結婚後にかかる費用はいくら? 貯金するタイミングとは

いろいろなことを経て結婚し、これから2人の生活がスタートします。たくさんの夢や目標があることだと思いますが、結婚後にかかる費用のことはご存知ですか?

お金を貯められるときに貯めておかないと、いざお金が必要なときに大変なことになるかもしれません。結婚後に必要な金額と、貯金するタイミングや方法についてご紹介します。

 

1. いくら貯めておけばいい? 結婚後1年以内にかかるお金

結婚式(挙式・披露宴)に必要な費用:143.2万円

最近は入籍だけというかたも増えていますが、結婚式を行った場合の総額は約359.7万円。ご祝儀の総額が232.3万円なので、自己負担額は143.2万円となります。

出典:「ゼクシィ 結婚トレンド調査2016調べ」

 

新婚旅行に必要な費用:72.8万円

行き先や宿泊日数によっても金額が増減します。依然としてハワイが人気で、日数は7日間が多いのだとか。国内では沖縄が人気だそうです。

  • 2人分の旅行費用:61.6万円
  • お土産代:11.2万円

出典:「ゼクシィ 結婚トレンド調査2016調べ」

 

新生活準備に必要な費用:102万円

夫婦での生活がスタート。新居に引っ越しと、家具や家電が必要になります。夫または妻の実家に同居する場合や、結婚前から一緒に暮らしている場合は必要ありません。

  • インテリア・家具の購入費用:40.0万円
  • 家電製品の購入費用:37.4万円
  • 敷金、礼金:18.2万円
  • 引っ越しにかかった費用:6.4万円

データ出典:「新生活準備調査2016(リクルートブライダル総研調べ)」

結婚後の主なイベントの費用の総額は318万円です。

 

2人暮らしの生活費

  • 住居費(住宅ローン含む):7.9万円
  • 食費:4.1万円
  • 光熱費、通信費:2.2万円
  • 保険料:2.2万円
  • 被服、理容費:1.6万円
  • 交際費、趣味・レジャー費:2.6万円
  • その他:2.9万円
  • 1ヶ月の生活費合計:23.5万円

※出典:「新生活準備調査2016(リクルートブライダル総研調べ)」

1年間の生活費の総額は282万円となりました。イベントの金額総計318万円と合わせると、結婚後1年以内にかかる費用は約661.6万円です。

 

2. 結婚後2~5年以内にかかるお金

妊娠・出産にかかる費用:16.6万円

5年以内だと、第一子が生まれる場合がありますね。妊娠から出産までに必要な費用は以下になります。

  • 妊婦健診費:約1万円
  • 出産準備品費用:約15.9万円
  • 出産費用:約41.6万円

内訳について詳しくはこちら

総額約58.6万円となりました。健康保険から「出産育児一時金」が42万円支給されるので、実際に支払う金額は16.6万円になります。

 

子育ての費用(第一子3歳まで):379万円

結婚2年目に子どもが生まれた場合、結婚5年目までの第一子にかかる年間費用は以下になります。


内閣府「平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査」を加工したもの

生活費(夫婦で4年間):1,128万円

先ほどの282万円に4年をかけたものです。

すべて合計すると結婚2年~5年までにかかる費用は、総額1,523.6万円となりました。こちらは平均をもとにおおまかに計算したものなので、住む場所や生活スタイル、ライフイベントによって金額は増減します。

ご覧になってわかるように、子育てにはお金がかかります。まだ子どもがいない場合も、突然妊娠がわかったり不妊治療が必要な場合もあるので、急にまとまったお金が必要になることがあります。

これからマイホームの購入の検討、子どもの教育資金、両親の介護など、結婚生活が続くにつれてどんどんお金が必要になる場面が増えてきます。そうなってくると自分たちの老後のお金が心配になりますね。

貯金のことについては、結婚する前に「目標」を話し合うことがベストです。具体的なことは暮らしてみないとわからないと思うので、「〇歳までに100万円貯金しよう」や「〇万円貯金できたらマイホームを建てよう」など、将来のビジョンが決まっていると貯金に対するモチベーションが上がります。

結婚前に「貯金」の意識があれば、結婚式・新婚旅行や新生活の準備など、大きな出費を少しでも節約することができます。そして、子どもができるまでは「貯金」に専念しましょう。子育てが始まるとお金を増やすことがなかなかできなくなるので、まだ身軽なうちにしっかり働いて貯めておくことが大切です。

 

3. 夫婦での貯金方法、どうやってためたらいい?

家計簿をつけよう! 共働きの場合は妻の収入をすべて貯金へ

貯金をするには、まず月々の支出を知る必要があります。家計簿をつけると非常にわかりやすいですよ。そして共働きの場合、専業主婦のように夫の収入だけでやりくりをすると、妻の収入がそのまま貯金になるのでしっかり貯めることができます。

 

変動費と固定費を見直そう

変動費は月によって支出額が大きく変わるので、前月とよく見比べ無駄なものはなかったか見直します。ただ、食費や娯楽費等は節約しやすい部分ではありますが、減らそうと思えばいくらでも減らせるので、栄養面の偏りや生活レベルの低下など「貯金」に対してストレスのたまりやすい項目になります。無理のない範囲で節約しましょう。

固定費については仕方がないお金だと思い見逃しがちですが、しっかりと見直せば意外と節約できるんです。たとえば月々のスマホ代。夫婦で1万円を超えるのなら、今話題の格安スマホに変えると半額程度安くなります。その他にも保険や住居に関する費用など、見直せるところはとことん見直して、無駄をそぎ落としましょう。

 

結婚後にかかる費用は主に子育てが大きいです。結婚式や新婚旅行、新生活の準備に関しては一度払えば終わりですが、子どもはそうはいきませんよね。むしろどんどんお金がかかるし、2人目のことも考えたいものです。

結婚前から「ライフプラン」をよく話し合って、新婚生活スタートと同時に「貯金」を意識してみてはいかがでしょうか。夫婦2人のことを考えるだけでいい期間なので、しっかり未来について語り、目標額をためるようにしましょう。これから続く長い夫婦生活が、よいものになりますように。

出典:
国立社会保障・人口問題研究所「第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」
総務省「平成26年全国消費実態調査」二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果
内閣府「平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査」
リクルートブライダル総研「ゼクシィ 結婚トレンド調査2016調べ」
リクルートブライダル総研「新生活準備調査2016