七五三の準備はどうしたらいい? レンタルやお祝いの仕方

夫婦のお悩み解決コラム

子どもにもさまざまな行事がありますが、「七五三」は子どもの成長をお祝いする大切な行事ということもあり、悩みがちですよね。「七五三をしなくちゃとは思うけど、どんな準備をやったらいいのか分からない」といったかたも多いのではないでしょうか。

今回は七五三について、どんな風に準備したら良いのか、子どもの着物のレンタル方法や親の恰好、髪型などについてご紹介します。注意点についてもまとめてみたので、初めての七五三をどうしたらよいか悩んでいるかたは、参考にしてみてくださいね。

 

1. 七五三とはどんなイベントなのか

七五三の歴史は古く、起源は室町時代といわれています。当時は乳幼児が亡くなることが多かったため、生まれてから3~4年経過してから当時の戸籍のようなものに登録をしていました。そのため、3歳・5歳・7歳になると神社・氏神に行き、今まで無事に成長したことへの感謝と、これからの成長や幸せをお願いするようになったそうです。

縁起のよい11月15日にお祝いする行事ですが、神社が混んでいたり共働きで夫婦の予定が合わないといった事情から、最近では9月~12月初旬の中で都合の良い日に行う人も多くなっています。

七五三の意味

男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳にお祝いをするそう。ただし、男の子は5歳のみだったりと地域によっても異なるので、お近くの神社にお問い合わせをしてみてくださいね。

また、昔は数え年でお祝いをしていましたが、現在では数え年でも満年齢でもOKとされています。年が1歳違うと着物のサイズや子どもの成長も大きく異なるので、家族でよく話し合って決めましょう。

  • 3歳は「髪置きの儀」
    平安時代では、男女とも3歳までは髪をそり、3歳になると髪を伸ばすようになるという風習がありました。
  • 5歳は「袴着の儀」
    男の子は5歳になると、その年の11月15日に初めて袴を着ていたのだそうです。
  • 7歳は「帯解きの儀」
    女の子は7歳になると、それまでの紐付きの着物から本裁ちの着物へと変わり、丸帯を締めるようになります。これを紐解き・帯解きなどというそうです。

 

2. 初めての七五三、準備はどうしたら良い?

初めての七五三はわからないことだらけ。準備はどうしたらよいかまとめてみました。

七五三の準備はどうしたらいい? レンタルやお祝いの仕方

レンタルはどこでするべき?

写真も一緒に撮りたいのなら、「スタジオアリス」や「スタジオマリオ」といった写真館がおすすめです。

七五三当日に手ぶらで来店すると、スタッフがお子さんに着付けやヘアメイクをしてくれます。その後プロによる撮影をしてもらい、神社へお参りをして、再び来店して着物を返すだけでOK。キャンペーンなどで割引サービスがあったりと、低価格なのもうれしいポイントです。

長くレンタルしたいかたは「和楽庵」がおすすめ。5泊6日とたっぷり借りることができるので、七五三で忙しい中慌てて返却する必要がありません。お値段も一律10,000円なので、わかりやすくて良いですね。往復送料無料、フルセットでの貸し出しもうれしいポイント。

髪型はどうするべき?

3歳の場合はまだ髪が薄くてヘアアレンジが難しい場合もありますよね。女の子で短い髪なら、髪飾りにこだわってみてはいかがでしょうか。長い髪なら2つに結んでお団子にして、ウィッグやつけ毛でボリュームを出すと可愛らしくなりますよ。

男の子の場合は、ヘアワックスをつけてまとめるとかっこいいですね。ただ、整髪剤などはお肌に合うものなのかをよく確認してから使用してくださいね。

髪型に悩んだ場合は、七五三のサイトやカタログなどを参考にすると良いですよ。

親はどんな格好をするべき?

七五三の主役は子どもなので、親はそんなに着飾らない格好をするのがポイントです。女性は、着物・スーツ・ワンピースなどが一般的とされています。ベージュのストッキングを履きましょう。

男性はスーツスタイルが一般的。あまり派手なスーツではなくて、ビジネススーツや冠婚葬祭で着るようなスーツにすると良いでしょう。ネクタイは明るめの色を選ぶと華やかになりますよ。

 

3. やるなら、こんなところに注意!

七五三をするときの注意点をご紹介します。

なにごとも早めに

前撮りする場合は、早めの予約が肝心です。特に10月~11月は、非常に予約が混んでいます。写真館を予約する前には、着物のレンタルや購入・美容院の予約などもする必要があります。可愛い柄は予約でいっぱいになる可能性もあるので、遅くても8月くらいには着物のレンタルを行っておきましょう。

神社にも連絡を

お参りだけをする場合は必要ありませんが、御祈祷もしてもらう場合は神社に予約をしておきましょう。9月~10月初旬までに予約を済ませておくと安心です。その際には「初穂料」がいくら必要なのかも聞いてくださいね。お金は紅白の蝶結びの水引きがついたのし袋に入れて、当日持っていくのを忘れずに。

地方によってはお祝い方法が違う可能性も

住んでいる土地によっては、七五三のお祝い方法が異なる場合もあります。例えば、北海道などの寒冷地では、11月15日の七五三が寒いこともあって、1ヶ月早い10月15日に行うこともあるそうです。

また、男の子の七五三は、5歳の時にだけする地域と、3歳と5歳の2度行う地域があります。地域のしきたりがわからなければ、その土地に住むかたに聞いたり、神社に問い合わせるなどしてみてくださいね。

 

やることが多くて大変な七五三ですが、着物を着たお子さんの姿は非常に可愛らしく、また「こんなに成長したんだ」と実感することができます。

七五三の準備としては、まず地方の風習を調べてから、いつ写真撮影するのか、いつ神社に行くのかの予定をたてます。予定が決まったら、お近くの写真館やネット上の着物レンタルサイトを利用して、お子さんの着物を選びましょう。9月には写真館や神社への予約を済ませて、あとは七五三当日を楽しみに待ってくださいね。

七五三が、家族にとって素敵な思い出になりますように。

 

出典:
日本の行事・暦「七五三」
七五三 総合情報サイト プリモードキッズweb「七五三の豆知識」
スタジオマリオ「各地の七五三の違い」
スタジオアリス
スタジオマリオ
和楽庵

この記事をSNSでシェア