いくらあげてる? お年玉の平均金額とトラブル回避法

子どもにとってのお正月の楽しみといえば、年に一度の臨時収入でもある「お年玉」。ですが大人にとっては頭を悩ませるもののひとつでもあります。お年玉には明確なルールがないので、「何歳に」「いくらあげるか」など悩みませんか?

そんなお年玉について、年齢ごとの平均額とトラブルを避ける方法をご紹介します。

 

1. お年玉の平均金額とは

足利銀行の調査によると、年齢ごとの平均金額は以下になるそうです。

いくらあげてる? お年玉の平均金額とトラブル回避法

足利銀行『「お年玉」に関するアンケート調査結果』を加工したもの

平均金額なので端数がありますが、以上の結果から大まかな金額を挙げます。

  • 小学生未満:3,000円未満
  • 小学1~4年生:3,000円
  • 小学5~6年生:3,000~5,000円
  • 中学生:5,000円
  • 高校生:5,000円~10,000円
  • 専門学生、大学生:10,000円
  • 社会人:10,000円~

小学生未満の場合は、新生児~保育園児・幼稚園児までと幅広く、金額にばらつきがあります。小学校高学年から中学生にかけては5,000円と金額もアップ。高校生以上になると一気に2倍に増えて10,000円となりました。

また地域や親戚の多さによっても金額が変わると思います。子どもの少ない親戚の場合は1人にかける金額が多く、子どもがたくさんいる親戚の場合は1人にかける金額が少なくなるのではないでしょうか。

 

2. お年玉でトラブルを避けるためには

楽しみであるからこそ、もらった金額をめぐって子ども同士でケンカになりがちなお年玉。また「お金」が関わることなので、親戚同士でモヤモヤが残ることも。新年早々そんなトラブルを避けるためにも、気をつけなければいけないことがいくつかあります。

いくらあげてる? お年玉の平均金額とトラブル回避法

お年玉の包みかた

まずお札は「新札」を用意します。それを三つ折りにしてポチ袋にいれるのですが、ここでポイントなのが「開いたときに肖像画が見える」ように折ること。

肖像画のある面の両側を折りたたむイメージで、左端・右端の順に折ります。天地を間違えないようにポチ袋へ。お札を複数入れる場合は(3,000円など)、きれいに重ねたものをまとめて折りましょう。

ポチ袋の表に渡す子どもの名前(例:〇〇ちゃんへ)、裏に自分の名前(例:〇〇おじさんより)を書きます。

お年玉を渡すタイミング

「新年の挨拶をして」から、その子の「両親のいる場」で渡します。両親の立場としては、子どもがお年玉をもらったらすぐにお礼を言いたいからです。また誰にもらったかを覚えやすくなります。

お年玉が欲しくてそわそわしている子どもを見ていると早く渡したくなってしまいますが、しっかりと渡すタイミングを見極めるとスマート。

姪や甥にあげる金額を兄弟どうし決めておく

「叔父さんからは5,000円もらったのに、伯父さんからは3,000円だった! ケチ!」なんてことにならないように、年齢ごとに一律何円かをあらかじめ決めておきましょう。

また子どもが小さければ小さいほど、お金を稼ぐことの大変さを知りません。金額で人を判断させないためにもきっちり決めておいたほうがいいですよ。

何歳から何歳まであげるのか決めておく

赤ちゃんのときからお年玉をあげるのか、社会人になってもお年玉をあげるのか、その線引きが難しいところ。きっちり「学生の間だけ」など決めておけば、親にとっても子どもにとってもわかりやすいです。

 

3. こんなときはどうしたらいい?

いくらあげてる? お年玉の平均金額とトラブル回避法

金額を決めていなかった場合

自分の子どもと姪や甥が産まれたタイミングが大きく違うと、お年玉の金額を具体的に決めていないことがありますよね。

もしも自分の子どもが産まれたより後に兄弟の子が生まれた場合は、自分の子どもが相手にもらっていた年齢別のお年玉と同額をあげるといいでしょう。

あげたらいいか悩んだとき

遠い親戚に会う場合や、お互いの子どもが乳児同士の場合など、「あげるべきか」悩む場面は多いかと思います。そんなときは、一応お年玉を用意しておきましょう。

相手がくれた場合はこちらもお返ししたり、その場の雰囲気で決めるのもいいかも。一番焦るのは「相手がくれたのにこちらは用意してなかった」ことなので、お守り代わりに持っていくと安心です。

喪中の場合は?

喪中の場合はお正月を自粛するので会う機会もないでしょうが、もしも集まりがあったときにどうしたらいいか悩みますよね。お年玉の位置づけは諸説ありますが、やはりお正月を祝う際に渡すものなので、控えたほうがよさそうです。

でも、それだと子どもたちも可哀想。最近では、白無地の封筒に「お小遣い」や「おもちゃ代」などを書いて渡すようにしているかたもいます。「お小遣い」ならお祝いではないのでいいという考えかた。親族の考えもあるので一度相談してみるといいかもしれません。

 

お年玉をあげる側としては、子どもたちの喜ぶ姿や笑顔がなによりもうれしいですよね。新年が気持ちよく過ごせるように、あらかじめお年玉の金額については「いくらあげるのか」親戚同士で決めておきましょう。

お年玉の用意は早めが肝心です。新札を用意する必要があるので、平日の空いた時間に銀行に行って換えましょう。最近ではいろいろなデザインのポチ袋もあるので、子どもの好きなものや性格に合わせたものを選ぶとより喜んでくれますよ。