結婚後のお財布はどうなる? ベストなお金の管理方法

夫婦のお悩み解決コラム

自分のお金は自分で好きなように使えていた独身時代。しかし、結婚後はそうはいきませんよね。お金の管理方法や使い道をめぐってトラブルにならないよう、夫婦でよく話し合ってベストな方法を決めましょう!

 

1. 夫婦の財布はどう管理したらいい?

基本的にどちらか一方が管理し、相手に生活費・お小遣いを渡す

おもに妻が専業主婦もしくはパート・アルバイトの家庭、または夫婦のどちらかがお金の管理に疎い家庭におすすめの方法。夫が「自分が稼いだお金を妻に渡すのは不公平」と感じるタイプだった場合、夫がストレスを溜め込むこともあります。

  • 妻が管理し、夫にお小遣いを渡す
    妻がお金を一括管理するので、妻が収入・支出のバランスを把握しやすいです。ただし、生活費と妻のお小遣いの境目があいまいになり妻が生活費を使い込んでしまうことも……。妻の美容・被服費や趣味・交際費について、どこまでが生活費でどこからがお小遣いになるかをよく話し合っておきましょう。
  • 夫が管理し、妻に生活費を渡す
    夫のほうがお金の管理が得意な場合におすすめです。ただし妻が夫の収入を把握しにくいため、妻の知らないところで夫が散財しているパターンもあります。
  • 生活費用口座・貯金用口座を作る
    妻がパート・アルバイトなどで収入が少なめ、または妻の収入の変動が大きい場合などにおすすめです。メインとなる夫の収入を生活費用口座に入れ、妻の収入は貯金用口座に。普段の生活費やお小遣いは上のいずれかの方法で管理します。

夫婦が共同で、または別々に管理する

主にフルタイム共働き家庭におすすめの方法です。

  • 出費の内容ごとに、夫・妻どちらの口座から出すかを決める
    夫婦それぞれの収入を別々に管理して夫が家賃・妻が食費など、支出を分担します。余った分のお金を各自で管理できるので、自由に使えるお金が多くなります。
    ただし、相手の貯蓄額がわかりにくいというデメリットがあります。また収入額や生活費の変動によって不公平感が生じたり、生活費以外のお金を使いすぎて貯金がなかなかたまらなかったりする場合もあるようです。
  • 共同の口座を作り、2人でそれぞれ一定額ずつ入れていく
    夫婦それぞれの口座とは別に生活費用の共同口座を作り、そこに毎月の収入の一部を入れていきます。共同口座に入れる金額の割合は夫婦の収入に応じて決めましょう。上の費用分担スタイルよりも支出がわかりやすくなりますが、相手の貯蓄額がわかりにくい・支出が増えやすいというデメリットは同じです。

参考までに:筆者の場合

  • 夫婦の来歴と現状
    夫は3~4年に1回全国転勤があるサラリーマン。妻(筆者)は結婚後正社員として約2年勤務した後、第1子妊娠と夫の転勤が重なって退職し専業主婦になりました。第1子出産後しばらくして在宅ライターとして活動を始め、現在に至ります。
    現在の収入は月によって変動がありますが、育児中+第2子妊娠中で仕事量をセーブしていることもあり当分扶養を外れる予定はありません。
  • お金の管理スタイル
    結婚当初から、一貫して「生活費用口座+貯金用口座」パターンを採用。夫の口座を生活費用口座、妻の口座を貯金用口座として使い、妻の正社員時代の収入はそのまま貯金用口座に入れています。
    現在はお金の管理が得意な夫に生活費の管理を任せ、生活費用口座から夫・妻それぞれのお小遣いを出しています。大きな出費や買い物をするときは夫婦で相談しているので、お互いに不公平感を感じることはありません。
    転勤族かつ妊娠希望があったため、いずれは妻が正社員の仕事を辞めなければならないこと・その後は夫と同等の収入を得にくくなることが結婚当初からわかっていました。そのため、最初からこのスタイルで夫婦ともに異論はありませんでした。

 

2. どう決める? 夫婦2人で自由に使っていいお金

結婚後のお財布はどうなる? ベストなお金の管理方法

夫婦のどちらかが管理する場合のお小遣い

支出を抑えたいときに真っ先に減らされやすいのがお小遣いですが、やみくもに減らすと思わぬ弊害が起こることも。たとえば夫の小遣いが少なくなった場合、以下のようなデメリットが考えられます。

