共働き夫婦の生活費、どう管理してる?

夫婦のお悩み解決コラム

共働き夫婦のかた、生活費の管理はどのようにしていますか?

管理をどちらが主体的に行なうのかも含め負担を決める方法はさまざまですが、大きく分けると「口座に決まった額を入れる」「夫・妻どちらかに決まった額を渡す」「項目ごとに担当を決める」の3つではないでしょうか。

今回はこの3つについて、筆者の周りの共働き夫婦に話を聞いてみました。

 

1. 家計用口座に定額や収入の○%など決まった額を入れる

  • 決めた口座に、各自が定額を振り込んで生活費にしています。そこから現金として使う生活費を一定額毎月引き出して、光熱費などはその口座からクレジットカードで引き落とされるようになっています。家庭の貯金用口座も別に作ってあり、毎月一定額ずつ入れています。(30代女性)
  • ひとつの口座にそれぞれが毎月決まった額を振り込んで、そこから月々の生活費・お小遣いなどを振り分けるようにしています。でも管理が面倒なのか、結局夫は口座に給料の全額を入れるので、結果的にわたしが管理することに……。お小遣いも改めて渡す形です。(20代女性)

「決まった額」を夫婦2人ともがきちんと入れるようにすれば、貯金もスマートにできそうです。ただ、なし崩し的にどちらかが管理することにもなりがちなので、この方法を取り入れる場合は、自分たち夫婦に合ったやりかたかどうかよく話し合ったほうが良いかもしれません。

 

2. 夫・妻どちらかに決まった額を渡す

  • わたし(妻)があんまり貯金ややりくりが得意でないため、毎月決まった金額を夫に生活費として渡して、残りがわたしの「おこづかい」になります。結婚時にわたしよりも彼のほうが貯金額も多く、彼に任せたほうが安心だということで、2人で話して決めました。外食するときなど、夫が(生活費からではありますが)スマートに支払ってくれるので、付き合っていたときのデートのような感覚があって良いなと思います。夫が使っているお金の出どころが「自分のおこづかい」なのか「生活費」なのかわからない……という悩みはありますが、彼を信じて割り切っています。(30代女性)

お話を伺ったかたは夫が管理する形でしたが、妻が管理するパターンも多いのではないでしょうか。「お金の管理」という負担は片方に偏りますが、夫婦2人ともが納得する形であれば途中で「やりかたが合わなかった」といった事態にならないのがこの形かもしれません。

 

3. 項目ごとに担当を決める

  • 食費・日用品代はわたし(妻)が、家賃・光熱費・レジャー費・外食・車の維持費は夫が支払うと決めています。携帯代は各自が支払い、保険は車以外のものは自分で。割合としては夫のほうが多いです。(30代女性)
  • 今は夫よりもわたしの収入のほうが低いので、生活費は夫、わたしは外出したときにかかるお金と外食費を担当しています。生活費は夫から定額で毎月もらっています。わたしの収入が変わればまた変わるかもしれません。(20代女性)

「自分の担当する項目は自分のお金で」という意識を持てるため、お互い自由にお金を使いやすいのがこの方法。ただ、負担する割合が偏ったり、新しく項目が増えた場合などに放置しておくと喧嘩の原因にも。夫婦2人でこまめに話し合うことが大切そうです。

 

共働きとはいえ、夫婦それぞれの収入には差があります。妻が産休・育休中など、時期によっては収入が通常時より減少することもあり、一度決めたルールがずっと適用できるわけではありません。

出費も、子どもの有無や時間の流れによって金額の増減が起こります。どちらか一方に不公平感が出ないよう、定期的に夫婦2人で話し合い、分担方法を柔軟に変える工夫が必要なのではないでしょうか。

この記事をSNSでシェア