良い匂いは遺伝子レベルで惹かれ合う!? 夫婦の匂い事情とは

夫婦のお悩み解決コラム

パートナーの匂い、好きですか? 姓名判断や星占いなど、相手との相性を調べる方法はいくつかありますが、夫婦として遺伝子的に相性が合っているか調べる方法のひとつに「匂い」があります。

相手のことを「良い匂い」と思うのなら、それは人間の本能的に相手を求めているということ。遺伝子的に惹かれ合っているかもしれないんです!

今回はそんな「匂い」についてご紹介します。なぜ匂いと相性が関係あるのか、遺伝子的に惹かれ合うとはどういうことなのか、匂いは変化していくものなのかなどをまとめてみました。

 

1. 匂いが好きだと相性がいい? パートナーの匂いと関係性の話

香水やシャンプーの匂いではごまかせない、その人独自の「体臭」というものがあります。人間はその体臭を嗅ぎ分けることができるそうなんです。

「嫌いな匂い」と感じる相手は、自分と遺伝子が近いため無意識に避けるのだとか。思春期の女の子が父親のことを「くさい!」と言って生理的に嫌うようになるのも、この「匂い」が関係していると言われています。

特に女性は子どもを産むことから、男性よりも嗅覚が優れているそうです。より良い遺伝子を子どもに宿すために、「匂い」で遺伝子の相性の良い異性を探し求めているのだとか。

そもそもなぜ「匂い」が遺伝子と関係しているの?

通称、相性遺伝子と呼ばれる「HLA遺伝子」が、人間の相性と匂いに深く関係しているそうです。HLA遺伝子というのは、「白血球の血液型のようなもの」だと言われています。

この遺伝子が異なるほど多様性が生まれ、強い子孫が残せるのだとか。人間は本能的に、自分と異なるHLA遺伝子を持つ相手に強く惹かれるというわけです。

スイスの博士が行った「Tシャツ実験」をご紹介します。44人の男性に対して、同じTシャツを二晩着用して寝てもらいました。実験期間中は、わき臭止めやコロン・ローションなどの香りのするもの、 香辛料を使った食べ物やアルコール、セックスを禁止していました。

そして、49人の女性にそのTシャツの匂いを嗅いでもらい、「好きな匂い」のTシャツを選んでもらいます。女性たちがそれぞれ選んだTシャツを研究してみると、「女性の遺伝子パターンから1番遠い遺伝子パターンを持つ男性のTシャツ」だという結果になりました。

人間は無意識のうちに、匂いを嗅ぎ分けていることがわかりました。つまり、相手の「匂いが好き」ということは、遺伝子レベルで「相性が良い」ということになりますね!

 

2. 匂いが変わることってある?

株式会社マンダムの調査によると、75.4%の女性が「結婚してから相手の匂いが気になるようになった」と回答したそう。匂いが気になりだした夫の年齢は、平均で37歳だそうです。

この調査で興味深いのが、30代後半から愛情度が低下しているということ。さらに、夫への愛情度が低い女性ほど「匂いのケア」を強く希望していることもわかりました。

匂いと愛情度が関係しているように思える結果ですね。愛情が薄れたために「くさい」と感じるようになるのか、加齢に伴い匂いが強くなることで愛情が薄れていくのかはわかりません。結婚年数を重ねるごとに、匂いの感じ方が変化するのかもしれませんね。

夫婦,夫婦関係,夫婦円満

環境や食べ物によって変わる?

飲酒や喫煙・香辛料の食べ物を食べるなどしても「匂い」は変わります。結婚してから環境や食生活が変わったかたは、「匂い」も微妙に変化しているかも。

人間が持つ「体臭」は変わらないので、もしも結婚相手に「ちょっとくさい……」と嫌な顔をされた場合は、匂いケアに力を入れてみるといいかも。

年齢による加齢臭も

約40歳前後になると、ノネナールという物質が体から分泌されます。これは加齢臭の元ともいわれている物質。自分では気づきにくいので、体をよく洗ったり衣類を清潔に保つなどの対策が必要になります。

女性の嗅覚が鋭くなることも

月経周期の真ん中は、通常の100倍ほど女性の嗅覚が鋭くなっているといわれます。妻がいつもよりも敏感に匂いを察知するときにケアを怠っていると「くさい……」と思われてしまう可能性が。

パートナーから以前「良い匂い」と言われていても、環境や年齢により「匂い」もわずかに変化します。遺伝子的に相性ピッタリだとしても、匂いケアを怠っていると愛情が薄れる可能性もあるので、日ごろから匂いのチェックやケアを忘れないようにしましょう。

 

「性格」や「見た目」などにも相性がありますが、1番わかりやすくてシンプルなのが「匂い」だと思います。より良い遺伝子を残すために、本能的に匂いで相手を求めているなんて素敵ですね。

ただし、交際当初は「良い匂い」だと思っていても、結婚後に「匂いが気になる……」となることも調査結果でわかったので、口臭ケアや衣類の洗浄など、匂いに気をつかうことも大切です。匂いで惹かれ合って、匂いで愛情が薄れてしまう……なんてことにならないためにも、普段からできるケアはやっておくといいかもしれませんね。

 

出典:
ジーンフューチャー「相性遺伝子(HLA遺伝子)とは?」
株式会社マンダム「夫婦の関係とニオイ問題」
ノネナール臭対策

この記事をSNSでシェア