結婚してから自分の時間がなくなった! どうやって確保する?

夫婦のお悩み解決コラム

結婚したとき「これから毎日大好きな人と一緒にいられる……」と思ったかたも多いはず。しかし日々を過ごしていくうちに気づくのが、「自分の時間がない!」ということ。平日も休日も、家には必ずパートナーがいるのはうれしい反面、息苦しくもありますよね。

今回は、喧嘩にならないように自分の時間を作る方法についてご紹介します。相手を悲しませないように話し合うポイントや、また逆に相手から「自分の時間が欲しい」と言われたときの対応などもあわせてまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

1. 意外といる!? 結婚しても自分の時間が欲しい人

マイナビウエディングが20~50代の既婚男女319名を対象に「ひとりになる時間」についてアンケートを行いました。その調査結果は以下のとおり。

結婚してから自分の時間がなくなった! どうやって確保する?

マイナビウエディング「Q.プライベートな時間の中で、ひとりになりたいときはありますか?」をもとにグラフを作成

意見は真っ二つに分かれていますが、「ひとりになりたい」がやや多いですね。ちなみに「どんなときにひとりになりたいか」という質問で最も多かった回答は「趣味など自分の好きなことをするとき」となり、「仕事で疲れているとき」「気分転換したいとき」「考えごとをしたいとき」と続きました。

やはり結婚となると、なかなか自分の時間が持てないのが実情のよう。夫婦で趣味が合わない場合や、好きなことに没頭したいときなどは「ひとりになりたい」と考えるかたが多いのかもしれませんね。

それに、結婚したらこれから半世紀は一緒にいることになります。相手のペースに合わせることも多くなりますし、ずっと一緒だと相手の嫌なところが目につくことも。窮屈だなと思うかもしれません。

そんなときに自分の時間を作ることで、自分の気持ちや考えを整理することができます。心に余裕もできるので、パートナーと一緒に過ごす時間も、より充実したものになるかもしれません。

 

2. 喧嘩しないように自分の時間を持つ方法

いつ時間が作れるかを考える

まず、自分が「ひとりになりたい」と思うのはいつかを考えておきましょう。土日などの休日なのか、1日か半日か、毎日1時間程度必要なのかなど、具体的な曜日や時間を洗い出します。

自分のほしい時間がいつかわかったら、次は相手のことを考えてみましょう。休日は一緒じゃないとだめなタイプなのか、むしろ相手もなにか趣味があるのかなど。ある程度自分と相手の希望がかみ合うようなタイミングを見つけてくださいね。

相手に相談する

時間にゆとりのあるときや雰囲気の良いときに、相手に思い切って言いましょう。いきなり「自分の時間がほしい」と言うと、あらぬ誤解や心配をかけられるかもしれないので、きちんと理由を伝えるのが大切。「日曜日の夜はひとりでゆっくりしたい」や、「毎日30分程度、趣味の時間が作りたい」とやんわり言ってみましょう。

相手が同意してくれれば良いのですが、微妙な顔をしたら相手の言い分も聞いてくださいね。「さみしい」「せっかく夫婦になったのに」など言われるかもしれませんが、ここで反論すると喧嘩になるので注意。相手の言い分をすべて聞き終わってから発言してくださいね。

「自分の時間が持てたほうが、夫婦の時間をもっと楽しめる気がしない?」など、「夫婦の時間」が大切なことを知っているうえで、ひとりの時間が必要なことを伝えましょう。

一緒に時間を決める

相手が納得してくれたら、いつひとりの時間を作るのか決めましょう。例えば月に1回程度ほしいのなら、相手の意見とすり合わせていつにするか決定。毎日決められた時間がほしいのなら、それ以外はなるべく一緒に過ごすなどの落としどころも考えておきましょう。

 

3. パートナーに自分の時間が欲しいと言われたら?

もしもパートナーに自分の時間が欲しいといわれた場合、突然のことでショックを受けるかたも多いはず。しかしそれは、あなたと一緒にいるのが嫌だという理由ではなく、趣味に没頭したいなど息抜きが目的の場合がほとんど。

それに、ひとりの時間が欲しいということをきちんと伝えてくれるのは、信頼されている証です。たまに、帰宅時間を遅らせたり、トイレにこもる時間を長くするなどして自分の時間を捻出するかたもいますが、相手にきちんと伝えるほうが誠意を感じられますよね。

「ずっと一緒にいて!」と相手を縛り付けるよりは、相手のしたいことを尊重してあげることで、より良い夫婦関係が結ばれるのではないでしょうか。適度に距離をおくことで、相手にも自分にもよい息抜きとなりますよ。いつ自分の時間が欲しいのか相手とよく相談をして、気持ちよく了承してくださいね。

より良い夫婦生活を送るために必要だといっても過言ではない「自分の時間」。結婚してから長い時間一緒にいられるのだから、たまにはひとりの時間を作るのも良いですよ。そして相手にも息抜きをしてもらうために、自分の時間を作ってもらいましょう。

喧嘩をしないように、お互いが納得できるようにしっかり話し合いをして、ベストなタイミングを見つけてくださいね。

 

出典:
マイナビウエディング「結婚したってひとり時間がほしい! 4割が「家族が寝たあと」の時間を利用」

この記事をSNSでシェア