既婚者に聞きたい、「結婚って良いものですか?」

夫婦のお悩み解決コラム

愛には様々な形がありますが、「いつかは結婚したい」と思う人も多いでしょう。しかし、結婚は一生に関わることですから、期待が大きい分不安も大きいもの。

そこで人生の先輩(既婚者)に「結婚してよかったですか?」と聞いてみました。

 

1. 「結婚してよかったですか?」

楽天リサーチ株式会社が行った「結婚に関する調査」によると、既婚者に対する「現在の夫婦生活に満足しているか」という質問にて、以下の結果を得られたそうです。

  • 満足している:69.1%
  • 不満を感じている:11.6%

既婚者の約7割が結婚生活に満足しているという結果に。

また、「結婚していて思うことについて」という質問には、「子どもを持てた」(70.0%)、「家族ができた」(67.1%)、「安らげる場所ができた」(45.1%)など、ポジティブな意見が上位を占めていました。「結婚して良かった」と思えるのは、こういった理由があるからこそかもしれませんね。

一方ネガティブな意見としては、「ひとりの時間が持てない」(21.2%)、「家事の負担が増えた」(20.1%)、「経済的な負担が増えた」(16.4%)となりました。

実際に筆者の周りの既婚者に「結婚して良かった?」・「どう良かった?」と聞いてみると、このような回答が返ってきました。

良かった

  • お金のこととか老後のこととか子どものこととか悩みはつきないけど、好きな人と一緒に悩めるって贅沢だなと思うし、幸せになるための悩みだから苦じゃない。独身のころより有意義にお金と時間を使っている気がする。(20代女性)
  • 一人暮らしが長かった分、結婚してからいちいち感動することが多い。家に帰ると電気がついている。ごはんを一緒に食べられる。興味のないテレビも一緒に見ると面白く感じる。仕事が山積みでも早く家に帰りたいから頑張れる。挙げればきりがないくらい感動と感謝の毎日。(30代男性)
  • 家族や親戚からの「結婚しないの?」、「いい人いないの?」の攻撃から逃れられただけでも結婚して良かったと思える。それに、「早く結婚しないと!」という焦りも無くなって、以前よりも気持ちに余裕ができた。(30代女性)

良かったけど……

  • 結婚して良かったと思うけど、結婚する時期が早かったのかなと思う。独身時代にもっと自分の時間を大切にすればよかった。だけどあのときプロポーズを先延ばしにしていたら、今もまだ独身だったかもしれないと思うと、このままでも良かったかなとも思う。(20代女性)

筆者の周りでは、ネガティブな意見はほぼありませんでした。筆者自身も、結婚して良かったと思っています。20代前半の結婚だったということで、職場や周りからの反対もありましたが、結婚しなかった人生がどうだったのか想像できないほど、忙しくも楽しい毎日を送っています。子どもも可愛いですし、一緒に暮らす誰かがいるというのは生きがいにもなりますね。

 

2. 「結婚はしたほうがよいですか?」

同調査で、結婚についてどのように考えているかを聞いたところ、結婚状況別で以下の回答を得られたそうです。

未婚者

  • したほうが良い:37.6%
  • しなくて良い:35.9%

既婚者

  • したほうが良い:60.2%
  • しなくて良い:17.5%

未婚者による「したほうが良い」・「しなくて良い」が、どちらも3割以上とほぼ同じ割合なのに対して、既婚者は「したほうが良い」が6割以上という結果に。

もしかしたら、このアンケートに回答している既婚者のかたも、未婚前は結婚に対してマイナスのイメージがあったかもしれません。結婚を通して得たものやよかったことがあったからこそ、「したほうが良い」という結果につながったのかもしれませんね。

既婚者に聞きたい、「結婚って良いものですか?」

筆者の知人にも結婚についてどう考えているのか聞いてみました。

結婚をしたほうが良い

  • 別に結婚したいとか考えてなかったし、他人と暮らすのなんて無理だと思ってたけど、結婚してみると案外悪くなかった。それにゴールデンウィークやクリスマスとかのイベントでさみしい思いをしないで済む。結婚は良いこと尽くしとまでは言わないけど、悪いことよりも良いことのほうが多いと思う。(30代女性)
  • 結婚をしてから、親のありがたみがわかった。自分が親になってから、親の苦労がわかった。結婚をしたからこそ知ることができたことが多い。もう親が高齢なので残された時間は少ないけど、必死で親孝行をしていきたいと思えた。結婚をしたほうが、人間面でも成長できると思う。(30代男性)
  • 風邪を引いたときや入院したときに、夫の存在に助けられた。人間が誰にも頼らず、一人で生きていくのは大変。親も年をとる。友達や兄弟にも都合があるし、いずれ結婚するかもしれない。頼れる人を作らないといけない。自分だけのパートナーが必要。(60代女性)

ちなみに筆者は、結婚はしたほうが良いと思う派。よくお風呂の中で眠ってしまうのですが、ある日いつものように入浴中に眠っていると、必死の形相をした夫に起こされました。「溺れかけてたぞ!」と。

なかなかお風呂から上がらないから様子を見に行くと、そこには湯船に沈みかけた妻がいた……という、夫からしたらなかなかホラーな出来事でしたが、もしも夫がいなかったらと思うとゾッとしました。

高齢者になるとこのようなリスクはもっと上がるでしょうし、「自分のことを気にかけてくれる人が近くにいる」という安心感を得ることができるのも、結婚ならではなのかなと思います。

 

今回知人に取材する中で、「結婚って良いものですか?」と聞くと、のろけるのが恥ずかしいのか「うーん」と濁すかたが多くいらっしゃいました。だけど詳しく聞いてみると、幸せなエピソードをたくさん聞くことができたのが印象的でした(プライベートなことは割愛しています)。

結婚相手や環境にもよると思いますが、既婚者の多くは結婚に対してポジティブに思っている様子。「結婚」は人生の分岐点でもあるのでつい慎重になりがちですが、長い目で見ると安心できることもたくさんあります。

結婚について悩んでいるかたは、今一度自分の状況や結婚後の生活を想像してみてくださいね。

参考:楽天リサーチ、「結婚に関する調査」結果を発表‐ 既婚者の約7割は結婚生活に「満足」、結婚生活を始めるのに必要な夫婦合計年収は「400万円~500万円未満」が最多に ‐

\保険相談の体験で必ずもらえる特選ギフト!/

この記事をSNSでシェア