夏バテの原因・症状と、夫も満足できる夏バテ対策レシピ

夏になるとツライもののひとつが夏バテですよね。今回は夏バテの原因やおもな症状、そして夫・家族にも喜ばれる簡単夏バテ対策レシピをご紹介します。毎日しっかり栄養を摂って、夏を元気に乗り切りましょう!

 

1. 夏バテの原因と症状とは

夏の暑さの影響で起こる夏バテ。症状は人によって異なりますが、主なものは以下のとおりです。

  • 倦怠感、だるさ
  • 食欲不振
  • 消化器の不調(下痢・便秘など)
  • 立ちくらみ・めまい
  • むくみ
  • 微熱
  • 吐き気
  • 精神的症状(無気力、イライラ、落ち込みなど)

症状だけでなく原因も人それぞれですが、以下のようなものが挙げられるでしょう。

睡眠不足

夏の夜は寝苦しく、なかなか寝付けないものですよね。睡眠が不足してしまうことで日中溜まった疲労が回復できずに疲れが蓄積され、倦怠感やだるさが取れないといった夏バテの症状が起こる可能性があります。

発汗による水分・ミネラル不足

暑いと体は汗をかいて体温を下げようとしますよね。しかし、発汗で体内の水分やミネラルが失われているにもかかわらずそれらを十分に補給できていないと、脱水症状といった不調を引き起こすことになってしまいます。

室内と屋外の温度差

行き来する室内と屋外の気温が違いすぎると、体温を調節する役割を担っている自律神経の働きが低下してしまう恐れがあります。自律神経の不調が倦怠感や食欲不振を引き起こし、夏バテに。

冷え

暑いからといってクーラーが効きすぎた環境に長くとどまると、体が冷えて血流が悪くなります。血流が悪化することで全身がだるくなったり、胃腸の不調といった症状が起こり、夏バテに繋がる可能性があります。

冷たいものの摂りすぎ

冷たい食べ物や飲み物の摂りすぎも夏バテの要因になる恐れがあります。胃腸が冷え、消化器への負担が大きくなることで下痢や便秘などを引き起こしたり、必要な栄養を吸収できずに体力が落ちてしまいがちに。

夏バテで体力が落ちると、夏風邪などにもかかりやすくなってしまいます。たかが夏バテとあなどらずに、早めに対策を立てたいもの。夏バテ対策には、クーラーを効かせすぎない、夜ぐっすり眠れるように工夫するなどのほか、栄養たっぷりの食事を摂ることも大切です。

 

2. 簡単! 夏バテ対策レシピ

栄養価の高い食事と言っても、「スタミナをつけなきゃ!」と無理にこってりしたものを食べると、消化器に負担をかけてしまうかも。逆に、暑いからといってあっさりしたメニューばかりでは栄養不足になりがち。栄養バランスを重視して、さまざまな食材をまんべんなく食べると良いですよ!

豚肉の冷しゃぶサラダ

<img src="https://meotalk.jp/_wp_/wp-content/uploads/2017/08/999d8f0722ce8dbd9893e281cf3c7272-1024x683.jpg" alt="夏バテの原因・症状と、夫も満足できる夏バテ対策レシピ" width="1024" height="683" class="aligncenter size-large wp-image-13343" />

さっぱりした豚肉と野菜でビタミン類を、海藻でミネラルを簡単に摂ることができます。野菜は冷蔵庫にあるものでOK!

材料(2人分)
豚肉(薄切り)200g、レタス1/4個分、プチトマト6個、きゅうり1/2本分、海藻サラダミックス(乾燥)適量、好みのドレッシング(おろしポン酢・ごまドレッシングなど)適量

  • 海藻サラダミックスは水でもどし、軽くしぼっておきます。
  • レタスはよく洗って一口大にちぎり、きゅうりは千切りにします。プチトマトはよく洗ってヘタを取り除きます。
  • 鍋に湯をわかして豚肉をさっと茹で、すぐに氷水にとって冷やします。
  • 皿に野菜と海藻を盛り付け、その上に水気をよく切った豚肉をのせます。
  • 食べる直前にドレッシングをかけます。

うなぎ入りちらし寿司

夏バテの原因・症状と、夫も満足できる夏バテ対策レシピ

栄養豊富で夏バテに効く食材と言われているうなぎ。ちらし寿司ならうな丼よりあっさり食べられますね。

材料(2人分)
うなぎ4切れ、さやえんどう2本、きゅうり1/4本、卵1個、酒適量、ご飯適量(丼2杯分)、寿司酢適量、刻みのり適量

  • 薄焼き卵を作り、細く切って冷ましておきます。
  • さやえんどうをサッとゆでて細かく切り、きゅうりは千切りにしておきます。
  • ご飯に寿司酢を混ぜ、冷ましておきます。
  • うなぎをアルミホイルにのせて酒をふりかけ、トースターで加熱してふっくらさせます。
  • 酢飯を丼に盛り、その上に具材を彩りよくのせます。

温泉卵のせビビンバ丼

夏バテの原因・症状と、夫も満足できる夏バテ対策レシピ

男性でも満足できるボリュームがあり、しかも野菜と肉を一度にたっぷり摂れます。本場、韓国風に全体を混ぜながら食べるのがオススメです。

材料(2人分)
牛肉(薄切り)250g、人参1本、ほうれん草(小松菜でもOK)1袋、ぜんまい水煮1袋、もやし1袋、卵2個、A〈酒大さじ1.5、砂糖小さじ2、しょうゆ大さじ1、オイスターソース小さじ1〉、B〈にんにく1かけ(刻む・またはおろす)、すりごま大さじ2、コチュジャン適量〉、ごま油適量、ご飯適量(丼2杯分)

  • 卵はあらかじめ冷蔵庫から出し、室温に戻しておきます。
  • Aをまぜ合わせ、細切りにした牛肉をしばらく漬け込んでおきます。
  • Bをまぜ合わせ、タレを作っておきます。辛いのが苦手な人やお子様は、コチュジャンを減らして市販の焼肉のタレ(甘口)を加えてもOK。
  • 人参は千切りに、ほうれん草とぜんまいは食べやすい大きさに切ります。
  • 鍋に湯を沸騰させ、卵を入れて火を止めたのち12~15分放置します。
  • フライパンにごま油をひき、野菜を1種類ずつ炒めていきます。
  • 野菜をすべて炒めたら、最後に牛肉を炒めます。
  • 丼に入れたご飯の上に肉と野菜を彩りよくのせ、食べる直前に温泉卵とタレをのせます。

山芋の梅かつお和え

山芋に含まれるムチンは、タンパク質の消化吸収を助けて疲労を回復する効果が期待できます。さらに、梅干のクエン酸による疲労回復効果も。火を使わずにサッと作れるので、もう一品ほしいときにも重宝しますね。

材料(2人分)
山芋150~200g、梅干1個、だし汁少々、かつおぶし適量

  • 山芋の皮をむき、千切りか薄めのいちょう切りにします。
  • 梅干の種を取り除き、細かく刻むか包丁の背などで叩いてペースト状にします。梅干の代わりに、梅肉を使ってもOK!
  • 材料をすべて合わせ、よく混ぜます。

 

長時間オフィスで過ごす人などはクーラーによく当たるため、自力で夏バテに対策するのが難しいことも。自分自身が気をつけていても、夫や家族が夏バテになってしまうこともあります。元気な体づくりのためには毎日の食事が重要ですから、栄養のあるものをしっかり摂りたいですね

 

参考:
 どうして夏バテするの?|大鵬薬品工業株式会社
夏バテ 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト
夏ばてとは?夏バテの原因・症状 – gooヘルスケア