いってらっしゃいのキスで事故に遭わない? 驚くべき効果とは

夫婦のお悩み解決コラム

みなさんは朝、「いってらっしゃいのキス」をしていますか? まさに幸せな新婚さんの朝の風景ともいえる光景ですが、実はこのキスには驚くべき4つの効果があるんです。

今回はそんな「いってらっしゃいのキス」がもたらす効果についてご紹介します。またキス以外に、夫婦のスキンシップをとることで得られる効果やメリットについてもまとめてみました。

 

1. いってらっしゃいのキスで事故に合わなくなる?

カナダのウィルフレッド・ローリエ大学の研究者、アーサー・サズボさんによると、「いってらっしゃいのキス」をしてから家を出るカップルのほうが、そうでないカップルに比べて以下の傾向が見られるそうです。

  • 欠勤率が低い
  • 交通事故に遭う確率が低い
  • 収入が25%高い
  • 寿命が平均5年長くなる

まさにいいことずくめですね。欠勤率というのは、風邪や怪我、冠婚葬祭などさまざまな要因が考えられますが、寿命が平均5年も長くなる傾向ということで、健康につながっているのではないでしょうか。交通事故に遭う確率についても、低くなることに驚きですね。さらに、収入が25%も高くなるならば、長い目で見てもかなり大きな効果。

そもそも、どうしてキスでこれだけの効果が期待できるのでしょうか。海外の研究によると、キスをすると「オキシトシン」や「βエンドルフィン」や「エストロゲン」などといったホルモンが多く分泌されるそうです。その物質の特徴や効果については以下をご覧ください。

オキシトシン

別名「愛情ホルモン」「幸せホルモン」とも呼ばれています。オキシトシンが多く分泌されると、ストレスや不安・苦痛が和らぐそうです。他にも癒しや多幸感を得られ、好奇心や社交性を高めてくれるそうです。

βエンドルフィン

脳内で働く神経伝達物質「エンドルフィン」のひとつ。鎮痛効果や気分の高揚・幸福感などが得られるため、「体内で分泌されるモルヒネ」ともいわれているのだとか。性行為のさいやおいしいものを食べたときなどにも分泌されるそうです。

エストロゲン

女性ホルモンのひとつ。女性らしい体を作ってくれたり、美肌や美髪を保ってくれるそうですよ。

出勤前に「キス」をすることで、上記のような物質が分泌され、気持ちの良いスタートを切ることができるのかもしれませんね。ストレスの緩和で仕事や人間関係もうまくいき、心身ともに健康でいられるのかも。「愛されている」という自信も、業務成績につながりそうです。

また、キスで見送ることで、「早く家に帰りたい!」という気持ちも強くなるのかもしれませんね。仕事で疲れたり悩んでいても、帰りたい家があるということは、気持ちの逃げ道にもなりそうです。

 

2. 夫婦でスキンシップをとるといいことずくめ?

いってらっしゃいのキス以外にも、夫婦のスキンシップで得られるメリットはたくさんあります。

いってらっしゃいのキスで事故に遭わない? 驚くべき効果とは

幸せホルモン「オキシトシン」の分泌

手をつないだり抱きしめたりするスキンシップでも、こちらの効果がみられるそうですよ。いってらっしゃいのキスにプラスして、日ごろからスキンシップを取り入れていくことで、より効果が期待できそうですね。

疲れているときもコミュニケーションが取れる

言葉の必要ないスキンシップは、疲れているときにうってつけのコミュニケーション方法です。お互いが疲れているときに数分でも触れ合う時間を作ることで、上記のホルモンが分泌されてストレスが緩和されますし、相手の体温を感じることで安心感を得ることができます。相手にマッサージしてあげたり、眠る前にハグをするなど、簡単にできるのもポイントですね。

夫婦の時間が濃密になる

結婚するまでに積み上げてきた愛情は、夫婦になって月日が経つごとに絆や信頼へと変化していきます。そんな夫婦が元の「男女」の関係に戻れるのが、スキンシップの時間なんだと思います。新婚のうちにスキンシップの時間をたくさん作ることで、家族の信頼とは別に「夫婦としての愛情」もしっかりと育っていくのではないでしょうか。

美意識も高まる?

スキンシップをすることで、もっと相手に愛されたいと思うようになりますよね。たとえば抱きしめられたときに「香水をつければよかった!」と思ったり、頭を撫でられたときに「もっとヘアケアをしなくちゃ」と慌てたり。家族になってから緩んでいた美意識も高まりますし、マンネリも阻止できるかも。

 

「いってらっしゃいのキス」を普段している夫婦は、ぜひそのまま続けてくださいね。また、ちょっと恥ずかしいと思っているかたは、普段から簡単なスキンシップをとることを心がけてみてはいかがでしょうか。徐々にキスも習慣化するかもしれません。朝の時間が合わない夫婦は、夜に「おかえりのキス」を実践しても良いかも。

キスやスキンシップはさまざまな効果をもたらしてくれるので、ぜひ日常に取り入れてみてくださいね。この効果が得られるのは、夫婦だけの特権ですよ。

出典:
ライブドアニュース「「行ってらっしゃいのキス」をするカップル 収入が25%高い結果に」

e-ヘルスネット「βエンドルフィン」

この記事をSNSでシェア