夫が単身赴任!? 夫の転勤についてくメリット・デメリット

夫婦のお悩み解決コラム

夫が転勤になったとき、あなたはついていきますか? 妻としてはついてくべきかとても悩むところですよね。共働きや子どもがいたら、夫婦2人の問題だけではなくなってしまいます。かといって夫に単身赴任をさせるのも心配。せっかく結婚したのに、離れ離れに暮らすのはさみしいものです。

今回はそんな夫の転勤についていくか、そしてついていくメリットやデメリットにはどんなものがあるのかをご紹介します。家族での大切な決断にはなりますが、ぜひ参考にしていただけると幸いです。

 

1. 夫が単身赴任になったら、どれくらいの人がついていく?

夫が転勤になったとき、世の中の夫婦はどうしているのでしょうか。マイナビニュースが会員の既婚女性309人にアンケートを実施しました。

「配偶者が転勤になった場合、あなたは一緒についていきますか?(過去についていきましたか?)」という質問に対して、以下の結果が得られたそう。

  • ついていく:69.9
  • ついていかない:30.1

「ついていく」が約7割と、男性としてはうれしい結果ですね。「ついていかない」と答えた3割のかたの理由について、最も多かった回答が「自分の仕事があるから(65.6%)」。

共働き夫婦の場合、転勤についていくとなると、妻が仕事を辞めなければならなくなります。責任のある仕事を任されていたり、築き上げたキャリアを捨てるとなると、悩ましいところですね。

さらに、子どもがいる家庭はどうなるのでしょうか。回答してくれた既婚女性309人のうち、子どものいる人は121人。その中からクロス集計した結果がこちら。

  • ついていく:57.9
  • ついていかない:42.1

先ほどより「ついていく」の割合が減少してしまいました。理由としては「自分の仕事があるから(58.8%)」に次いで、「子どもの学校を変えたくないから(39.2%)」となりました。

子育てにはなにかとお金がかかるので、仕事を辞めるのは悩むところ。さらに「転校」というのは、子どもにとって勇気のいることですよね。せっかく慣れた学校や仲良しのお友達と離れるのは、大きな試練となります。逆に、それを「子どもが成長するチャンス」ととらえるか、各家庭それぞれの難しい問題ですね。

 

2. 夫の転勤についていくメリット

先ほどでは「ついていく」と答えた妻が多い結果となりましたが、転勤についていくメリットとデメリットはなにがあるのでしょうか。まずはメリットから。

家族が一緒にいられる

1番のメリットはやっぱり「家族が一緒にいられること」だと思います。やはり夫をひとりで行かせるのは不安ですし、家族がそろっていると心強いですよね。お子さんがいる家庭は、目まぐるしく変化する子どもの成長を一緒に見ることもできます。

お金がかからない

夫が単身赴任して妻の生活と別々になると、それぞれに住居費や光熱費等がかかります。また、単身赴任をしたら夫が家族に会いに行く交通費もかかりますよね。

しかし転勤して一緒に住んでしまえば、生活費も一緒、交通費も必要ありません。単身赴任よりは節約しやすくなるでしょう。

リセットできるチャンス

たとえば、近所の人に対して困っていることがあったり、子どもが学校で辛い思いをしていたりと、今住んでいる地域に対して悩みがある場合、その関係を断ち切ることができます。

さらに、今住んでいるところに飽きていたり、マンネリ化していた夫婦生活も、新しい土地で心機一転頑張るきっかけにもなるのではないでしょうか。

 

3. 夫の転勤についていくデメリット

引っ越しが大変

単身赴任なら夫だけの荷物でよいですが、家族がついていくとなると荷物も家族分必要です。

転勤先の住居に荷物が入りきらない場合は売ったり捨てたりと、家族分の荷造りに追われ時間も手間もかかります。荷物が増える分、引っ越し料金が高くつくこともあるでしょう。

子どもがいる家庭は転校をしなければいけない

小学生以上になると、転校は人生の分岐点となります。のちの進路や将来にも関わるかもしれません。まずは転校することを子どもに伝え、必要ならば説得。お友達や先生と別れを告げることは、子どもにとって悲しいことでもあります。

転校先にすぐになじめば良いのですが、そうでない場合は「学校に行きたくない」と泣く子どものケアが必要になります。ちょっと胸が痛くなってしまいますね。

慣れない土地に対する不安や不満がたまりやすい

夫は転勤先の会社で働くことで、徐々に地域になじむことができますよね。会社で顔見知りが増えたり、おすすめのお店やスポットを教えてもらったり。

一方妻は、見知らぬ土地に住むことになり不安になります。近所づきあいも一から始まり、ゴミの分別や地域活動等もまた覚えなおし。慣れない土地に対する不安や、「せっかく転勤について行ったのに……」といった不満を感じることもあるかも。

 

多くの妻が夫の転勤に「ついてく」と回答しましたが、事情によってはそれが難しいこともありますよね。それぞれにメリット・デメリットがありますが、家族が何を重要視するのかによっても変わってくるかと思います。

仕事のことや子どものこと、これからの家族がどうしていきたいかをよく話し合って、最善だと思える選択ができると良いですね。

出典:マイナビニュース「夫の転勤に、ついていく? 既婚女性の約3割は「ついていかない」

この記事をSNSでシェア