職場の結婚報告はいつしたらいい? 報告の仕方と手続きについて

夫婦のお悩み解決コラム

結婚が決まったらやることがいっぱいあります。その中でも重要なのが「職場への結婚報告」。ちょっと気が重くなる瞬間ですが、ここはきっちりとしないといけません。ただ、大切なことだからこそ、「結婚報告はいつしたらいいの?」「誰にどう言ったらいいの?」と悩みませんか?

今回は職場の結婚報告のタイミングや伝えかた、事前に注意するポイントについてのご紹介。また、入籍後の会社での手続きについても簡単にまとめてみたので、参考にしていただければ幸いです。

 

1. どのタイミングで報告する? 職場への結婚報告

扶養家族手当や住宅手当などの福利厚生についてや、公的書類の手続きなどがあるので、入籍か結婚式の3~4ヶ月前までには報告を行いましょう。必ず口頭で伝えるようにしてくださいね。

また、業務時間中の報告は避けるようにしましょう。突然「結婚します」というのもNG。始業時間前や業務終了後に「お時間をいただきたい」などを伝えておきましょう。その他気をつけるポイントは以下のとおり。

事前に注意すべきポイント

  • 社内確認
    結婚の形もそれぞれあることだと思います。特に職場結婚などは、社内規定により定められている手続き等があるかもしれません。社内規定をチェックしてみて、自身の状況と照らし合わせてください。
  • 職場ではまず直属の上司に報告
    仲の良い同僚に結婚の報告をするのはもちろん良いのですが、まずは上司に報告してからにしましょう。「誰にも言わないでね」と口止めをしても、どこからか漏れてしまい上司の耳に入る可能性もあります。そうなれば今後の上司との関係としても問題になるので、最初の報告は必ず「直属の上司」にしてくださいね。その後の同僚への報告については、上司の指示に従いましょう。上司がみんなを集めたり、朝礼時に報告の時間を作ってくれることもあります。
  • 派遣社員の場合は派遣会社に報告
    派遣会社の登録内容の変更といった手続きが必要な場合もあるので、派遣社員の場合はまず派遣会社に連絡して確認。その次に職場の上司に報告してくださいね。

報告の仕方について

職場の結婚報告はいつしたらいい? 報告の仕方と手続きについて

上司が時間を作ってくれたことに対するお礼を言って、以下のことを盛り込んで報告をしましょう。

  • 結婚相手の会社や名前など簡単なプロフィール
  • 結婚相手が転勤の多い職場ならそのことも伝える
  • 結婚式に出席してほしいこと
  • 結婚式の日付と場所、招待状を送る旨を伝える
  • 祝辞や乾杯の挨拶を依頼する場合は伝える
  • 結婚後も働くかどうか
  • 新婚旅行に行きたい場合は休暇を取得することを伝える

もしも結婚式に招待しない場合は、「結婚式は身内のみで簡単に済ませます」などを伝えてくださいね。同僚を結婚式に呼ぶ予定がある場合は、式場の場所と日時を伝えておいて、予定をあけてもらうように頼んでおきましょう。

 

2. 結婚したらやることは? 仕事関係の手続き

結婚してからも、仕事関係でやることがいくつかあります。仕事を続ける場合と辞める場合とでは手続きも異なってくるので、それぞれご紹介します。

仕事を続ける場合の手続き

新婚旅行に行く場合は「休暇届」を提出する必要があるでしょう。必要な手続きや時期については「就業規則」等で確認してください。

結婚後の仕事上の手続きや必要な書類は、会社やパートになるかの有無によっても異なります。基本的には会社から結婚届(または身上異動届)用紙をもらい、新しい氏名や住所などを記入して提出すれば、その他の手続きは会社が代行してくれるはず。

また、名字が変わる場合は早めに新しいはんこを作っておきましょう。新しい姓の名刺の依頼も忘れずに。給料口座の名義が旧姓のままだと不都合なこともあるので、新姓で名義変更をしてくださいね。

仕事を辞める場合の手続き

退職する場合は正式な「退職願」を提出します。提出期限などは就業規則に従ってくださいね。用紙に決まりがない場合は市販の便せんでもかまいません。退職の理由は「一身上の都合」と書きます。

社会保険や年金を辞める手続きは、ほとんどの場合は会社が代行してくれます。夫の扶養家族に入る場合は、夫が会社に「結婚届(もしくは「身上異動届」)を提出するだけでOKです。必要な書類などは、夫の勤務先に確認してくださいね。

夫の厚生年金に入る場合も、夫が「結婚届」等を提出することで手続きができるそうです。夫婦それぞれの年金手帳・夫の健康保険に加入後に支給された健康保険証・認め印・離職票(退職日がわかるもの)などが必要になるので、確認・準備しておきましょう。

 

結婚は業務外のことですが、少なからず職場にも影響を与えてしまいます。マナーを守って報告することで、周囲への理解や応援を得やすくなりますよ。

結婚報告のタイミングをまとめると、「入籍か結婚式の3~4ヶ月前まで」の「勤務時間外」に、「直属の上司へ報告」。その他の手続きについて、基本的には社内規定や就業規則等に従い、わからないことは上司や人事部等に相談してくださいね。

報告さえ済めば、すっきりした気持ちで結婚の準備に取りかかることができますよ。

 

出典:
ゼクシィ「結婚報告の基本ルール」
ゼクシィ 「結婚前後の手続(仕事関連)」
マイナビウエディング 「職場や友人への結婚報告で知っておきたいマナー」

この記事をSNSでシェア