予定が合わない夫婦のための仲良く過ごすコツ3つ

夫婦のお悩み解決コラム

結婚をして一緒に住むようになっても、予定が合わなくてなかなか夫婦の時間を作れないことがありますよね。

共働きをしていて夫婦の職種が違うと、休日や勤務時間が異なるためすれ違いが生じます。ひとりで過ごす時間をさみしく感じたり、街中でデートをしている夫婦を羨ましく思うこともありませんか?

そんな予定が合わない夫婦が仲良くするにはどうすればいいのか、3つのコツをご紹介します。また、予定が合わない夫婦の共通認識と喧嘩をしないように気をつけることについてもまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1. 予定が合わない夫婦が仲良く過ごすコツ3

予定が合わない夫婦に必要なことを大きく分けると、「スケジュールの共有」「夫婦のコミュニケーション」「会える日を濃密に過ごす」の3点。それでは、どうやって実践すればいいのか、夫婦が仲良く過ごすコツをご紹介します。

1. 予定を共有しておく

勤務日や時間、休日をお互いに知っておくのは基本。会えない時間でも相手が今何をしているのか知っていると安心できますし、一緒に過ごす時間を調整しやすくなりますよ。

いつでも確認・共有できるように、スマホのカレンダーに予定を入れておくか、スケジュールが共有できるスマホアプリを入れて管理をすると便利です。

2. コミュニケーションを途絶えさせない

メール・置手紙、一緒にいる時間は少しでも会話など、コミュニケーションを継続させましょう。日常のことや、「今日も頑張ろう・お疲れ様」など相手を労う言葉など、内容はなんでも大丈夫です。

なるべく途絶えないようにするのが大切。会えない時間でも、お互いの存在を認識できますよ。

3. お互いの予定が会う日を作る

連続休暇の取得日を一緒にしたり、有休を同じ日に取得するなどして、予定の合う日を作りましょう。なるべくたっぷり一緒に過ごせるように、連休にするとベスト。旅行に行くのもいいですし、家でのんびり過ごすのも新鮮かも。

何をして過ごすかは、こまめに連絡を取り合いながら相談しましょう。「年に12回」など決めておくと、その日を楽しみに頑張れますよ。

2. お互いに持っておきたい共通認識とは?

どんなことにも感謝の気持ちを

例えば、ずっとすれ違って会えない休日でも「なんで予定が合わないんだ!」とイライラするのではなく、「今自分がゴロゴロしている間、妻(夫)は仕事をしてくれているんだなあ。ありがとう」と感謝。

久しぶりに予定が合った日は「よかった」だけではなくて、「普段会えないからこそ、予定が合ったときのありがたみを知ることができるんだなあ」と感謝。

そうすることで、「予定が合わなくても、なんだか楽しい」気分になりますし、会えない時間のモヤモヤを軽減させることができるはずです。

予定を合わせる努力を忘れない

「早起きしたらちょっとでも会えるかも」「今家事を終わらせたら話せる時間が作れるかも」など、常に夫婦のコミュニケーションがとれるように努力しましょう。

片方だけが努力をしても不満が積もるだけなので、夫婦2人とも意識することが必要です。予定が合わないと諦めてしまいがちになりますが、最低限できることはないか考えてみてくださいね。

ただ、なんでも合わせていたら自分の身体が持たないので、「できる範囲」でのスケジュール調整が大切ですよ。

すれ違いを受け入れ、楽しむ

「予定が合わないことは仕方ない。会えない時間を楽しむ」として、自分の趣味やスキルアップの時間に使うこともおすすめ。努力しても会える時間を捻出することができないのなら、その時間を有効活用してみましょう。

「結婚してから自分の時間がなくなった」という夫婦が多い中、予定が合わない夫婦はその分自分の時間が確保できます。ポジティブにそのことを受け止めて、自分の時間を満喫してはいかがでしょうか。

3. 予定が合わないことで喧嘩しないために気をつけたいこと

予定が合わない夫婦注目! 仲良く過ごすコツ3つ

相手の仕事について文句を言わない

予定が合わないと、つい怒りの矛先が相手の勤務先に向きがちに。「夜勤ばかりなら転職すれば?」「土日も出勤してるのに給料それだけ?」など、相手の仕事について文句を言うのはやめましょう。

相手も同じように自分の仕事について文句を言うようになり、ケンカが絶えなくなるかもしれません。ただ、限界だと感じたら「もうちょっと勤務形態を変えることはできないかな?」と相談をしてみては。

愚痴タイムを作る

予定が合った日はなるべく笑顔で楽しく過ごしたいですが、そればかりだと日ごろの不満やイライラが貯まりがちに。かといって片方が愚痴ばかり言っているのも「せっかく予定が合ったのに」と疲れてしまいます。

貯まった不満は会えない日にどんどん蓄積されて、予定が合った日に喧嘩へと発展することもあるので、「愚痴タイム」を作りましょう。お互いが仕事の不満や日ごろの愚痴を手短に話すことで、次に予定が合った日はもっと気持ちよく過ごせるのではないでしょうか。

 

マイナス面ばかりをピックアップするときりがないので、とにかくポジティブに考えることが大切! 会える時間の尊さを感謝しながら、ときに愚痴を言い合って夫婦のバランスを整えましょう。

ひとりで過ごす時間も大切なので、思い切りエンジョイしてくださいね。どうしてもさみしさや不満がある場合は、相手の仕事を責める前に「どうにかできないかな」とやんわり相談してみましょう。

この記事をSNSでシェア