい男性のマナー

服装

礼服、略礼装が基本。シャツは白、スーツはブラックスーツやダークスーツが無難です。20代~30代の場合はシングル、40代以降はダブルが人気のようです。ネクタイは、白・シルバーグレー・白地に黒い柄がフォーマルで素敵ですね。派手な柄や黒・暗い色、殺生をイメージするアニマル柄などはNGです。

靴・靴下

黒色でひも付きの「ストレートチップ」が基本です。靴下は黒無地が良いです。白色やくるぶし丈はマナー違反となるので注意。

小物

バッグは必要ありませんが、お財布などを入れたい場合は長方形のクラッチバッグがおすすめ。色は黒無地で小さめのものが良いですよ。

ポケットチーフ

白色が基本ですが、ネクタイに合わせた色にすると統一感がでます。

カフスボタン

つけるなら白い石のものがおすすめです。プラスチックやチェーンのものはやめておきましょう。

腕時計

腕時計はお祝いごとの場では失礼にあたるといわれていますが、最近ではそれも薄れています。着用したい場合は黒や白など落ち着いた色やデザインのもので。ただし、あまり時間のチェックはしないようにしてくださいね。

ヘアスタイル

ワックスやジェルを使って整えましょう。長い場合はまとめると清潔感があります。ヒゲについてもきちんと手入れをしましょう。

スーツは自分の体形に合ったものを選びましょう。シャツはアイロンがけをしっかりと。靴磨きも忘れずに!

素敵なものを選んでも、きちんとしていないとだらしない印象になってしまいます。新郎新婦を引き立てる服装を意識して、既婚者ならではの品格と落ち着きを大切に。

 

4. チェックしておきたい女性のマナー:ドレス編

服装

白色や白に近い淡い色、過度に露出するもの(肩だしやミニスカなど)、殺生をイメージする柄、素材(アニマル柄、毛皮、ファーなど)、全身黒はNG。

バイカラーについては、2色に分かれていることから「別れ」を連想させると言われることもあるので、こちらも避けたほうが無難です。肩がでるドレスはボレロやショールを羽織り、全身黒になりそうなときは羽織るものを明るい色にしましょう。

細ヒールパンプスが基本。ヒールは3センチ以上あると上品です。「妻が先に出る」ことを連想させる爪先の出ているものや殺生をイメージする柄や素材、ミュールはNGです。

ストッキングは肌色のものを着用しましょう。伝線してしまったときのために予備も忘れずに。黒色のストッキングや生足は控えてくださいね。

小物

バッグは小ぶりで派手すぎないもの。ビニール、綿素材や紙袋、殺生をイメージする柄や素材はNGです。昼間は写真写りの関係から、スパンコールなどきらきらしたものはやめておいたほうが無難ですよ。

アクセサリー

昼間は写真写りの関係から、パールなど落ち着いたものが良いでしょう。夜はもちろんパールでもいいですし、ゴールドやジュエリーなど華やかなアクセサリーでも大丈夫です。

ヘアスタイル

ロングの場合、アップスタイルやハーフアップスタイルが基本です。ショートやボブなら、編み込みをするなどアレンジをしましょう。慣れていない場合は美容院でセットしてもらうと安心。ヘアスタイルは清潔感を出すために重要なので、あまり派手なものは避けましょう。

ヘアアクセサリについては、大きすぎるものやカジュアルなカチューシャはNGです。ラメやラインストーンなど細かなものは、食事に散ってしまう危険があるので注意してくださいね。

 

5. チェックしておきたい女性のマナー:和装編

着物には決まりごとがあり、着物の種類によって格式が違います。また「花嫁を引き立てる」デザインを選ぶことも重要。

季節の花や柄があるので、購入する場合は汎用性のあるものがいいでしょう。お祝いの柄が入ったものがおすすめです。

通常の友人として呼ばれた場合

既婚者は「色留袖」「訪問着(付け下げ)」「紋入りの色無地」が良いでしょう。華やかな「振袖」は未婚者の第一礼装となるのでNGです。

親族として呼ばれた場合

親族全員「黒留袖」にするなどの家ごとのルールがあったり、地方によっては風習も違うのでよく確認しておきましょう。

とくに決まりごとがなければ、「黒留袖」「色留袖」「訪問着(付け下げ)」「紋入りの色無地」が無難です。

あまりに派手な着物や柄はNG。上品な範囲で小物や帯にこだわると華やかになりますよ。

 

6. 妊娠中の結婚式参加について

妊娠中は「妊娠初期」だとつわりがある場合がありますし、まだ体調が安定していない可能性も。「妊娠中期」は体調も安定して、胎盤もできているので流産のリスクも下がっています。「妊娠後期」はおなかの張りや苦しみなど少しの移動でも大変になります。

少しでも体調に不安があるのなら、必ず産婦人科の先生に相談してから「出席」か「欠席」かを決めましょう。出席にしていたにもかかわらず急な体調の変化で行けそうにないときはすぐに欠席の連絡を。

また、妊娠中は「食べてはいけないもの」がありますので、招待状のアレルギーを書く欄に忘れず書いておきましょう!

妊娠中の服装

服装はマタニティドレスなど、おなかを圧迫しないものがいいです。ドレスは薄手のものが多いので、体を冷やさないようにストールなどで体温を調整しましょう。

靴は転んでしまうと大変なので、ヒールのないものやヒールが低くて歩きやすいもので大丈夫。なるべくフォーマルなデザインを選ぶといいですね。

 

7. 子連れ出席の場合のマナーとは?

招待状に「お子さんもぜひ」と書かれていれば、連れていくことができます。しかし、自分の子どもが式場で泣いたり騒ぎそうなら、新郎新婦に一度お断りをしておきましょう。

それでも連れてきてと言われたら、子連れでの出席となります。子どもが招待されていない場合は信頼できる人か託児施設などに預けましょう。「連れて行ってもいい?」というのはマナー違反なので注意。

子どもの服装は、シンプルなフォーマルワンピースやスーツなど。親族の場合はドレスでも大丈夫です。靴下は白、靴は黒が基本です。子どものお世話でママのドレスが汚れる場合があるので、汚れの目立たない色のドレスを着用すると安心です。

子ども用の食事が用意されているときは、ご祝儀を多めに包みましょう。ただ、偶数や縁起のよくない数字になってしまうなら、夫婦でのご祝儀プラスお祝いの品を用意すると良いです。

子連れで出席するときの注意点

  • 泣いたりぐずったらすぐに退室
  • おもちゃを持っていくなら音の鳴らないものを
  • 周囲の人に「すみません」と詫びておく
  • 夫婦で行く場合は夫と役割分担をする

子連れでの参加は子どもの年齢にもよりますがとても大変です。とにかく周囲への気配りと、子どもの行動に気をつけることが大切。夫婦で行くなら「写真撮影」や「子守り」などを時間ごとに役割分担をすると負担が減りますよ。

 

夫婦で出席する結婚式は、「既婚者」としての落ち着きと上品さが必要! 大切な人の晴れ舞台なので、清潔感と基本的なマナーを守りましょう。

既婚の場合は「妊娠」や「子ども」のことがあり、なにかと自由に動くことができません。招待してくれる新郎新婦は、「妊娠・子育て」を経験していることが少ないので、招待時に悩むことも多いでしょう。こちらが先に配慮できることはして、出席が無理そうならきちんとお断りをしてくださいね。

 

出典:カスタムライフ「結婚式のスーツ選び」

この記事をSNSでシェア