「何歳で結婚したい」って思ってた?

夫婦のお悩み解決コラム

晩婚化や生涯未婚率が叫ばれる昨今。あなたは何歳で結婚したいと思っていましたか?

また、実際その年を越えて今を振り返ったとき、その年で結婚することを今ならどう思いますか?

 

1. 今の若者が考える「○歳で結婚したい」!

結婚相手紹介サービス「楽天オーネット」が、2018年に成人式を迎える新成人600名(男女各300名)に、「何歳で結婚したいですか?」と聞いたところ、以下のような結果となりました。

男性

1位:25歳(18.6%)
2位:27歳(14.8%)
3位:26歳(13.5%)

女性

1位:25歳(23.3%)
2位:26歳(14.7%)
3位:23歳(12.0%)

男性も女性も、だいたい25歳で結婚したいと考えている人が多いようですね。確かに、筆者の周りでも「25歳で結婚したい」という話をよく耳にします。いったい、「25」という年齢にどういった意味があるのでしょうか。以下のことが考えられます。

結婚に夢がある?

結婚することで、好きな人とずっといられる。20歳のかたにはそれが魅力的に見えるのかもしれませんね。今すぐ結婚するのは無理だし、30歳までは待てないから、きりの良い「25歳」が選ばれたのかもしれません。

落ち着く年齢?

高卒なら社会に出て7年目、大卒なら社会に出て3年目ということで、ある程度「仕事」や「遊び」を経験しているので、「そろそろ落ち着いてもいいころかな」と思える年齢なのかもしれませんね。

焦る年齢?

大人になると月日が経つのが早く感じますよね。25歳はまだまだ若いのですが、四捨五入すると30歳。周りもどんどん結婚していくのかと想像すると、「おいていかれるかも!」と焦るのかも。

 

2. 実際に結婚する年齢は?

平成28年(2016)の人口動態統計調査によると、平均初婚年齢は男女別で以下のとおり。

  • 男性:31.1歳
  • 女性:29.4歳

約30歳前後に結婚をする男女が多いようです。先ほどご紹介した、多くの新成人のかたが結婚したいと思っている「25歳」とは異なります。なぜ理想と現実で開きがあるのでしょうか。考えられる理由をご紹介します。

まだまだ自由にやりたい?

自分でお金を稼げるようになったら、自由になることも増えますよね。仕事もいろいろと任されるようになり、やりがいを感じ始めていきます。若いので体力もあるため、様々なことに挑戦できますよね。

そうやって趣味に仕事にと精を出していたら、理想としていた25歳があっという間に通り過ぎていき、気がついたらアラサーになっていた……ということもあるかもしれません。また、「結婚したら自由がなくなる」と気がつき、あえて結婚しないかたも中にはいるのかも。

お金の問題?

20代前半はまだまだ給与が上がり始めたばかりで、貯金もあまりできていないかたが多いのだと思います。さらに奨学金の返済や、車を買ったローンの返済、付き合いで参加しなければならない飲み会など、なにかと出費のかかることも。

結婚のことを具体的に考えると、「婚約指輪」「結婚指輪」「結婚式」「子ども」「住む所」など、けして安くはない買い物がたくさん浮かんできます。「もうちょっと貯金を貯めてから……」と、結婚を先延ばしにするのかもしれません。

 

3. 今振り返ってみて考える、若い頃

メオトークがミルトークにて「若い頃、何歳で結婚したいと思ってた? また、今考えてみると、その年齢で結婚することをどう思う?」と質問したところ、さまざまな回答を得ることができました。

25才で結婚したかったけど……

  • 若い頃は『25才で結婚したい願望』が強かった。しかし、今思うと、当時自立していなかったので相手への依存だったと思う。
  • 25歳くらいで結婚したいと思っていました。大卒で入社して3年くらいで寿退社というのに憧れていました。が、その歳で結婚していたら、離婚していただろうなぁと思います。家事出来なかったし。

やはり、「25歳」という若さで結婚したいと考える人は多い様子。しかし、当時見えてこなかった「自立」や「家事」などの現実を考えると、25歳は妥当ではなかったと思っているようです。

子どものことを考えると

  • あまり何歳までに! とは思ってなかった。主人と付き合ったのが24で、3年付き合った頃に結婚したかった。結果5年後結婚。20代後半が社会人経験も積めて視野も広がってベストと思うけど、子作りはお早めがいい。
  • ①35歳②ちょっと遅い(子育てに体力が追いつかない)
  • 20台前半。実際に22歳で結婚してまだ余力のあるうちに子供を就職するまで育て切ったので、あとは自分たちだけで好きなように楽しめるので良かったかなと思う。

実際に子育てをしてみると「若いほうがよかった」と考えるかたもいらっしゃるようです。

若い頃は「幸せそう」なイメージのある結婚ですが、社会に揉まれていくうちに「もっと遊びたい」、「無理だと思う」など、現実的なことも見えてくるのだと思います。しかし、結婚の先にある「子ども」を産み育てるというのは体力のいることなので、「若い頃にしておけばよかった」という後悔も生まれるのかもしれません。

そして、こんな回答もありました。

  • 結婚に興味はないがするなら35歳くらいがいいと思っていた。バリバリ働いてブランド品買いまくる生活が理想だったから。実際は26歳で結婚した。今考えてみると、結婚はご縁だなと思う。

自分が理想とする結婚年齢でなくても、それを「縁」だったと思えるのは、きっと幸せな夫婦生活が送れているからだろうと思えますね。結婚が早くても遅くても、そうやって「ご縁」だと思えるような家庭を築いていきたいです。

 

自分の若い頃の結婚観を思い返してみると、現実と異なっていたり、後悔することもあります。しかし、晩婚化や生涯未婚率が叫ばれている今、こうやって夫婦が巡り合えたのは奇跡のようなことだとも思います。今の夫婦の時間を大切に暮らしていきたいですね。

 

参考:
第23回 新成人意識調査 2018年「新成人」の恋愛・結婚に関する意識調査
人口動態調査 – 人口動態統計 確定数 婚姻 初婚の夫
人口動態調査 – 人口動態統計 確定数 婚姻 初婚の妻

 

取材協力:ミルトーク
若い頃、何歳で結婚したいと思ってた?また、今考えてみると、その年齢で結婚することをどう思う?

\保険相談の体験で必ずもらえる特選ギフト!/

この記事をSNSでシェア