夫婦での連絡頻度はどのくらい? 注意すべきは頻度より内容かも

夫婦のお悩み解決コラム

日頃、パートナーとどのくらいの頻度でコミュニケーションを取っていますか? 恋人時代は毎日何度も連絡を取り合っていたかたでも、同じ屋根の下で暮らす夫婦になったあとでは、連絡頻度に変化が見られる夫婦が多いのではないでしょうか。

今回は、夫婦の連絡頻度や連絡手段について周囲のご夫婦にリサーチをしてみました。

 

1. 夫婦での連絡頻度はどのくらい?

筆者の周りのご夫婦にリサーチしたところ、もっとも多い頻度は「日に1~2回」。中にはハンズフリー機能を使用して、車で帰宅途中の夫と帰宅までずっと会話をしているというご夫婦もいました。

一方で、「めったなことでは連絡を取らない」「1日1回以下」という方も。重要事項のみ、メールや電話で連絡をしているとのこと。ただ、このご夫婦は結婚前にもあまり頻繁に連絡を取り合う関係性ではなかったそうです。

ちなみに筆者はガラケー所持時代が長く、数ヶ月前にスマホにしたばかり。この差により連絡頻度が変わりました。

ガラケー時代は日に1~2回、ほぼメールで帰宅連絡をするのみだったのが、スマホに変えてからは1日に数回~数十回ほどLINEでのやりとりをするように。わたしからは必要な連絡のみですが、夫からは仕事が暇な時間帯に送られてくることが増えました。LINEは夫によって手軽なツールのようです。

どのような連絡をしているのか

1日1〜2回という連絡頻度のご夫婦で、もっとも多い連絡事項は仕事が終わったときの「今から帰るよ」という連絡でした。

この連絡がきてから夫の夕飯の温め直しや準備に取りかかるという妻が多いようです。子育て中の妻の場合、寝かしつけで一緒に寝てしまっているため、この連絡で一度起床したいという人も。

また、日に何度かやり取りをしているというご夫婦では、以下の例がありました。

  • 仕事の合間に些細な連絡が夫からくる
  • 夫婦間の生存確認として連絡を取り合っている
  • 「ランチ、これ食べたよ~」という連絡を取り合っている
  • 日中の子どもの様子を写真に撮って送っている
  • 伝え忘れそうなことを即送っている

連絡ツールは何を使ってる?

夫婦の連絡の手段は何が多いのでしょうか。筆者のSNS上で簡易的にアンケートを取ると、以下の結果になりました。

  • 電話(音声ツール全般・ライン無料通話など含む):9%
  • メール:8%
  • LINE:83%

※投票数:270票

やはり圧倒的に多かったのはLINE。やり取りの内容によってはスタンプひとつで返事ができること、写真を送りやすいこと、メールより手軽なことなどが理由のようです。

 

2. 連絡頻度は夫婦喧嘩の原因になるのか

恋人時代は「なかなか返事をしてくれない」など、喧嘩の原因にもなる連絡頻度ですが、夫婦になってからはどうなのでしょうか。

筆者の周囲では、結婚してから連絡頻度が主な原因で喧嘩になってしまったという経験を持っている人はいませんでした。結婚して夫婦になると恋人時代のような不安感が薄れ、相手に対する理解が深まるのかもしれませんね。

しかし問題は頻度よりも、その「内容」のほう。多かった意見は「連絡が遅い」「連絡してこなきゃダメな内容を送ってこない」というもの。お察しのとおり、「今日ご飯いらなくなった」といった内容の連絡です。

料理を用意する側からすると、「ご飯いらない」という連絡はかなり重要なもの。とはいえ仕事関係の飲み会など、急に予定が入ってしまうこともありますよね。

そうした場合は、わかった時点で早めに連絡をするのはもちろん、ただ報告するだけではなく「ごめんね」の一言を添えるなど思いやりのある連絡をすることで、喧嘩に発展するようなトラブルは避けられるのではないでしょうか。

 

筆者の周りにいるご夫婦では、連絡は業務連絡が中心でした。しかしLINEは気軽なツールですから、適度にささいなやり取りも織り交ぜると日々の生活がもっと楽しくなる可能性もありますね。

現代は連絡手段も多種多様。ご夫婦で使いやすいツールを使って、ぜひ円滑なコミュニケーションを取ってくださいね!

 

出典:
Twitter アンケートツイート

\保険相談の体験で必ずもらえる特選ギフト!/

この記事をSNSでシェア