夫婦は手をつないだほうがいい? 手をつなぐメリットとは

夫婦のお悩み解決コラム

最近、夫婦で手をつないでいますか? いろいろな愛情表現がある中、一番簡単な「手をつなぐ」というスキンシップは、結婚してからできなくなる傾向にあるようです。

でも実は、「手をつなぐ」愛情表現こそ、夫婦円満の秘訣! むしろ、夫婦になってからのほうが手をつなぐ機会を増やしたほうがいいくらい、多くのステキな効果があるんです。

そんな手をつなぐメリットと、夫婦デートのすすめなどをご紹介します。ぜひ手をつなぐきっかけにしてくださいね。

 

1. 手をつなぐ夫婦は幸せ?

旭化成ホームプロダクツ株式会社が、30歳~59歳の既婚男性・既婚女性を対象に「手にまつわる意識調査」というアンケートを行った結果、手をつなぐ習慣のある夫婦は全体で33.6%! 半分以下です。

しかし、「夫婦で手をつなぎたいと思いますか?」という質問では、61.8%もの人が「手をつなぎたい」と答えました。理由として1番多いのが「夫婦間のスキンシップのため」で、次点は「パートナーのことが好きだと思うから」となりました。つなぎたい思いはあってもなかなかできないのが実情のようです。

手をつなぐことで幸せに!

手をつなぐ習慣のある夫と妻のうち、96.4%は「自分達はいい夫婦」と思っているそうです。さらに、手をつなぐ習慣のある夫婦のうち95.7%の妻が「妻として幸せ」だと感じていることもわかりました。

反面、手をつながない夫婦では78.3%という結果に。「手をつなぐ」ということだけで、幸福度の差が約20%もあるということに驚きですね。

なぜ手をつなぐのをやめてしまうの?

恋人時代や新婚のときは、デートのたびに手をつないでいたかたも多いはず。夫婦関係にいいことづくしの「手をつなぐ」という習慣ですが、3割の夫婦しか実行できていないのはどうしてでしょうか。以下のことが考えられます。

  • 子どもの世話で手をつなぐ暇がない
  • 夫婦として手をつなぐことが恥ずかしい
  • 人目が気になる

子どもが産まれると、ベビーカーを押したり抱っこをしたりとお世話で手一杯になります。そのことをきっかけに、夫婦で手をつなぐ習慣が途絶えてしまうのではないでしょうか。

一度離れた習慣はなかなか戻りませんよね。子どもに手がかからなくなってから改めて「手をつなぐ」ことに対して、気恥ずかしさを感じるのかもしれません。

 

2. 手をつなぐメリットとは?

夫婦は手をつないだほうがいい? 手をつなぐメリットとは

ストレスが軽減される

肌と肌が触れ合うスキンシップにより「オキシトシン」という愛情ホルモンが分泌されると言われています。ストレスの緩和や愛情、信頼を維持させるなどの効果があるそう。「手をつなぐ」ことは抱きしめたりキスをしたりすることよりも手軽に、長い時間触れ合うことができるので、オキシトシンの増加が期待できそうです。

安心感を得ることができる

温かく落ち着いた手に包まれると、緊張がほぐれませんか? 手にはたくさんの神経があります。そんな手をつなぐことで、相手をより身近に感じられたり、不安な気持ちやイライラを落ち着かせてくれるのではないでしょうか。

夫婦のきずなを感じられる

手をつなぐことで得る幸福感は、特別なものですよね。手をつなぐたびに、夫婦の愛情やきずなを感じられる……それは他の誰でもない、夫婦だからこそ。街角で手をつないでいるご夫婦をたまに見かけますが、「幸せそうだなあ」とこちらの胸まで温かくなります。

 

3. 夫婦デートのススメ

こちらの記事のとおり、夫婦デートは夫婦円満の効果があるそうです。さらに、夫婦デート経験者のうち6割の人が「夫婦仲が良くなる」と答えており、週に1回の夫婦デートで「惚れ直す」効果を感じているのだとか。その理由として考えられるのが、「夫婦で手をつなぐ」ことではないでしょうか。

普段の夫婦のお出かけは、スーパーなど食料や日用品の買い物、子どもを連れてどこかへ行くなど、家庭のためにすることが多いですよね。荷物で手が埋まりますし、子どもの面倒を見るために手を開けておく必要があるため、状況的に夫婦で手をつなぐことが難しくなります。

しかし、夫婦デートはあくまで「夫婦のため」のもの。お互いの存在だけを気にかければいいので、「手をつなぐ」きっかけ作りにはもってこいです。

夫婦は手をつないだほうがいい? 手をつなぐメリットとは

付き合いたてのカップルの初めてのスキンシップが手をつなぐことと同じように、恋人や新婚のときのような初々しい気持ちを思い出させてくれそう。それが「夫婦円満」と「惚れ直す」効果につながるのかもしれませんね。

一度手をつないでしまえば、あまり恥ずかしがることなく自然につなげるようになり、より親密度が増しそうですね。

 

手をつなぐ習慣のある夫婦が少ないように、結婚をして月日が経つとどうしても夫婦間の距離が開きがち。仕方ないと諦めるのではなく、これからの夫婦円満のため、そして「手をつなぐきっかけ」を作るためにも、積極的に夫婦デートをすることが大切だと思います。

手をつなぐことはさまざまな効果をもたらしますが、それはお互いが「かけがえのない夫婦」だからこそ。おじいちゃんおばあちゃんになっても、手をつなげる関係が理想的ですね。

この記事をSNSでシェア