いつ贈る? 結婚・出産の内祝いのマナーとのしの書きかた

一言で内祝いといってもいろいろな種類がありますが、今回は若い夫婦が贈ることが多い結婚・出産の内祝いについてご紹介します。それぞれの相場やよく選ばれる品物、のしの書きかたについてもチェックしてみましょう。

 

1. そもそも内祝いって何?

内祝いの定義

もともと、内祝いは「結婚・出産・入園入学・進学・新築・病気快気などのおめでたい出来事を周囲に報告し、幸せをおすそ分けするために贈る品物」を指す言葉。そのため、本来はお祝いをいただいていない人にも内祝いを贈ることがあります。

ただし、現在では単に「内祝い=お祝いをいただいた人へのお礼」とみなされるケースが増えています。

内祝いと「おため」は別物?

関西出身の人なら、「おため(おうつり)」について耳にしたことがあるかもしれません。

郵便・宅配便サービスが発達していなかった時代は、お祝いを相手の自宅まで持って行くのが普通でした。当時はお祝いをいただいた相手を手ぶらで帰すのは失礼と考えられており、その場で「気持ち」程度の軽い贈り物を渡すことを「おため」と呼んでいたんです。

お返しは、いただいたお祝いが現金ならその約1割、品物なら白い半紙や懐紙(おため紙)が一般的でした。

現在はおためを渡す機会は少なくなりましたが、お祝いを手渡しでいただいた場合はおためを渡すとより丁寧な印象を与えることができます。お金を渡すならおため用の水引つき金封・ポチ袋、品物を渡すなら上品な干菓子やちょっとした実用品(お箸など)を準備しておきましょう。

おためはあくまでもちょっとしたお返しであり内祝いとは別物。正式な内祝いの準備ができたら、改めてお礼の言葉を添えて贈りましょう。

 

2. 結婚内祝いについて

いつ贈る? 結婚・出産の内祝いのマナーとのしの書きかた

結婚式を挙げた場合、披露宴のお料理や引出物・引菓子などが内祝いに相当します。現在では、以下にあてはまる場合にお礼として内祝いを贈るのが一般的です。

  • 結婚式に招待していない人・出席できなかった人からお祝いをいただいた
  • 結婚式を挙げなかったが、お祝いをいただいた

このほか、結婚式の料理・引出物の内容がささやかだった場合に追加として内祝いを贈るケースもあります。

結婚内祝いを贈る時期と品物

結婚式を挙げた場合は挙式日、挙げなかった場合はお祝いをいただいた日から1ヶ月以内に贈るのが望ましいです。

結婚内祝いの金額は、いただいたお祝いの1/3~半額程度が目安。おすすめの品物は日用品・食べ物(お菓子・鰹節・お米など)・カタログギフトなどですが、地域によって異なる場合があるのでお互いの両親・親戚に確認すると安心です。なお、「切れる」を連想させる刃物などはおすすめしません。

結婚内祝いの「のし」の書きかた

結婚内祝いには、紅白または金銀10本(5×2束)の結び切りののしを使用します。結び切りは、一度きりが望ましいとされるお祝い(結婚・可息祝いなど)のための結びかた。

のしの上段に「内祝」もしくは「寿」、下段に結婚後の新姓または夫婦の連名を記入します。連名を記入する場合は、左に夫の名前・右に妻の名前を書きましょう。

基本的に外のし(包装紙の上からのしをかける方式)・内のし(品物に直接のしをかけ、その上から包装紙をかける方式)のどちらでも良いですが、ネットのギフト専門店を利用すると自動的に内のしになることが多いようです。

 

3. 出産内祝いについて

いつ贈る? 結婚・出産の内祝いのマナーとのしの書きかた

出産祝いをいただいたら、お礼として出産内祝いを贈ります。産後はなにかと慌しく、またママは赤ちゃんのお世話で心身ともにクタクタになることが多いので、出産前から何を贈るか目星をつけておくと安心ですね。

出産内祝いを贈る時期と品物

出産内祝いは、産後1ヶ月前後を目安に贈りましょう。産後1ヶ月をすぎてからお祝いをいただいた場合は、なるべく早め(いただいた日から約1ヶ月以内)に贈りたいですね。

出産内祝いの金額の目安は、いただいたお祝いの1/3~半額程度。近年は、お菓子の詰め合わせなどを贈ることが多いようです。出産内祝いに特化したギフト専門店では、赤ちゃんの名前を入れてくれるサービスも。

赤ちゃんの写真つきメッセージカードを添えることも多いですが、赤ちゃんがなかなかできず悩んでいる人にとっては負担になる恐れがあるので注意しましょう。

出産内祝いの「のし」の書きかた

出産内祝いには、紅白5本の蝶結びののしを使用。蝶結びは、出産・引越し・お中元・お歳暮などのように何度あってもうれしいお祝いに使用される結びかたです。

のしの上段に「内祝」、下段に赤ちゃんの名前をふりがな付きで記入します。姓やパパ・ママの名前は記入しなくてもOKです。

出産内祝いは結婚内祝いよりやや控えめなお祝いになるので、外のしよりも内のしにすることが多いようです。

結婚・出産のお祝いをいただいたらすぐに内容を確認し、お礼の電話をかけるのが礼儀です。ただし、親しい友人の場合は、メールでも良いかもしれません。

冠婚葬祭に関するマナーは地域によってまちまちです。もし内祝いについてわからないことがあったら、両親・義両親や年上の親戚などに確認すると安心ですよ。