  • 職場での付き合いが悪くなったり身なりに気を遣わなくなったりして、評価ダウンにつながる
  • スキルアップのための投資がしにくくなる
  • 昼食代を節約しようとして栄養バランスが悪化し、健康に悪影響を及ぼす
  • 仕事のモチベーションが下がり、妻に対しても不満を抱えやすくなる

せっかく支出を減らしても、夫の評価が下がったり家庭の雰囲気が悪くなったりしては本末転倒! お小遣い額は必要に応じてこまめに見直しましょう。お小遣いの額は年収の1割くらい(年収400万円なら月3万円前後)が目安と言われていますが、状況によって必要な額は変動します。

例えば付き合いの飲み会が多い人や部下・後輩の面倒を見ている人はある程度の交際費が必要ですし、お弁当を持って行けば昼食代を浮かせることができます。

夫からのお小遣いアップの要求に毎回応えていては無駄遣いを助長しかねませんが、必要に応じてこまめに見直すことで、夫もスムーズに仕事できるでしょう。

夫婦別々に、または共同で管理する場合

  • 支出とお互いの貯蓄額をなるべく明確に
    夫婦別々または共同でお金を管理している場合、支出とお互いの貯蓄額をなるべく明確にすることが大切。
    何にいくら支払っているかわかれば支出の分担を決めやすくなりますし、貯蓄額をきちんと知ることで節約にも励みやすくなります。生活費を把握しやすくするために夫婦で共有できる家計簿アプリを活用してもいいですね。
  • 将来的に妻の収入が減る可能性が高い場合
    妊娠・出産などで妻が退職する(または正社員からパートになって収入が減る)予定があれば、最初から夫婦のどちらかが一括管理することで夫の不満が少なくなるでしょう。
    妻の収入が無くなった(減った)ことが頭ではわかっていても、いざ自分の収入を全部妻に渡すとなると抵抗を感じる夫は少なくありません。また、ずっと別々に管理しているといずれ妻が自由に使えるお金が減ってしまいます。

 

3. 2人に最適な管理方法を決めるためには?

状況に応じて、管理方法をこまめに見直す

以下のようなライフスタイルの変化があると、収入・支出のバランスは大きく変わります。

  • 妊娠・出産や介護などで、妻が働けなくなる
  • 育児がひと段落して、妻が再就職する
  • 子どもの進学・習い事などで教育費が増える
  • ローンを組んで、マイホーム・車などを購入する
  • どちらかが病気で働けなくなり、医療費がかかる

それまでの管理方法に固執しすぎず、状況に応じて柔軟に管理方法を決めましょう。どちらかが一方的に我慢するのではなく、お互いに納得できるようしっかり話し合うことが大切です。

お金の使いかたで夫婦喧嘩にならないために

結婚後のお財布はどうなる? ベストなお金の管理方法

  • 何にいくら使っているか・どのくらいの出費が必要かをしっかり把握する
    家計の管理をパートナーに任せている人や、生活費の多くを自動引き落とし・クレジットカードで支払っている家庭では、毎月の支出の明細がわかりにくいことも多いです。
    支出を見直したいときは、まず現在何にいくら使っているか・家族の健康や生活水準を維持するためにどのくらいの出費が必要かをしっかり把握し、夫婦で認識を共有しましょう。パートナーがお金の管理に疎い場合、きちんと説明すればすんなりわかってもらえることが多いです。
  • お互いに譲れる部分・譲れない部分を明確に
    いくら夫婦といっても、全く同じ価値観を持っているわけではないですよね。夫婦の一方にとっては重要な出費でも、もう一方にとってはどうでもいい場合もあります。お互いに譲れる部分・譲れない部分を明確にすれば、無駄な出費を抑えるのに役立ちます。
    さらに、夫婦共通の目標(マイホーム購入など)を持つことで節約・貯金へのモチベーションが高まりやすくなります。

 

結婚後のライフスタイルやお金に対する価値観、そしてお金の管理の得意・不得意は、夫婦によってさまざま。お金の管理に関して「これが正解」という方法はないので、そのときの状況に合わせて柔軟に管理したいですね。

夫婦間の金銭トラブルを避けるためには、お互いによく話し合って納得できる方法を選ぶことが大切ですよ!

この記事をSNSでシェア